┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.162/2008.6.20

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ 『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』好評発売中 ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
   ┃   雨の日はお気に入りの辞書を片手に「知の散歩」   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ Words in the NICHIGAI's CDs and Books
 ■ 地上デジタルテレビ放送にメリットはあるのか?       田村洋一
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
  http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ Words in the NICHIGAI's CDs and Books
                》》Words beginning with summit

 このコーナーでは、日外アソシエーツ発行のCD-ROM辞書や書籍から内容
 を一部抜粋してご紹介します。

 前回までは"Nichigai Introduction Party"でお馴染みのコーナーでし
 たが、ちょっとだけイメチェンしました。今回は"summit"で始まる言葉
 をピックアップしました。(用語はさまざまな分野から選んでいます。)

 (1) summit current   

 (2) summit eruption

 (3) summit meeting

 日本語訳はメルマガの終わりでチェックしてくださいね。
                             (一色)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 地上デジタルテレビ放送にメリットはあるのか?
                             田村洋一

  最近日本では、国民の生活に大きな影響を及ぼす決定が知らないうち
 になされ、実施間際になって気がつくという例が多いようです。最大の
 問題は「米軍再編」や「裁判員制度」ですが、今回はもう少し細かい問
 題に触れたいと思います。

  テクノロジーに強いことを自他ともに認める私としては、デジタル技
 術自体の有用性は極めて大きいと考えていますが、「地上デジタルテレ
 ビ放送」となると消費者にとってどんなメリットがあるのか疑問を感じ
 ています。とくに最近の「ダビング10」騒動をみて、コンテンツのデジ
 タル化が消費者にとってはむしろマイナスに作用しているのではないか
 と思わざるを得ません。この騒動の経緯については6月13日付の日経朝
 刊に「ニュースの理由(わけ):『ダビング10』迷走続く--金縛り著作権
 法を象徴」という同紙・渋谷高広編集委員の明解なコラムが掲載された
 ので、読まれた方も多いことでしょう。

  端的に言って、現在のBS/地上デジタル放送に適用されている録画の
「コピーワンス」方式は利便性を損なうだけでなく、消費者を「潜在的
 不正コピー犯」とみなすもので、まことに不愉快な仕組みです。そもそ
 もこれは強力なコピー防止機能であり、いったんハードディスク(HDD)
 レコーダに録画したデータをDVDディスクへ複写(copy)ではなく移動(move)
 するものなのですから、名称からして欺瞞的です。実用上トラブルが多
 く不評なため、「オリジナルのHDDから9枚までのDVDへの複写を認め、
 10枚目は移動とみなしてオリジナルを消去する。ただし、DVDから別の
 媒体への複写は認めない」というダビング10方式が考案され、導入直前
 までいっていました。これで利用者は、複写したDVDに互換性がないこ
 とに気づいた場合でも、もう一度作り直すことができ、保存用にバック
 アップも作れます。この程度のことができなければ安心してHDDレコー
 ダを使えません。ところが、著作権の「権利者側」と文化庁は、全く別
 の「私的録音録画補償金」問題(これも奇々怪々な制度)と絡めて、土壇
 場でダビング10の導入に待ったをかけました。結果的に無期限延期にな
 ってしまったのです。

  本来、個人使用の複写は一定数までは規制すべきではなく、それを超
 える分についても禁止ではなく課金する仕組みを構築すべきなのです。
 技術的にはDVDのCPRM(Content Protection for Recordable Media)規格
 を拡張し、割高の専用媒体を用意すれば可能と思われます。また、個人
 認証を完備した上で、自宅のパソコンやネットワーク上の個人用サーバ
 にあるビデオデータをネットワークを介して視聴することも認められる
 べきです。現行の規制は「何が何でもコピーさせない」という頑なな姿
 勢であり、ここからはデジタルコンテンツの楽しい使い方など生まれる
 余地はありません。これはビジネス的にみても大きな障害です。

