┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.161/2008.6.12

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ 『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』好評発売中 ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
   ┃   雨の日はお気に入りの辞書を片手に「知の散歩」   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳/翻訳業界関係者とその役割     井口 耕二
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ■ トランネット便り 〜 山のようで山でなし
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
  http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ SDL Trados Freelanceを特価で・・・
 当サイトから購入画面に入ると、トラドス(SDL Trados Freelance)を
 トランレーダー特価でお求めいただけます。(SDL International のサ
 イトからのダウンロード販売となります)。
 ご購入・詳細は、↓こちら
 https://www.tranradar.net/trados2007.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ 大好評! Windows Vista 対応の「OED Ver.3.1.1」
 オックスフォード大学出版局KK[発売元] 
 通常価格 60,375円(税込) → TranRadar特価 54,338円(税込)
 お求めは TranRadar電子辞書SHOP http://www.tranradar.net/ まで。  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳                  井口 耕二

 ●翻訳業界関係者とその役割

 翻訳の業界にはどのような関係者がいて、何をしているのかを見てみま
 しょう。

 産業翻訳の業界には、大きく分けてソースクライアントと翻訳会社、翻
 訳者の3者がいます。

 ソースクライアントとは、翻訳の案件が発生する企業などです。海外で
 開発されたソフトや機器を日本で売ろうと思えば、マニュアルなどの和
 訳が必要になります。日本の企業が海外の企業に対するプレゼンテーシ
 ョンをするときには、プレゼン資料の英訳が必要でしょう。このような
 翻訳を社内でこなしきれないと社外に外注され、翻訳案件が発生するわ
 けです。

 外注先の大半が翻訳会社です。翻訳会社という名前からイメージされる
 ものとは異なり、翻訳会社の社内に翻訳者はほとんどいません。ほとん
 どの翻訳案件は、翻訳会社からフリーランス翻訳者に外注されます。つ
 まり、翻訳案件の営業(案件獲得)とコーディネートが翻訳会社の中心
 業務です。元請けの翻訳会社から受注してフリーランス翻訳者へと仕事
 をコーディネートする下請け型の翻訳会社も存在します。

 このような案件を実際に1行、1行、訳していくのが、フリーランス翻訳
 者です。翻訳者とひとくくりにいっても、さまざまです。バックグラウ
 ンドが語学系の人もいれば専門系(技術、法律、金融など)の人もいま
 す。年齢も若い人からかなりの年輩者まで、さまざまです。会社勤めを
 したことがある人もない人もいます。定年退職後のいわゆる第二の人生
 で翻訳者となっている人もたくさんいます。そして、会社員と翻訳者の
 二足のわらじを履いている人もたくさんいます。

 このように仕事は、基本的に、クライアント→翻訳会社→(翻訳会社→)
 翻訳者と流れていきます。若干ですがクライアント→翻訳者と流れる仕
 事もあり、業界では「直接取引」と呼ばれています。

 前々回、派遣社員や正社員として翻訳をするケースを紹介しましたが、
 そのような場合に勤める先はソースクライアントか翻訳会社となります。
 ある程度以上の翻訳案件が定常的に発生するなら、外注するよりも社内
 に人間を置いた方がいろいろと便利だからです。

 マニュアルの翻訳などを行うローカライズの世界では、ソース言語から
 数多くのターゲット言語への翻訳を同時に進めるため、大元のソースク
 ライアントから MLV(Multi-Language Vendor)へ発注されます。その
 うち、日本語との翻訳が SLV(Single-Language Vendor)へ発注されま
 す。この SLV が翻訳者から見たときの「翻訳会社」となり、そこから
 フリーランス翻訳者へと仕事が割り振られます。MLV から直接、翻訳者
 に仕事が出るケースもあります。

 ◎翻訳会社

 翻訳者にとって縁の深い翻訳会社について、もう少し詳しく見てみま
 しょう。

 株式を上場し200人を超える人が働く大手もありますが、一般に、翻訳
 会社は小規模です。実質的に1人だけというところを含め、1〜5人とい
 った零細なところがたくさんあります。10人前後で中堅、社員が20人を
 超えれば大手と言っていいと思います。

