┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
       ┏┏┏┏         No.146/2008.1.11

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃      【恒例・冬のセール】開催中です!     ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃        ★ http://www.tranradar.net/ ★          ┃
   ┃    2008年もどうぞよろしくお願いいたします    ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜
 ■ 〈取材〉日本の「本」を米国で出版できるか?
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆TranRadarブログは↓こちら
  http://tran.blog.shinobi.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 Please join us!
      『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』編 Part 3

 いつもはCD-ROM辞書を紹介しているコーナーですが、今回も日外アソシ
 エーツ発行の書籍から抜粋してお送りします。

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 No.144からご紹介してきました『イギリス「窓」事典』、今回は第III
 部 Supplement(補遺)からの抜粋です。第III部の構成は以下の通りです。

 1.Rooms & Windows 「部屋の間取りと窓」
 2.Customs & Expressions about Windows 「窓にまつわる習慣と表現」
 3.History of the Window 「窓の歴史」
 4.Window Tax 「窓税」

 では、お馴染みのクイズ形式です! 
 (1)〜(3)の窓に関する表現は、(a)〜(c)のどの項目に該当するでしょうか。

 (1) Window Tax 

 (2) window cleaner

 (3) sign in the window
  --------------------  
 
 (a) Wallace and Gromit

 (b) VACANCIES

 (c) blind window

 '2.Customs & Expressions about Windows'と'4.Window Tax'からの出
 題です。答えはメルマガの終わりでチェックしてくださいね。
                            (一色)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆★☆PR☆★☆

 『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』 価格¥9,600(税込) 
    三谷康之〔著〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007.12 A5・480p

 詳しくは↓をご覧ください
 http://www.nichigai.co.jp/sales/2075-2.html
 イギリス好き、英文学好き、外国映画好き、そして西洋建築好きな方に
 はたまならない1冊です。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〈取材〉日本の「本」を米国で出版できるか?
                   ――PUBLISHING HOUSE JAPAN

 旧知のTranNetがなにやら新しい事業を始めたというウワサを聞き込み
 ました。どうやらそれは日本語で書かれた「本」を英語に翻訳し米国
 で出版するビジネスだといいます。「本当?」「『日本の本』を米国
 で出版できるの?」といういくつかの「?」マークを抱えつつTranNet
 のある市ヶ谷に向かいました。

 全ての分野に当てはまる話ではありませんが、「本」は書いてお金をも
 らうものではなく、お金を払って書く時代が来ているように思います。
 自費出版というと正直何かしらマイナーな印象を与えます。しかし考え
 てみればそれは決してネガティブなことばかりではありません。
 自著を持つことによって得られる満足感はある種格別なものです。ビジ
 ネスマンであれば自らを売り込む広報手段として「本」ほど効果的な媒
 体はないでしょう。また聞くところによると、自費で出版した「本」を
 自らバンバン販売する強者も少なくないといいます。そうすると費用も
 持ち出しばかりとは限らなくなります。
 さて、なぜTranNetが始めた新事業―日本語で書かれた著作を英語に翻
 訳し米国で出版する―を説明するのにこの様な話から書き始めたかとい
 うと、実はこの事業―PUBLISHING HOUSE JAPANは一種の自費出版だから
 です。

 それでは、PUBLISHING HOUSE JAPANの責任者であるTranNetの近谷さん
 にこの事業についてご説明いただきましょう。

「最初に申し上げなくてはいけないのは、米国出版界における翻訳書の
 売上シェアは大きくないということです。従いまして、版権交渉を米国
 の出版社に持ちかけても色よい反応を得ることはできません。しかしで
 は日本の本がダメかというとそんなことはありません。英語に翻訳した
 ことによって非常に高く評価されるコンテンツは少なくありません。ま
 たそこからロシア、トルコ、ルーマニア、フランス、イタリアと様々な
 国に評価が伝播した例もあります。」