  さらに、デジタル放送の受信にはスクランブル解除のためのB-CAS(CAS:
 Conditional Access System)カードが必要です。これはBSデジタル放送
 の開始に合わせて電波法を補うために1995年に発令された郵政省令「超
 短波データ多重放送に関する送信の標準方式」の中で「有料放送」にス
 クランブルをかけることが認められたことが発端になっています。とこ
 ろが、地上デジタルテレビ放送の開始に合わせて2003年に発令された総
 務省令「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標
 準方式」の中では、「放送番組に関する権利を保護する」という文言に
 変えられました(※「著作権」とは書いていないことに注意)。その結果、
 無料の地上デジタルテレビ放送にもスクランブルがかけられることにな
 ったのです。B-CASカードには利用者登録手続きがあり、NHKが受信者を
 把握するための仕組みといううがった見方もあります。しかし、本来不
 要なCASモジュールを組み込むために受信コンバータやレコーダの価格
 が上がり、B-CAS社によるB-CASカードの運用コストも何らかの形で転嫁
 されているはずなので、消費者は余分の負担を強いられています。つい
 でに言えば、デジタルレコーダに必ず付いている電話線インタフェース
 も無用の長物ですが、ここでは詳述するスペースがありません。

  現在、世界各国で周波数再編が進行中で、そのためのテレビ放送のデ
 ジタル化が進められています。米国では「DTV transition」と呼ばれ、
 大規模テレビ局のアナログ停波は2009年2月17日、英国では「Digital 
 switchover (DSO)」と呼ばれ、最終的なアナログ停波は2012年、そして
 日本のアナログ停波は2011年7月24日です。視聴者にも経済的負担を求
 めることから、米国FCCも英国Ofcomも日本の総務省とその外郭団体も、
 デジタル移行について一般向けの啓蒙的な広報活動を展開していますが、
 周波数再編そのものについてはOfcomの情報が最も充実しています。周
 波数再編の目的は、従来のテレビ放送(VHF/UHF)が使用している周波数
 帯をデジタル化して圧縮(1波あたりの帯域は35%程度に減少)し、UHF帯
 の一部に集約することで、空いた周波数帯「アナログ跡地」(digital 
 dividend)を移動体無線で活用する余地を作ることです。平たく言えば
 電波の「地上げ、転売」です。機器メーカーが宣伝する地上デジタルテ
 レビの「フルハイビジョン画質の素晴らしさ」や「電子番組表(EPG:
 Electronic Program Guide)の便利さ」などは、ほんの表面的なことに
 すぎません。

 ●参考:
 ・Digital Dividend Review - A Plain English Summary of the 
   Consultation(19 December 2006, Ofcom);デジタル移行とスペクト
   ラム管理の重要性についての平易な解説書:
  http://www.ofcom.org.uk/consult/condocs/ddr/ddr_plainenglish.pdf
 ・Dpa(社団法人デジタル放送推進協議会)
  http://www.dpa.or.jp/

 【著者プロフィール】
  田村 洋一(たむら・よういち)
  東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートル
  ズ世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を
  目の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を
  信じる美術愛好家でもある。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ セミナーのご案内〜〜〈地頭力を鍛える〉「知のコンシェルジェ」

 体系化された『知』をビジュアルに表示するツール「知のコンシェルジ
 ェ」のセミナーを開催いたします。
「学生の『考える力』と『理解度』が見えるようになる」(東京大学大
 学院・石田英敬教授)といわれる「知のコンシェルジェ」について、
 主に講義・ゼミでの利用に関しセミナーを行います。参加費無料です。

 ★「知のコンシェルジェ」セミナー 開催概要
 日時 2008年7月17日(木) 14:00〜16:00(13:30受付開始)
 主催 株式会社日立システムアンドサービス
 共催 日外アソシエーツ株式会社
 定員 10名 (定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。) 
 費用 無料(事前登録) 
 ・会場
  株式会社日立システムアンドサービス 品川本社 セミナーホール
 ・住所
  東京都港区港南2-18-1
  JR品川イーストビル20F セミナーホール
    地図はこちらをご参照ください。
    http://www.hitachi-system.co.jp/seminar/map/sngwjre20f.html

