┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.211/2011.6.3

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃    「うんのさんの辞書」最新版、あります     ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
  ┃  パソコンのデスクトップに辞書を並べれば準備万端  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二
 ■ 竹下和男著『英語天才 斎藤秀三郎』刊行のご案内
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◆停電対策

 3月11日の東日本大震災、みなさんはどのような影響があったでしょう
 か。わたしは安物の3連本棚がひとつかしいだだけですみましたが(こ
 の程度でも復旧に半日かかりました)、翻訳関係のわたしの知り合いで
 は、数人、津波で一階が浸水した、家にかなりのダメージを受けたなど、
 本格的に被災された方がおられます。もしかすると、読者のみなさんの
 なかにも被災された方がおられるかもしれませんね。被災された方々の
 一日も早い完全復旧をお祈り申しあげます。

 ところでこの東日本大震災の影響で……それに伴う福島第一原発の影響
 でというほうが正確かも知れませんが……通訳業界はたいへんなことに
 なっているようです。国際会議や国際競技会などのイベントが軒並みキ
 ャンセルとなり、一時期は仕事量が通常の10%くらいまで落ちてしまっ
 たとか。翻訳業界のほうは、原子力をはじめとするエネルギー関連の仕
 事が増えたくらいで、全体としては特に影響がないようです。

 というわけで、幸いなことに仕事の量についてはあまり心配する必要が
 ありませんが、電力不足の問題は心配です。電力不足がもっとも強く懸
 念される東京電力管内にいる人がなんといっても多いでしょうし、他の
 電力会社管内も原発停止に伴い、電力不足がないとは言えません。

 停電するといろいろ不便ですが、翻訳者にとって問題なのは、仕事でパ
 ソコンを使っているときに停電すると、デスクトップのパソコンが壊れ
 る可能性があることでしょう。壊れてしまうと復旧に何日もかかったり
 します。停電中に仕事ができないという程度でなく大変なことになりま
 す。できれば、停電してもパソコンが壊れない対策を取っておくべきで
 しょう。

 ●停電でデスクトップのパソコンが壊れる理由

 パソコンは電気が止まっただけでは壊れません。シャットダウンした状
 態なら、コンセントの抜き差しをしても大丈夫なわけですから(そうで
 なければ設置もできません)。ではなぜ、停電でデスクトップのパソコ
 ンが壊れるのでしょうか。

 問題はHDDやSSDなどの記憶装置にあります。

 パソコンを使っているあいだ、HDDやSSDなどの記憶装置に対する読み書
 きが行われます。アプリケーションを立ちあげたりファイルを開いたり、
 ファイルを保存したりなど、ユーザーが操作を行った場合はもちろん、
 それ以外にも、必要に応じて、オペレーティング・システム(OS)がユ
 ーザーの知らないところで読み書きをしています。この書き込みをして
 いる途中で停電すると、データを最後まで保存できずに終わってしまう
 のです。そのファイルがOSの動作に必要なものだったら……電気が復旧
 して立ちあげたとき、パソコンがおかしくなってしまうわけです。

 これを防ぐには、電気が来ているあいだに必要なデータをきちんと保存
 する必要があります。要するに、シャットダウン処理をすればいいわけ
 です。

 そう考えると、パソコンにとって停電が問題となるのは、いつ、電気が
 切れるかわからないことだとわかります。3月のような計画停電でも、
 本当のところ対象時間のいつから停電になるのかがわからないので、対
 象時間にはいる前にパソコンをシャットダウンするしか方法がありませ
 ん。でも、できればぎりぎりまで仕事をしたいですよね。それを可能に
 してくれるのが、無停電電源とかUPS(Uninterrupted Power Supply)
 とか呼ばれるものです。

 ●UPSとは?

 UPSとは、大本の商用電源が停電しても、しばらくのあいだ、100Vの交
 流電源を提供してくれる装置です。

 これをパソコンとコンセントのあいだに設置します。設置といっても、
 ただ、パソコンとモニターの電源プラグをUPSのコンセントにさし、
 UPSの電源プラグを壁のコンセントにさすだけですから誰にでもできま
 す。

 これだけで、停電しても何分間かはパソコンが使えるようになります。
 UPSを設置すれば、停電が起きる瞬間まで仕事をし、停電してからシャ
 ットダウンするというパターンが可能になるのです。

 ●UPSの購入

 UPSはパソコンショップなどで買うことができますし、アマゾンなどで
 も取り扱っています。価格は、アマゾンに登録されているもので、1万
 円前後から100万円超まで(!)。ばか高いものはもちろん大規模シス
 テム用であり、パソコン1台用なら3万円前後までのもので十分です。