 翻訳会社はソースクライアントに営業をかけ、翻訳案件を受注したら、
 フリーランス翻訳者へと仕事をコーディネートします。翻訳原稿が翻訳
 者から納品されたら、訳抜けや表記などのチェックを行ったあと、必要
 に応じて DTP などの作業をしてからソースクライアントへ納品。その
 後、ソースクライアントから代金を回収するとともに、翻訳者に対する
 翻訳料金の支払いなどを行います。

 以下、規模ごとに翻訳会社の特性を見てみます。あくまで傾向であり、
 現実はかなりばらつきがある点に注意してください。

 大手(20人超くらい)はしっかりした組織となっていることから、レー
 トも翻訳者への対応も、よくも悪くも平均的という感じになると思いま
 す。極端に悪いことはあまりないと思いますが、逆にとてもいいという
 ケースも少なそうです。言ってみれば、よくも悪くも会社的。ビジネス
 ライクで気楽というとらえ方もできるでしょう。

 翻訳者にとっての魅力は、営業力があり、大量の仕事が流れていること。
 分野も手広く取り扱っているので、自分が専門としている分野も取り扱
 っている可能性が高いでしょう。大手のレギュラー翻訳者になれれば、
 仕事が切れる心配はなくなります。ただし、登録翻訳者の数が多いため、
 翻訳の力なり対応のきめ細かさなり、何か特色を打ち出さないと埋もれ
 て忘れられるおそれがあります。

 中小(5〜20人くらい)は会社による差がかなりあります。品質重視で
 丁寧な仕事をするところもあれば、安値が武器という営業中心のところ
 もあります。レートも、比較的高値まであるところもあれば、安目しか
 ないところもあります。会社による方向性の違いなので、翻訳者として
 は、自分に適したところを探す必要があるでしょう。

 分野は幅広く対応しているところが多いのですが、得意・不得意(量が
 多い・少ない)があるので、自分の分野を得意としているのかどうかは
 要チェックです。登録翻訳者の数は一般に大手ほど多くないので、埋も
 れる危険性は大手よりも小さいかもしれません。とは言っても、レギュ
 ラー翻訳者を多数、抱えているわけですから、そこに割り込むためには
 一定の営業努力が求められます。

 零細(1〜5人くらい)は、会社による差がさらに大きくなります。品質
 重視などていねいな仕事をするところは、中小以上にきっちりやるケー
 スがあるからです。零細な翻訳会社というのはニッチで仕事をしている
 ことが多く、分野や案件の種類は一般に限られたものとなりますが、逆
 に、自分と相手の分野や案件がぴったりはまれば、とてもいいパートナ
 ーとなり得ます。ただし、仕事量は振れが大きくなりやすいので、中小
 や大手と並行して付き合うほうがいいかもしれません。

 登録翻訳者は少ないことが多いので、埋もれてしまうことは少ないでし
 ょう。ただし、全体の仕事量がそれほど多くないため、自分と同じ分野
 で自分よりもいい翻訳者が現れると、そちらに仕事が行ってしまい、自
 分の仕事がなくなることも考えられます。自分が担当するソースクライ
 アントと零細翻訳会社との関係が切れたときも、それを代替する仕事が
 なく、一気に仕事量が減る可能性もあります。


【著者プロフィール】
  井口 耕二(いのくち・こうじ)a.k.a. Buckeye
  技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、社団法人日本翻訳連盟
  常務理事
  高品質・高価格をめざして翻訳の現場で日々努力するとともに、オン
  ライン・オフラインの各種記事、セミナーなどさまざまな場で翻訳者
  という立場からの提言や主張を行っている。
  著書に『実務翻訳を仕事にする』(宝島社新書)、訳書に『スティー
  ブジョブズ−偶像復活』(東洋経済新報社)、『ウィキノミクス−マ
  スコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』(日経BP社)などが
  ある。
  ホームページURL: http://buckeye.way-nifty.com/translator/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 映画評論家の水野晴郎さんが亡くなりました。朝の情報番組を見ていた
 ら、評論家になる以前に映画会社で宣伝を担当していたとき、「007/危
 機一発」(原題“From Russia with Love”) や「史上最大の作戦」(原
 題“The Longest Day”)などの邦題を考え、ヒットさせたというエピソ
 ードが紹介されていました。私自身は水野さんのことを「○○ロードシ
 ョーの最初と最後に出てくるおじさん」程度しか知らず、「史上最大の
 作戦」はテレビで3、4回見たのですが、また見たいなと思いました。
 ご冥福をお祈りいたします。                (み)