「PUBLISHING HOUSE JAPANは自費出版だからといって、どの様な『本』
 もお受けするわけではありません。ネイティブ翻訳者、編集者、海外出
 版社でチームを編成し、書かれた『本』の内容、著者の持つ世界観と価
 値観が海外市場で受け入れられるものなのかを吟味します。出版計画書
 と目論見書を検討・作成し著者、我々とが合意の上で実行していきます。
 安心いただけるシステムと自負しています。」

 PUBLISHING HOUSE JAPANでは、塗り絵研究の第一人者・金古マサさんの
「ぬりえの心理」(小学館スクエア)の英文翻訳をてがけたそうです。
 ドイツで開かれた「日本のぬりえ展」で同書が紹介され、ぬりえコンテ
 ストや講演会などのイヴェントを通じて日本文化が紹介されました。
 また、NYで開催された「きいちのぬりえ展」では、日本画の筆遣いを
 生かした揺らぎのない線の美しさ、繊細さ、構成力を持って描かれた可
 愛い日本の少女の絵のオリジナリティーが高い評価を受けたといいます。

 米国進出というと野球選手が最近ではもてはやされますが、次は作家と
 なりますでしょうか。

 ☆PUBLISHING HOUSE JAPANについて↓
  http://www.trannet.co.jp/pre_up/web_phj/phj_top.html

                             (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 お正月、過去の連続ドラマ一挙再放送をず〜っと見ていました。その間、
 箱根駅伝も見たかったのでパソコンにテレビを写し、山登りになってか
 らはテレビ画面を2分割にしてチェック。そのうち駅伝がゴールしたの
 で再び1画面にしてドラマ観賞。ふと背後のパソコンを見ると今度はラ
 グビーが写されていました。何もしていないのに、なんとなく忙しい気
 分になったお正月でした。
 ということで、本年も電子辞書SHOPをどうぞよろしくお願いいたします。
                             (み)

 ★「広辞苑 第六版 DVD-ROM版」本日発売です!!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 10年ぶりの大改訂、岩波書店「広辞苑 第六版 DVD-ROM版」が発売され
 ました! 書籍版にはない電子版独自のコンテンツ(動画・音声など)
 も豊富に収録。(み)も早速自宅用に1部購入。帰宅して使ってみるの
 が楽しみです。

  「広辞苑 第六版 DVD-ROM版」 辞書SHOP特価 ¥9,450

 ★「南山堂医学大辞典第19版(電子辞典版)」の取り扱いを開始
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (株)電子辞典の“HD辞典シリーズ”の取り扱いタイトルをいくつか入れ
 換え・追加しました。ポイントは検索ソフトがWindows Vista に対応し
 た“DDviewer Ver.3”がついていること。また、これまで当SHOPにはな
 かったタイトル「南山堂医学大辞典」もおすすめです!
 新しい商品はこちら↓ (価格は税込の辞書SHOP特価です)

 「南山堂医学大辞典第19版 DDv3付き」      ¥20,601
 「リーダーズ英和辞典 第2版+プラス DDv3付き」 ¥18,711
 「新編英和活用大辞典 DDv3付き」        ¥13,986
 「研究社新英和大辞典第6版+新和英大辞典第5版 DDv3付き」
                         ¥25,326
 「類義語使い分け辞典 DDv3付き」        ¥7,371

 ★【恒例!冬のセール】開催中です!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●期間は 2008年2月29日まで
 ●「CD-180万語対訳大辞典」を 25% off
 ●その他の日外のCD-ROM商品を 20% off
 ●SHOP内商品のどれを買っても 送料無料(国内のみ)
 ●期間限定目玉商品はスバリ、「法律系」。1月20日までです!
   「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」
     → \9,450 (25%off) 
   「Legal Transer 2008 プロフェッショナル」
     → \100,800 (25%off) 
   「有斐閣 法律用語辞典 第3版 CD-ROM版」
     → \6,069 (15%off) 
   「模範六法 2007 平成19年版 for Windows」
     → \6,962 (15%off) 
 ―[PR]――――――――――――――――――――――――――――
 ★『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

