┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏         No.159/2008.5.30

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  Windows Vista 対応の「OED Ver.3.1.1」発売中  ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃      ★ http://www.tranradar.net/ ★      ┃
   ┃  「ことば」に一家言をもつ人に支えられています   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳/翻訳業界入門−言語による分類   井口 耕二
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ■ トランネット便り 〜 JWH Author's Voice
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ TranRadar バックナンバーブログは↓こちら
  http://tran.blog.shinobi.jp/
 
  ※連載毎に読み返せるので新たな発見があります。
 ※コラムに対するご感想・ご意見お待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ SDL Trados Freelanceを特価で・・・
 当サイトから購入画面に入ると、トラドス(SDL Trados Freelance)を
 トランレーダー特価でお求めいただけます。(SDL International のサ
 イトからのダウンロード販売となります)。
 ご購入・詳細は、↓こちら
 https://www.tranradar.net/trados2007.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ 大好評! Windows Vista 対応の「OED Ver.3.1.1」
 オックスフォード大学出版局KK[発売元] 
 通常価格 60,375円(税込) → TranRadar特価 54,338円(税込)
 お求めは TranRadar電子辞書SHOP http://www.tranradar.net/ まで。  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 仕事としての翻訳
                            井口 耕二
 ●翻訳業界入門−言語による分類

 翻訳する言語という面から翻訳業界を見てみましょう。

「翻訳」ですから、ふたつの言語間を行ったり来たりするわけです。中
 でも日本で取り扱う翻訳といえば、日本語と外国語の間だと考えていい
 でしょう。

 ◎外国語→日本語 vs. 日本語→外国語

 翻訳は、基本的に外国語→母語という方向に行うべきだと言われます。
 人が言語を操る能力は、読んで理解できる範囲よりも書いて表現できる
 範囲のほうが狭いものです。もちろん、母語で理解・表現できる範囲よ
 りも外国語で理解・表現できる範囲のほうが狭くなります。ということ
 はつまり、外国語で理解できる範囲と母語で表現できる範囲ならそれほ
 ど大きな違いにならないかもしれませんが、母語で理解できる範囲と外
 国語で表現できる範囲では後者が格段に小さくなってしまい、伝えるべ
 きことが伝えられずに終わるおそれが大きくなるわけです。

 ただし、日本語が理解できる外国語ネイティブが翻訳の仕事量に対して
 圧倒的に不足しているため、日本語→外国語という翻訳もかなりの部分、
 日本人(日本語ネイティブ)が行い、外国語ネイティブが表現などのチ
 ェックをするという流れで処理されます。

 ◎英語

 仕事量が圧倒的に多いのは英語の仕事です。プロ翻訳者の大半は英語を
 扱っていますし、私が友人と主催している翻訳フォーラムでも話題のほ
 とんどは英語です。

 全体としての仕事量が多いということは、分野別に見てもかなりの仕事
 量があることを意味します。そのため、英語の翻訳者は「自分の専門分
 野はこれとこれ」という具合に、ある程度、仕事の範囲を限定していま
 す。仕事範囲を限定すれば、勉強の蓄積が効いてしだいにハイレベルな
 仕事ができるようになるからです。

 仕事量が多いと同時に、英語は翻訳者もたくさんいます。競争が激しい
 と言ってもいいでしょう。つまり、なにがしかの特長がないと埋もれて
 しまい、「あなたがいなくても困らない」と取引先に思われてしまうお
 それがあります。翻訳者としての特長と言えば、第一はやはり、「この
 分野ならあの人」と思ってもらうことです。英語の翻訳者が専門分野に
 こだわる背景には、このような理由もあります。

 翻訳の方向は、英語→日本語と日本語→英語、いずれも大量にあります。
 英日だけ、日英だけでも翻訳者としてやっていくことが可能です。もち
 ろん、両方向ができればベター。なお、英語への翻訳のほうができる人
 が少ないので、日英が得意なのであればそれを強みにすることもできる
 でしょう。

 ◎中国語

 2008年現在、英語に次いで翻訳需要が旺盛なのは中国語です。日本企業
 が盛んに中国へ進出しており、中国自体も急速に経済が発展して世界へ
 進出しているという状況がありますから、それも当たり前だと言えるで
 しょう。産業翻訳というのは世界的な経済の流れを反映するものですか
 ら。

 仕事量としては、中国語の翻訳を取り扱っている翻訳会社、25社へのア
 ンケート結果として、売上に占める中国語の割合が平均で2割程度だと
 いう記事が『通訳・翻訳ジャーナル』2006年8月号にあります。取扱い
 翻訳会社の平均なので、全体としてはもっと低い割合になるわけで、業
 界全体で2割ではない点に注意が必要です。逆にこれはすでに2年も前の
 データであり、その後、中国語のニーズが増え続けているということも
 考慮すべきでしょう。翻訳会社の方にも話を聞いてみましたが、このと
 ころ、中国語の仕事はどんどん増えているとのことでした。

 そうは言っても、中国語は英語ほどに全体の仕事量が多くありません。
 そのため、「専門分野」として狭い範囲に絞って仕事をするのは困難で
 あり、幅広く対応できる力が求められます。

 ◎その他各国語

 欧州系、アジア系など、おそらくはほぼすべての言語について翻訳の仕
 事があります。ただし、各言語の仕事量は少なく、ひとつの言語だけで
 専業翻訳者としてやっていくのは難しい状況です。そのため、英語など
 の翻訳をしつつ、その他の言語の仕事がくればやるという形が基本にな
 ります。