 ★「世界大百科事典 第2版 & 百科事典マイペディア with 現代用語
  の基礎知識」が入荷しました!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「世界大百科事典第2版 & 百科事典マイペディアwith現代用語の基礎
 知識」(日立システムアンドサービス刊)、の増刷分が入荷しました。

  「世界大百科事典 第2版 & 百科事典マイペディア
                    with現代用語の基礎知識」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥17,010 ☆☆

 おまけは不要、という方には「大百科」のみの版がお買い得です。

  「CD-ROM 世界大百科事典 第2版」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥14,280 ☆☆
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ トランネット便り 〜 山のようで山でなし

 「今ねぇ、アザブヤマ入口にいるの」? 若い女性が携帯電話を片手に
 そう喋っているのが耳に入ってきた。
 数年前の8月、東京・麻布十番のお祭の日のこと。その女性は、韓国大
 使館のある仙台坂の下の信号名である「麻布山入口」を読み上げていた
 のだった。

 「麻布山」はアザブヤマではなくアザブサンと読む。824年に空海によっ
 て開山されたとされる麻布山善福寺の山号である。
 山号とは、寺院の名に付与される称号。寺院が所在する山の名をそのま
 ま用いているケースもあれば、仏教用語を用いているケースもある。つ
 まりヤマとは関係ない場合もあるのだ。

 以前、イギリス人の翻訳者に和文英訳を依頼した文章の中に、実在の寺
 院の名称が含まれていた。その寺院の山号は地名とは関係のないもので、
 本文では名称の繰り返しをふせぐために山号だけが記されている箇所が
 あった。この翻訳者は、かなり優秀な人物だったのだが、さすがにこの
 ××山が実際の山ではなく、山号だということには気付かなかったよう
 で、Mount ××と訳していた。

 日本人だって、寺院を訪れても、そこの山号について、由来を学んだり、
 考えたりすることは多くはないだろう。いわんや、他の文化圏のバック
 グラウンドを持つ人々が、それぞれの山号の由来を調べていくのには、
 かなりのリサーチが必要となるだろう。ひとつのサイトを読み、もしそ
 こに不分明な箇所があれば、また別のサイトでその解明を求める。さな
 がら、蟻地獄にはまったかのような状態だ。

 しみじみ翻訳は重労働だと思う。

《JAPANESE WRITERS' HOUSE》
   >>海外出版を実現するための著作権プロモーション<<
  【英 語 版】http://www.trannet-japan.com/ep/tjc_top.asp
  【日本語版】https://www2.trannet.co.jp/jwh/jp/jtjc_top.asp

《Publishing House Japan》
   >>作家が出版で世界戦略を立てる、新たな時代の幕開け<<
  http://www.trannet.co.jp/pre_up/web_phj/phj_news.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

『明鏡国語辞典』でお馴染みの大修館書店が「第3回『もっと明鏡』大賞
 みんなで作ろう国語辞典!」の作品を募集しています(9/30締切)。国
 語辞典に載せたい言葉と、その意味、例文を全国の中高生から募集する
 キャンペーンです。気になる言葉を選び、それらに辞書的アプローチで
 意味と解説をつけることで「辞書」を身近に感じてもらおうという企画
 だそうです。

 ちなみに、前回の最優秀作品をいくつかご紹介すると...

 いみひん【意味貧】
  ある言葉についての内容が乏しく、伝えたい内容が十分に伝わらな
  い様子。◆「意味深」の対義語。

 うろわかる
  明確にはわからないが、何となくわかる。

 どせいほんのう【土星本能】
  輪をかけて、話をおおげさにしたがること。

 ひんかく【貧格】
  品位、品格が欠乏していること。

 次点の「オッサン化炭素」「フランシスコ=ザビエーる」になってくる
 ともう完全にダジャレですね。一体どういう風に使うんでしょう!?

                             (竹)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.161 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2008 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る