  ◎本日も、風まかせ!(第38回)『地球温暖化と毛皮問題』

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!◆
  http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 <クイズの答え>

 (1) Window Tax 窓税
 (c) blind window 盲目窓

 ☆17世紀の末から19世紀中葉にかけて、窓は課税(Window Tax)の対象に
 なったが、中流階級には最も荷の重いものであった。そこで、税の対象
 から外す目的で既存の窓を塞ぎ潰す方法も取られた結果によるもの。
 (blind window) ちなみに、こういう処置をされた窓は依然として各地
 に残存している。

  
 (2) window cleaner 窓拭き屋
 (a) Wallace and Gromit ウォレスとグルミット

 ☆窓の種類にかかわらずその汚れ、つまり'dirt'(土ぼこり;ちり)、
 'grime'(煤の汚れ)、'smear'(油汚れ)など、を落として磨くことを仕事
 とする人を指す。

 ☆"Wallace and Gromit" :ニック・パーク監督によるイギリスのアニ
 メーション映画。Wallaceは生計を得る手段としては、この「窓拭き屋」
 もしている。

 ★ウォレスが窓拭き仕事に出かけるシーンは、「ウォレスとグルミット、
 危機一髪 (A Close Shave) 」という映画で見ることができます。昨年
 DVDが発売になった「ひつじのショーン(Shaun the sheep)」もこの映画
 で初登場。

 (3) sign in the window 窓に出される掲示
 (b) VACANCIES 空室あり

 ☆民宿(B&B)などの'VACANCIES(空室あり)'とか'NO VACANCIES(満室)'な
 どと書かれた掲示は、窓のところに吊されたりするのが通例である。

 ★日本でも喫茶店のガラスドアや窓の内側に'OPEN'とか'CLOSED'とか掲
 示板を下げてますね。同じような光景です。

 注)☆:本書からの引用ですが、メルマガ紙面の都合上、一部変更して
         います。
   ★:おまけです。

 さて、3回に渡ってお送りしました『イギリス「窓」事典―文学にみる
 窓文化』ですが、この回でひとまず終わりです。もっとご紹介したかっ
 たのですが、やはり本書で綺麗な写真を眺めながら、お読みいただきた
 く思います。

 こちらのサイトで写真の一部をご紹介しています。
  http://www.nichigai.co.jp/sales/2075-2.html
                  
 ◇『イギリス「窓」事典―文学にみる窓文化』 価格9,600円(税込)
   三谷康之〔著〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007年12月刊行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記 実録・カーナビとの闘い

 正月休みはクルマで関西に行ってきました。古い型のカーナビを頼りに
 した旅ですので色々とfunnyなことが起きます。

 その1)道がない
 道路というものはいつも変わらず同じ場所にあるような印象があります。
 しかし実は想像以上に変わるものです。「この先の信号を右折してくだ
 さい」とのナビの指示。で、曲がろうとすると道がない。で、私も学習
 しますので次に「右折」と言われても、「ふん、どうせ真っ直ぐが正解
 だろ」と無視。しかしそんな時に限ってこの無視で痛い目にあいます。

 その2)近道?
 ナビには設定があります。有料道路 or 一般道優先とか幹線 or 距離優
 先とか。でもA地点までは有料道路で行って、そこから先は一般道でと
 思うこともあります。が、うちのナビにそんな融通はききません。また、
 距離優先にした場合、地元の人も知らないような裏道を教えてくれるこ
 とがあります。この間も、奈良の山の中の(千と千尋の神隠しに出てく
 るような)道をナビしてくれました。けもの道はナビの地図からははず
 して欲しい。

 その3)到着予定時刻
 目的地を設定するとルートとともに到着予定時刻が表示されます。「な
 にっ!家に着くのは23時45分だと?」。そこでなぜだか私の闘志に火が
 つきます。トイレ休憩の回数を減らし、食事もレストランではなく車中
 で済ませ、そしてちょっとばかしスピードを上げて頑張ります。「ガハ
 ハハ。どうだ23時に着いたