┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.208/2010.6.18

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃      「OED Ver.4.0」好評発売中!      ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
  ┃  パソコンのデスクトップに辞書を並べれば準備万端  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◆ビジネスの流れ

 ●仕事の仕方の工夫

 ◎納期の問題

 仕事では納期も大きなポイントです。どんなにすばらしい訳があがって
 も、必要なタイミングに間に合わなければ意味がありません。一方、納
 期は短縮傾向にあり、余裕のない案件が増えています。

 一方、収める訳文の品質はなるべく高くしたいわけです。そのためには
 調べ物その他にしっかりと時間をかけたい。となると、どうしても納期
 ぎりぎりを狙うことになります。

 ○納期の種類

「納期っていうのは納める時なんだから、納期に種類なんかあるはずな
 いじゃないか」と思われるかもしれません。でも、これがあるんです。

 一番大事なのは、客先納期。お客さんに翻訳会社が訳文を提出する期日
 です。この納期から、翻訳会社での後処理分の日数を早めた時期が、翻
 訳者に提示される納期です。

 翻訳会社では、
 1. 訳抜けチェック
 2. リライト
 3. DTP
 4. 印刷・製本
 などの処理を行います。1くらいは、ほとんどのところで行っているは
 ずです。2も行っているところが多いはずですが、安値勝負の翻訳会社
 はなしのところも多いでしょう。3と4は、クライアントからの要求があ
 れば行う、というのが普通です。

 翻訳会社では、前述の処理に必要な日数を見積もらなければなりません。
 基本的にx日、という社内ルールが決まっていて、後は、ケースバイケー
 スで調整するという形が多いと思います。たとえば、普通にやって8割の
 ケースはカバーできる後処理時間を経験的に求めて確保しておく、なに
 がしかの理由で、これが長いまたは短いと思われる場合には、その分、
 増減させる。そういう方法をとるわけです。

 普通よりも長い、短いは、たとえば、
 ・仕事の種類(内容やDTP処理内容の違い)
 ・仕事の量
 ・翻訳者の質(チェックやリライトが大変/簡単)
 などによって決まります。

 つまり、翻訳者に提示される納期は絶対的なものではないことが多いの
 です。

 提示された納期が苦しいなと思ったら、あるいは翻訳をはじめてみたら
 納期に間に合うかどうか微妙だと思ったら、納期をもう少しもらえない
 か、相談してみましょう。

 前述のように、後工程に要する時間は翻訳者の質によって大きく異なり
 ます。「あなたなら、もう2日、遅くても大丈夫です」と言ってもらえ
 るようになれば、もう、売れっ子の1人になったといえるでしょう。最
 終的にはこのレベルを目指すにしても、最初からは難しい。じゃあ、提
 示された納期は絶対なのか……そうでもなかったりします。あなたの実
 力が登録翻訳者の上位5割に入っていれば、8割がカバーできるだけの後
 処理時間は不要でしょう。1日くらいは、なんとかしてもらえる可能性
 があります。後処理側で「がんばれば何とかなる」という範囲で、もう
 半日か1日、もらえる場合もあります。

 仕事の量が多い場合、分割納品していけば、最終部分の納期を遅くする
 ことも可能です。ただし、後ろを訳したら前の部分の不明点が判明した、
 とか、間違いがあったことに気づいた、ということもけっこうあります。
 分割納品では、こういう場合に修正に手間がかかったり、やりにくいの
 が厳しいところです。できれば避けたい最終手段というところでしょう。

 なお、どうせ絶対的なものじゃないんだから少しくらい遅れてもいいだ
 ろうと、勝手に納期を飛ばすのは最悪です。翻訳が必要なタイミング自
 体に無理があり、客先も翻訳会社もみんなギリギリまで余裕を削ってい
 ることだってあります。必ず相談しましょう。

 ○分割納品について

 最近はいろいろとせわしなくなっており、納期もぎりぎりしかもらえな
 い、しかも、2分割か3分割でできたところから送ってほしいと言われる
 ことが増えています。翻訳というのは、本来、一通り終わったあとに全
 体を細かく調整して仕上げるべきものだと思うのですが、必要なタイミ
 ングに間に合わせるためには分割納品するしかない場合もあります。

 よく言われるのが「納期の半ばで半分、残りは最終納期で」「納期を3分
 割して、1/3ずつ納めてほしい(納期1/3で1/3、2/3で次の1/3、最終納期
 に最後の1/3)」などです。

 私はこのパターンの分割納品に同意せず、カウンターとして「納期の
 2/3で1/3、残りは最終納期」「納期1/2で1/4、3/4で次の1/4、残りは最
 終納期」などを出します。案件の頭は調べ物などが多くてスピードがあ
 がらないが後半はあがってくること、ある程度先までやってから見直さ
 ないと間違いに気づきにくいことなどを勘案すれば、このくらいがぎり
 ぎりの提案だと思うからです。