 十分と言っても、1万円と3万円、ずいぶんと違いますよね。どう選べ
 ばいいのでしょうか。ポイントは、3つあると思います。

 ・容量
 ・停電時における出力の形式
 ・バッテリー寿命、交換の可否

 ◎容量

「容量」とは、「500VA/300W」などと書かれているものです。この数字
 が大きいほど、大きな電力を取りだすことができます。使っているパソ
 コンの消費電力が大きい、大画面のモニターを使っているなどの場合は
 この数字が大きい方がいいわけです。とは言っても、普通のマシンなら、
 500VA/300Wで十分でしょう。わたしは、普通のデスクトップ1台+22イ
 ンチのモニター×2台を500VA/300WのUPSにつないでいます。

 ◎停電時における出力の形式

「停電時における出力の形式」というのは、停電したとき、UPSから供給
 される交流がどのようなものかを示します。正弦波と書かれているもの
 は壁のコンセントとまったく同じ、特に何も書かれていないものは矩形
 波というちょっと違うタイプです。

 正弦波のほうがいい物なのですが、その分、高くなります(2万円以上)。
 矩形波は最新設計のパソコン電源と相性が悪く(最新設計のパソコン電
 源は正弦波を前提にぎりぎりまで効率をあげるPFC回路を搭載している)、
 うまく動作しない場合や、最悪、UPSが壊れてしまうこともあるそうで
 す。相性問題なのでうまく動作する場合もありますが、念のため、PFC
 搭載の電源には正弦波出力を選んだほうが安心でしょう。PC背面の電源
 部(電源コードがささっているあたり)に「PFC」と書いてあればPFC搭
 載電源です。書いてなければ……たぶん、違うのではないかと思われま
 す。

 ◎バッテリー寿命、交換の可否

 UPSにはバッテリーが内蔵されており、これが劣化すると役に立たなく
 なります。交換時期は、バッテリーの種類と使用温度により1〜5年とか
 なり幅があります。特に長寿命をうたっていない製品を仕事部屋におい
 て使用するなら2年くらいが目安ではないかと思います。長寿命をうた
 っているものでは、その7〜8がけ(期待寿命7年なら5年)くらいはもつ
 はずです。いずれにせよ、高温環境で使うとバッテリーが劣化するので、
 なるべく風通しのよいところに置いておきましょう。

 安いUPSはバッテリー交換ができないものが多いようなので、基本的な
 考え方としては、(↓)のいずれかになるでしょう。費用的にはケース
 バイケースでどちらがはっきりお得とはならないようです。

 ・長寿命バッテリーの安い製品を買い、本体ごと買い換える
 ・バッテリー交換可能な製品を買い、バッテリーのみ買い換える

 ●ノートパソコンにUPSが不要なわけ

 UPSというのは、簡単に言えば、交流電源をパソコン側に供給しつつバ
 ッテリーに充電しておき、商用電源が停電したら、バッテリーから作っ
 た交流100Vに出力を切り換える装置です。このような形で、パソコン側
 から見たとき、電源が常に供給されているように保つわけです。

 ノートパソコンには、実質的にこれと同じものが搭載されています。AC
 アダプターをつないでいる状態が商用電源がきている状態、ACアダプタ
 ーを外した状態が停電状態に相当します。また、パソコンを動かしたま
 までACアダプターの抜き差しができるようになっています。ですから、
 ノートパソコンにUPSは不要なのです。


 ☆本編及びバックナンバーはこちら↓
 http://tran.blog.shinobi.jp/Category/16/

【著者プロフィール】
  井口 耕二(いのくち・こうじ)a.k.a. Buckeye
  技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、社団法人日本翻訳連盟
  常務理事
  高品質・高価格をめざして翻訳の現場で日々努力するとともに、オン
  ライン・オフラインの各種記事、セミナーなどさまざまな場で翻訳者
  という立場からの提言や主張を行っている。
  著書に『実務翻訳を仕事にする』(宝島社新書)、訳書に『スティー
  ブジョブズ−偶像復活』(東洋経済新報社)、『ウィキノミクス−マ
  スコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』(日経BP社)などが
  ある。
  ホームページURL: http://buckeye.way-nifty.com/translator/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 竹下和男著『英語天才 斎藤秀三郎』刊行のご案内

  小社『NEW斎藤和英大辞典 普及版』でお馴染み、斎藤秀三郎(1866〜
 1929)の評伝が小社から刊行されました。齋藤の伝記といえば、大村喜
 吉著『斎藤秀三郎伝―その生涯と業績』(吾妻書房 1960年刊)という
 良書がありますが、残念ながら既に絶版。本書は、斎藤の私生活や性格
 面よりもその業績にスポットを当て、主要な著作や講義録の目次と本文
 サンプルなどの資料編を充実させた、英語通にぴったりの読みものです。

