┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.192/2009.6.19

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃      「OED Ver.4.0」予約受付開始!      ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
  ┃  パソコンのデスクトップに辞書を並べれば準備万端  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ■「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その58)        山本 ゆうじ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ◇ビジネス的側面

 翻訳者として独立するとき、一番大事なのは、「自分は個人事業主だ」
 という自覚です。
 個人事業主というのは、会社の社長から平社員まで、すべての役割を自
 分一人でやるということです。ビジネスという意味においては会社(法
 人)と並ぶ存在、同等の存在になります。翻訳会社など、翻訳者に仕事
 を発注してくるところはすべて「取引先」です。一方、発注側から見た
 翻訳者は外注先。仕事をお願いし、納めてもらったものに対して対価を
 支払う先なわけです。独立自営として自分がめざすのは「取引先に頼ら
 れるパートナー」でしょう。
 基本をこう考えると自ずと見えてくるものがありますし、取引先との対
 応も適切なものとしやすくなります。

 ◎翻訳会社との距離感

 たとえば、トライアルの合否通知や初仕事の打診がなかなか来ないとい
 う不満の声をよく聞きます。しかし、これはそんなものなのです。
 翻訳会社の立場で考えてみましょう。新しい翻訳者なしで仕事は回って
 います。一方、新しい人にはリスクがあります。トライアルと同じレベ
 ルのものが上がってくるのか、納期は守ってくれるのか……そう思うと、
 そのうち頼んでもいいかな、くらいの人への対応は後回しにして目の前
 の仕事を優先しがちです。
 長期的に考えれば新しい翻訳者を確保しておく「べき」です。言い換え
 れば、あくまで「べき」なので、「しなければならない」ことが優先に
 なるわけです。「べき」の話までさっとできてしまうほど優秀な人は多
 くありませんしね。また、「べき」までさっとできるほど人員に余裕が
 あるのも考えものでしょう。その人たちの給与はどこから出ているのか、
 そう考えればね。
 逆に、「こんな人を待っていた!」と思えばすぐに連絡するし、いつも
 ほかの翻訳者に頼んでいる仕事を回してでもすぐに初仕事を出すでしょ
 う。トライアルの合否通知や初仕事の打診がなかなか来ないのなら、相
 手にとって自分はその程度でしかないのです。具体的には、その翻訳会
 社に登録している他の翻訳者と比べて自分が十把ひとからげの実力しか
 ないのかもしれませんし、自分の強みと相手のニーズがずれている相性
 の問題かもしれません。あるいはもしかすると、その翻訳会社には翻訳
 者をきちんと評価する力がないのかもしれません。いずれにせよ、こち
 らの対応は同じ。相手が「念のためキープしておこう」なのであれば、
 こちらも「念のためキープ」と考えて次の手を打つ。それしかありませ
 ん。中堅クラスの力があり相性がそこそこの翻訳者なら翻訳会社はぜひ
 押さえておきたいと思うはずです。数社トライしても「どうも自分は大
 事にされていない」と感じるなら、残念ながら実力がまだまだである可
 能性が高いと思います。その場合は実力を高めることが先決です。
 実力と言えば、翻訳会社は翻訳者を育てるべきだといった意見もよく聞
 きます。これが基本的に難しいのも、翻訳者が外注だからです。外注と
 いうのは究極の即戦力。翻訳会社が考えることは、目の前の案件に適し
 た戦力は誰か、です。Aさんが適していなければBさんに頼むだけのこ
 と。会社の新入社員教育のように、順番に経験させて育てて行こうなん
 て考え方はしません。外注では、教育の手間暇分、自社に返してくれる
 保証もありませんし。
 余談ながら、私は、育てる努力をしたほうが翻訳会社にとっても得だと
 思っています。仕事というのは人と人の関係で生まれ、処理していくも
 のだと思うからです。育ててもらったところの頼みなら、多少の無理は
 なんとかしようとするのが人情でしょう。恩を無視する人がいてもそれ
 はそれ。すべてを得ようとすれば何も得られない−そういうものだと思
 います。

 ◎仕事を下請けに出してもいいか

 翻訳会社から打診があったら断らず、自分でできない分は他の人に頼む
 翻訳者もいます。これも、パートナーとして失格です。
 理由は、まず、翻訳会社が翻訳者に期待しているのが「翻訳する」こと
 であって「翻訳のコーディネートをする」ことではないからです。この
 部分翻訳者がやろうとするとどうなるでしょうか。たとえば1300円で請
 けたものをもっと高い人に頼むというのはやりませんよね。最高でも自
 分と同じ1300円、欲にかられれば1000円など安い人に頼んで差額を抜こ
 うとするでしょう。
 1000円の訳文を300円分の時間をかけて1300円の人が直しても、1300円
 の訳文はできません。1100円もいかないでしょう。仮に1300円分の時間
 をかけても1300円には達しません。翻訳とはそういうものです。
 結局、翻訳会社に納品されるのはいつもよりも品質が悪いもの、発注側
 の期待を下回るものになります。納品を受けた翻訳会社は後始末に苦労
 するでしょうね。かえって迷惑をかけてしまうわけです。また翻訳会社
 側は、「品質が不安定な人」として記録に×をつけることになります。
 どうすればいいのか。断ればいいのです。「翻訳のコーディネートをす
 る」のは翻訳会社の仕事。もちろん、断られたときどうするのかもいろ
 いろとノウハウを積んでいます。たとえば、英日仕上がり400字1300円
 の人に断られたとき、品質にうるさいお客さん向けなら1400円や1500円
 の人にやってもらうこともあるでしょう。1000円の人に頼んで、その程
 度のものがあがってくると覚悟して社内の準備を整えておくという方法
 もあります。
 自分の領分をわきまえ、自分の役割をしっかり果たす。それがパートナ
 ーとしての基本です。