 ☆お申し込み
  sales@nichigai.co.jp まで「セミナー参加希望」とお書きいただき、
  ご氏名・ご連絡先(電話番号)を明記の上メールにてお申し込みくだ
  さい。

「知のコンシェルジェ」についての詳しい紹介は↓こちら
  http://www.kn-concierge.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 最近、なんだかひどく売上が落ち込んでいます。「なぜだろう?」とし
 ばし考え、ふと「もしや、皆様セールになるのを待っているのでは?」。
 というわけで、来週から夏のセールを始めます! ただいま準備中です
 ので、もうしばらくお待ちくださいね。

 ★ロゴヴィスタの商品を2点追加しました
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ロゴヴィスタの定番「現代用語の基礎知識」が新版になりました。
 また、以前からあったのになぜか扱っていなかった「英米法辞典」の取
 り扱いも始めました。これは、英米法に関する専門用語辞典、というだ
 けではなく、日本の法律用語を英訳する際に参考にする、という使い方
 もできます。

  「現代用語の基礎知識1991〜2008 18年分特別パック」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥11,520 ☆☆

  「英米法辞典」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥14,931 ☆☆
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆★☆PR☆★☆

 『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』 価格¥9,600(税込) 
    三谷康之〔著〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007.12 A5・480p

 詳しくは↓をご覧ください
 http://www.nichigai.co.jp/sales/2075-2.html
 イギリス好き、英文学好き、外国映画好き、そして西洋建築好きな方に
 はたまらない1冊です。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ 大好評! Windows Vista 対応の「OED Ver.3.1.1」
 オックスフォード大学出版局KK[発売元] 
 通常価格 60,375円(税込) → TranRadar特価 54,338円(税込)
 お求めは TranRadar電子辞書SHOP http://www.tranradar.net/ まで。  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ Words in the NICHIGAI's CDs and Books
           》》Words beginning with summit <日本語訳>

 (1) summit current
   (a) 頂点電流 [97学術・計測] 
   (b) ピーク電流 [79K0213・分析化学] 

 (2) summit eruption
   (c) 山頂噴火[地球] 

 (3) summit meeting
   (d) サミット[経済];主要先進国首脳会議[ビジネス][経済]

 ※[ ]内は、典拠と分野名。
  (a)〜(d)の訳語は以下の辞書と対応しています。
 
 (a)「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語 英和・和英」
    http://www.tranradar.net/cd-kikai17_2.html
 (b)「CD-専門用語対訳集 電気・電子・情報17万語 英和・和英」
    http://www.tranradar.net/cd-denki17_2.html
 (c)「CD-科学技術45万語対訳辞典 英和/和英」
    http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/cd-tech45.html
 (d)「CD-人文社会37万語対訳大辞典 英和・和英」
    http://www.tranradar.net/cd-jinbun37.html

 (おまけ)
 北海道洞爺湖サミットの公式ホームページ(英語版)はこちら。
 "summit meeting"が使われています。
 http://www.g8summit.go.jp/eng/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 来週、山梨・長野に出張します。そのため「楽天トラベル」を使って宿
 を探しました。初日は松本、以降、笛吹(旧石和)、佐久、長野周辺の
 宿を予約しました。ところで「楽天トラベル」から送られる予約確認メ
 ールの送り先を誤って妻のケイタイにしてしまいました。〈美ヶ原温泉〉
〈石和温泉〉〈佐久ホテル〉なんてところに泊まるため本当に仕事か?
 と疑われました。
 そういえば携帯電話を持つようになってから、宿泊先のメモを妻に渡す
 のを怠っていました。これ、考えてみたら恐ろしいことです。
 ケイタイが通じないからと妻が会社に電話→えっ!休暇じゃないんです
 か?なんてことになったら・・・。
 いやそうではなくて危機管理として問題ありです。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.162 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2008 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る