「納期は絶対的なものではないことが多い」わけですが、分割納品の納期
 についてもそれは同じです。はっきり言ってしまえば、分割納品の納期
 は普通の納期以上に絶対的でないことが多いものです。ソースクライア
 ントは翻訳という作業がよくわかっておらず、原文をいれると順番に訳
 文ができるようなイメージを持っていたりします。だから、時間が半分
 たてば半分できているでしょ? となるわけです。そのような場合、理
 由をつけてカウンターオファーを出せば、だいたいこちらの要望が通り
 ます。

 順番に訳文が出てくるというイメージを持っている場合、早く仕上げな
 ければならないわけではないけれど、翻訳作業と並行して前半を読めば
 時間の節約になっていいと思って分割納品を頼んでくるケースもありま
 す。ですから私は、「最終的な調整ができないので分割納品をすれば品
 質は落ちます。それでも必要な場合、〜というスケジュールなら対応で
 きます」というように返すことにしています。特に急ぐ必要がない場合
 は、「それなら、最後にまとめて納めてくれればいい」などと返ってき
 たりします。

 もうひとつ、分割納品でよくあるのが「とりあえず、エグゼクティブサ
 マリーだけ先にちょうだい」というパターンです。これに対しては、
「ふつうは、全体を訳したあと、最後にエグゼクティブサマリーを訳し
 ます。エグゼクティブサマリーは言葉足らずのことが多く、さまざまな
 解釈からどれを選ぶべきなのか、本文の詳しい説明を読まないと判断で
 きないからです。そのエグゼクティブサマリーを先に訳すのであれば、
 品質の保証はできません。間違っていてもいいから先にほしいというこ
 となら、エグゼクティブサマリーから訳します。どうしますか?」と聞
 くことにしています。それでもエグゼクティブサマリーを先に送ってく
 れと言われたことは、今のところありません。


 ☆本編及びバックナンバーはこちら↓
 http://tran.blog.shinobi.jp/Category/16/

【著者プロフィール】
  井口 耕二(いのくち・こうじ)a.k.a. Buckeye
  技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、社団法人日本翻訳連盟
  常務理事
  高品質・高価格をめざして翻訳の現場で日々努力するとともに、オン
  ライン・オフラインの各種記事、セミナーなどさまざまな場で翻訳者
  という立場からの提言や主張を行っている。
  著書に『実務翻訳を仕事にする』(宝島社新書)、訳書に『スティー
  ブジョブズ−偶像復活』(東洋経済新報社)、『ウィキノミクス−マ
  スコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』(日経BP社)などが
  ある。
  ホームページURL: http://buckeye.way-nifty.com/translator/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 このところ、「OED Ver.4.0」と「OEDアップグレード版」がよく売れて
 います。
 以前から年度末にはよく売れるなと思っていましたが、今年は新年度に
 なっても相変わらずの良い売れ行き。お客様は大学の先生方が圧倒的に
 多く、以前は英文学関係の先生がほとんどだったように思うのですが、
 最近そうでもないことに気づきました。
 ついこの前も、大学の事務方を通して注文されてきた先生について、大
 学のホームページで「何が専門の先生かな」と見てみたところ、なんと
 理論経済学。しかも業績一覧に列記された論文も先生個人のホームペー
 ジもほとんどすべて英語で書かれていました。
 先生も、先生に(多分)活用されているであろう「OED」も、スゴイ、
 と思いました。

 ★「対訳君」の仕様が一部変更されました
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 翻訳支援ツール「対訳君シリーズ」の改訂版が発売開始されました。
 改訂版では、「スタートメニュー」に変わり、「スタートバー」を新設
 したそうです。詳細はこちら↓をご参照ください。
  http://www.mcl-corp.jp/software/s_main_SBup.html

 なお、各製品の価格や内蔵される辞書・対訳集に変更はありません。

 対訳君マイナーレベルアップ版(対訳君Standard、対訳君Professional、
 対訳君医学版Accept)をお持ちの方は、スタートバーのみをダウンロー
 ドしてお使いいただくことができるようになるそうです(6月21日より
 ダウンロード開始予定)。

  対訳君Standard     特価 7,920円(税込)
  対訳君Professional   特価 34,200円(税込)
  対訳君医学版Accept   特価 56,700円(税込)

  http://www.tranradar.net/taiyakukun_new.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
   http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 この間、風邪気味なので薬を飲んで早めに床につきました。
 ところが、オリンピックの強化指定選手かなにかに選ばれ、白衣着用の
 科学者に囲まれ無茶苦茶きつい訓練を強いられる夢をみました。
 夜中に目が覚めると、風邪による喉、頭、節々の痛みに加え、ハード
 ワーク(夢の中での)による物凄い疲労が襲ってきました。
 以降毎夜、知らない幼児に体中を踏んづけれれる夢、高いビルから飛び
 降りトランポリンで跳ね続ける夢などを見続けています。

 夢を見ずに眠りたい。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.208 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2010 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る