 こう書くとその他言語は不利なように感じられるかもしれませんが、有
 利な面もあります。マイナーであればあるほど、その言語の仕事が発生
 したとき、ほかの人では対応できないことになります。そのため、その
 ような言語は単価が高めとなる傾向があります。

【著者プロフィール】
  井口 耕二(いのくち・こうじ)a.k.a. Buckeye
  技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、社団法人日本翻訳連盟
  常務理事
  高品質・高価格をめざして翻訳の現場で日々努力するとともに、オン
  ライン・オフラインの各種記事、セミナーなどさまざまな場で翻訳者
  という立場からの提言や主張を行っている。
  著書に『実務翻訳を仕事にする』(宝島社新書)、訳書に『スティー
  ブジョブズ−偶像復活』(東洋経済新報社)、『ウィキノミクス−マ
  スコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』(日経BP社)などが
  ある。
  ホームページURL: http://buckeye.way-nifty.com/translator/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★「世界大百科事典 第2版 & 百科事典マイペディア with 現代用語
  の基礎知識」が増刷されます!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 前号で“完売”と書いた「世界大百科事典第2版 & 百科事典マイペデ
 ィア with 現代用語の基礎知識」(日立システムアンドサービス刊)、
 増刷されることになりました。増刷分は来週入荷する予定です。

 おまけは不要、という方には「大百科」のみの版がお買い得です。こち
 らは在庫がありますのでいつでもご注文OKです。

  「CD-ROM 世界大百科事典 第2版」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥14,280 ☆☆

 ★ Macユーザーで医学関係の仕事が多い方に
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 医学専門の翻訳ソフト「MED-Transer プロフェッショナル for Macintosh」
 が「2008」にバージョンアップされました。新バージョンでは、約6年
 ぶりに改訂された「ステッドマン医学大辞典 改訂第6版」と「ステッド
 マン医学略語辞典」をダブル搭載。Mac OS X 10.5 Leopard にも対応し
 ています。医学翻訳をサポートするすべての機能を網羅したフルスペッ
 ク翻訳ソフトです。

  「MED-Transer 2008 プロフェッショナル for Macintosh」
     ☆☆ 辞書SHOP特価 ¥141,120 ☆☆
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆★☆PR☆★☆

 『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』 価格¥9,600(税込) 
    三谷康之〔著〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007.12 A5・480p

 詳しくは↓をご覧ください
 http://www.nichigai.co.jp/sales/2075-2.html
 イギリス好き、英文学好き、外国映画好き、そして西洋建築好きな方に
 はたまらない1冊です。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ トランネット便り 〜 JWH Author's Voice

 リテラリーエージェントという仕事柄、仕事場にはあらゆるジャンルの
 本が集まってくる。うずたかく積まれた本の中でもひと際存在感を示し
 ているのが、仏文学者で國學院大學名誉教授、花輪莞爾氏が2006年に上
 梓した小説集成、『悪夢百一夜』(ウチヤマ出版)である。

 この書籍を手に取った時は思わず尻込みした。総ページ数1338ページで
 本文二段組。サイズは広辞苑にも引けを取らない。ところがいったん読
 み始めるとぐいぐいと引き込まれ、たちまち虜となってしまった。悲劇
 に翻弄される登場人物たちの葛藤を、ユーモアと恐怖を織り交ぜながら、
 読む者を虚構と現実とが入り混じる不思議な世界に引きずり込む。稀に
 見る現代の奇談、怪談集と見えて、本格文学である。

 この百一の短篇集を毎日一篇ずつ読むことに至福を覚えたため、通勤電
 車の中で読もうと持ち歩いた時期もある。しかし、カバンがまるで羊を
 飲み込んだアナコンダの様相を呈し、おまけに書類も入れられず仕事に
 支障が出るに至ったので、思案したあげく、読書空間を通勤電車から風
 呂場へと変えてみた。電気を消して蝋燭を点し、薄暗い靄が立ち込める
 中でその幻想的な世界をさらに効果的に味わうことに味をしめた筆者は、
 ますますこの物語に捉えられてしまったのである。本書はよく「ヒッチ
 コック劇場」の面白さに例えられることがあるようだが、私たちの潜在
 意識や恐怖感を限りなく刺激してくれるこの花輪莞爾という作家が一体
 どんな人物なのかを知りたい一心で、今月お会いしてきた。

 ▼続きはこちらのhtml版をどうぞ
 http://www.trannet.co.jp/pre_up/web_news/2008/column/authors_voice/hanawa.html

 ▼海外出版を実現するためのプロモーションサイト
【Japanese Writers’House】では花輪莞爾氏の『悪夢百一夜』の版権を
 海外に紹介しています
 http://www.trannet-japan.com/ep/tjc_rights_dtl.asp?rt=R0000061

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 ずっと前の話。電車の中でどこかの予備校の中吊り広告を目にしました。
 次の英文を訳しなさいというもの。東女の英語の入試問題だそうです。

 I enjoy my own company, and feel quite happy about going to the
 cinema or the theatre alone.

 ただし、「私は自分の会社が楽しい...」という訳ではないそうです。
 company をどう解釈するかがミソですが、じーっと数分間凝視しても
 さっぱりわからず。これじゃ東女には受かりません(性別的にも無理)。
 非常に英語っぽい表現です。皆さま、わかりますか?

 続きは次号で。                     (竹)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.159 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2008 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る