 ☆本編及びバックナンバーはこちら↓
 http://tran.blog.shinobi.jp/Category/16/

【著者プロフィール】
  井口 耕二(いのくち・こうじ)a.k.a. Buckeye
  技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、社団法人日本翻訳連盟
  常務理事
  高品質・高価格をめざして翻訳の現場で日々努力するとともに、オン
  ライン・オフラインの各種記事、セミナーなどさまざまな場で翻訳者
  という立場からの提言や主張を行っている。
  著書に『実務翻訳を仕事にする』(宝島社新書)、訳書に『スティー
  ブジョブズ−偶像復活』(東洋経済新報社)、『ウィキノミクス−マ
  スコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』(日経BP社)などが
  ある。
  ホームページURL: http://buckeye.way-nifty.com/translator/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ レファレンスクラブ「R360ショップ」からのお知らせ!

 最近、追加した新商品から数点ピックアップしました。編集に手間暇が
 掛かっていますので、個人の財布には優しくない価格なのですが、“市
 民の財産”として最寄りの図書館にリクエストいただければ幸いです。

『日本経済統計集1989-2007』
  本間立志〔監修〕 B5・590p
  定価29,400円(本体28,000円) ISBN978-4-8169-2188-9
  1989年から2007年までの日本の経済、社会生活に関する統計データ
  13分野140種を収録しました。主要項目には折れ線グラフを掲載。
  事項名索引付き。
  http://www.reference-club.com/fs/nichigai/gr53/gd156

『動物1.4万 名前大辞典』
  日外アソシエーツ〔編〕 A5・550p
  定価9,800円(本体9,333円) ISBN978-4-8169-2189-6
  国内の代表的な図鑑・百科事典に掲載されている動物14,000件の基
  礎情報を収録した、国内最大規模の「動物の名前」辞典。漢字表記
  や学名、科名、別名、大きさ、形状など、動物の特定に必要な情報
  を簡単に調べられます。
  http://www.reference-club.com/fs/nichigai/gr53/gd153

『探偵雑誌目次総覧』
  山前譲〔編〕、ミステリー文学資料館〔監修〕 A5・900p
  定価19,950円(本体19,000円) ISBN978-4-8169-2173-5
  1920年〜1960年代に出版された日本の探偵小説雑誌、35誌 1,186冊
  の内容細目です。当時の日本の推理小説界を代表する雑誌から、現
  在入手困難なものまで幅広く収録。「執筆者名索引」付き。
  http://www.reference-club.com/fs/nichigai/gr53/gd157

                     (ネット販促課・竹村) 

 R360ショップ:http://www.reference-club.com/
 会員登録:https://c11.future-shop.jp/fs/nichigai/Login.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★「Oxford English Dictionary on CD-ROM」新版の情報
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 弊社に新版が入荷するのは、今のところ早くて6月25日(木)頃になる見
 通しとなりました。

 「Ver.4.0」の特徴は・・
   ☆インターフェイスを全面刷新。
   ☆Windowsだけでなく、Mac OS X にも対応したハイブリッド仕様。
   ☆「第3版」発行に向けて進行中のプロジェクトで収集した、
    約7,000の新語や語義を収録。

 価格は
   通常版 \40,000 → 辞書SHOP特価 \36,000(税込)
   アップグレード版 \15,000 → \13,500(税込)
 です。

 アップグレード版は「Ver.2.x」以降をお持ちの方が対象となり、
 「Ver1.x」のお客様には通常版を購入いただくことになります。またイ
 ンストール時には旧バージョンのデータディスクが必要です。

 詳しくはこちら↓
 http://www.tranradar.net/oed_v4.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
   http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その58)       山本 ゆうじ

 映画とドラマで英語を学ぼう1――ワンセグで2カ国語放送を録画する

 皆さんは「ワンセグ」を見ていますか?  ワンセグは、携帯機器向け
 のデジタル放送の一種です。「簡易型のデジタル テレビ」であるワン
 セグは、最近の携帯電話や携帯音楽プレーヤー、電子辞書などに搭載さ
 れることが多くなってきています。私はPDA(EM・ONE)、ウォークマン
(NW-A919)、携帯電話(W61S)の3つの機器を持ち歩いているのですが、
 どれにもワンセグ機能が搭載されています。ただ、この中でワンセグ機
 器として意識的に買ったのはウォークマンだけです。