  では、斎藤秀三郎とはどのような人物であったか、本書の「はじめに」
 に簡潔にまとめられておりますので、ご紹介しましょう。

 >  彼は江戸時代と明治時代のはざまに誕生し、日本国内にいながら5
 > 才から大学までほとんど英語で授業を聴き、使用した教科書もまた英
 > 語で書かれていた。大学では造船技師になる予定が卒業直前に放校と
 > なり、英語教師となった。日常書く手紙はすべて英語で、自分の経営
 > する正則英語学校にネイティブを採用する時は自分で試験をした。一
 > 生涯に書いた2冊の英和辞典と1冊の和英辞典を除き、200冊以上にの
 > ぼる著作はほとんどが英文で書かれた。彼が目指したものは、まだ発
 > 展途上にあった日本の人々を、西欧世界でも立派に通ずる英語が書け、
 > 話せ、また西欧の文学作品を正確に読めるようにすることにあった。
 > 
 >  そのため、大学時代の英語の恩師 J.M. ディクソンに鼓舞され、英
 > 語のイディオムを、伝統文法の枠内で、日英対照比較の形で研究する
 > ことに一生を捧げた。斎藤は師のディクソンより10歳若く、亡くなる
 > のも4年早かったが、まさに出藍の誉れで師の業績をはるかに越えて、
 > 日本の学校文法の土台を築き、戦前に来日した H.E. パーマーや A.S. 
 > ホーンビーに、英語を母国語としない人々にとって本国人ではほとん
 > ど気付かないがとても重要な文法とコロケーションの広大な領域の重
 > 要性を知らせた。日本で戦争中出版されたホーンビーの英英辞典は戦
 > 後オックスフォード大学出版局にひきつがれ、その後のロングマン、
 > コウビルド、ケンブリッジの EFL 用の辞書へと展開し今日の世界的
 > 興隆をもたらした。
 >
 >  斎藤は自分の英語学習体系をイディオモロジー(Idiomology)と命
 > 名したが、本書にあるように今日欧米で最近台頭してきたフレーズオ
 > ロジー(Phraseology)と同じものと言ってよい。斎藤は百年も先取
 > りした仕事をしていたのだ。(本書 p3 より)

  大変、読みやすい文章で、豊富な具体事例を交えて、斎藤が後世に遺
 した仕事の全貌を浮かび上がらせることに成功しています。

  少々高額ですが、資料的価値も大です。ぜひ書架にお加えください。

 ----------------------------------------------------------------
『英語天才 斎藤秀三郎
        ―英語教育再生のために、今あらためて業績を辿る』
  竹下和男・著 日外アソシエーツ刊
  定価4,998円(税込) A5・340頁 ISBN 978-4-8169-2288-6
  http://www.nichigai.co.jp/PDF/2288-6.pdf
 ----------------------------------------------------------------
【ご注文はこちら】
  https://www.tranradar.net/cgi-bin/tran2.cgi?BOOK=BOOK
 ----------------------------------------------------------------
『斎藤和英大辞典 普及版』
  斎藤秀三郎著 日外アソシエーツ辞書編集部編 日外アソシエーツ刊
  定価7,140円(税込) A5・1800頁 ISBN 4-8169-1754-3
  http://www.tranradar.net/book/saito_popular.html
 ----------------------------------------------------------------
『CD-NEW斎藤和英大辞典』〈Windows 7 でも使えます*〉
  斎藤秀三郎著 日外アソシエーツ辞書編集部編 EPWING版CD-ROM
  価格18,900円(税込) → 特価17,010円(税込) ISBN 4-8169-8078-4
  http://www.tranradar.net/saito.html

 *Windows 7 で動作する検索ソフトが別途必要です。
  詳細については tran@nichigai.co.jp までお問い合わせください。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★ Windows 7 対応! しかも今なら「30%off」
  『世界大百科事典 第2版 & 百科事典マイペディア』
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 内容は1998年から変わっていないものの、いまだに非常に人気がある商
 品です。「新しいことを調べるのでなければ、信頼度の高いこの百科事
 典がよい」のだとか。「Windows 7 のパソコンに換えたら使えなくなっ
 て困っていた」「もうダメかと思っていた」という方も多いので、まわ
 りに「平凡社の世界大百科」のファンの方がいらっしゃいましたら、是
 非教えてあげてくださいね。

  http://www.tranradar.net/sekaidai2.html
  \18,900 のところ → \13,230(税込)で販売中

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
   http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 このところ週末によく雨が降ります。そんなせいか自宅で映画を見る機
 会が増えました。映画といってもケーブルTVでたまたま放映されている
 タイトルを見るので、たいていの場合よく知らない作品を見ることにな
 ります。そんな時は傍らにある iPhone で検索をします。するとあら便
 利、ストーリー、出演者などの情報がすぐに調べられます。そして俳優、
 女優ってほとんどが離婚歴ありだな、などといういらぬ情報まで入手す
 ることができます。しかしこの楽しみ方には難点があります。映画を見
 ながら iPhone をごちょごちょやっていると、オトーサン見てないんだ
 ったら変えるわよ、と妻にチャンネル権を奪われてしまうことです。で
 一方、妻の接近を感じて iPhone を隠したりするとあらぬ誤解を招きま
 す。ちと難儀であります。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.211 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2010 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る