 ワンセグは携帯機器用の放送なので、解像度は最大でQVGA(320×240/180
 ドット)しかなく、画質はそれほどよくありません。実際に視聴するた
 めの機器も2〜4インチ程度の 小さな画面のものが大半です。

 さて、そんなワンセグがどのように役立つのでしょうか。実はワンセグ
 は語学学習に活用できます。ワンセグでも2カ国語放送が行われており、
 海外の映画やドラマは英語などに切り替えて聴くことができます。しか
 もDVDのように、日本語字幕の表示や音声の切り替えができます(番組
 や機器によって、できる場合とできない場合があります)。これは、ア
 ナログ テレビにはない利点です。

 私は、英語圏の映画やドラマは基本的にすべて英語で見ています。2カ
 国語放送の番組をワンセグで録画すると、「ここは何て訳したんだろう」
 と思ったときに日本語の吹き替えや字幕を確認できます。2カ国語放送が
 ぐっと活用しやすくなったわけです。

 テレビ機能付きのパソコンでテレビ番組を録画しておいて、携帯機器で
 も見られるように変換する、という作業は一部の人の間では以前から行
 われていました。私にはそうまでして見たい番組がなかったので、して
 いませんでした。しかもパソコンで録画して変換した場合は、「再生時
 に2カ国語放送で音声を切り替える」ことにもかなり手間が掛かりまし
 た。しかし、携帯機器そのもので録画が直接気軽にできるようになった
 ことで、「時間があれば見ておこう」という番組もチェックできるよう
 になったわけです。

 また、ワンセグではNHKの語学番組も活用できます。
 http://www.nhk.or.jp/gogaku/

 ワンセグの課題のひとつは、電車などで移動中だと、電波の状況により
 しばしば受信できなくなることです。このようなときは、事前に録画し
 ておけばよいのです。NHKの語学番組では、早朝に再放送がされていま
 す。

 語学学習のように目的を定めて使う場合は、「録画して視聴する」とい
 う方法が主になるでしょう。ワンセグ機器を選ぶ場合には、録画機能が
 あるもの、特に語学番組を見る場合は「毎週繰り返し録画できる」機能
 があるものをお勧めします。携帯電話では、機種にもよりますが、繰り
 返し録画できるよう設定するには工夫する必要があるかもしれません。
 通勤列車での細切れの時間を有効に活用できるのは非常に便利です。テ
 レビでじっくり語学番組を見る時間はないという忙しい方でも、新しい
 外国語の習得などに挑戦できるわけです。私は、まったくの趣味ですが、
 ロシア語、中国語、アラビア語、イタリア語の各講座の録画を電車の中
 で見ています。

 語学番組では、画面の例文などの文字が小さくて見にくい場合もありま
 す。これは画面が小さいことに加え、ワンセグの解像度が低いからです。
 そのため、メインの教材とするよりも、多聴多読の一環として、「ワン
 セグでも見られる」という感じで使うのがよいでしょう。特に語学番組
 で中級・上級者向けの場合、例文が長くなり、文字も小さくなりますが、
 初級者向けで単語が主体なら問題ありません。ただ漫然と見るのではな
 く、発音練習、シャドウイング、サイレント シャドウイングをするの
 がよいでしょう。これらについては、また機会があればご紹介します。

 ワンセグについては、放送大学の放送がないのは残念です。ワンセグは、
 生涯学習を浸透させるためにはきわめて有効と思われるので、今後に期
 待したいところです。

 ご質問、ご感想、ご要望、ご意見などがありましたら、
 tran@nichigai.co.jpまでどうぞ!

《このコラムは、音声認識ソフトで入力し、音声読み上げにより校正しています》

【著者プロフィール】
   山本 ゆうじ(やまもと・ゆうじ)
   言語・翻訳コンサルタント。国際学校 UWC イギリス校で二年間学び、
  筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
  日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

  transPC  【実務翻訳】	  http://transpc.cosmoshouse.com/
  秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://cosmoshouse.com/

 『世界に通じる学校――国際学校 UWC の異文化理解教育』発売中
  山本ゆうじ〔編著〕2004.4 アルク刊 A5/199p \2,310(税込)
  http://www.bookpark.ne.jp/cm/pudding.asp?content_id=ALCB0025
   ↑mixiやブログなどもありますので、よろしければこちらもどうぞ!

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 自分でもちょっと早いかな? と思うのですが、最近、人の名前(芸能
 人や野球選手など)が思い出せない時があります。
 ある時ラジオを聞いていたら、いろいろ本などを書いているお医者さん
 が、「忘れたと思ったら七転八倒しても思い出せ」と言っていました。
 以来、なんとか思い出すように頑張っています。でもそんな私の努力を
 邪魔立てするものがいます。それはGoogleです。○○高校出身、投手、
 巨人なんていれると答えがでてしまうのです。かくしてGoogleに頼らず
 に思い出すべくもがいています。
 あのお医者さん、なんて名前だったっけ?
                              (青)

 ギブアップしてGoogleに頼りました。
 上述のお医者さんは、吉田たかよし氏でした。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.192 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2009 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る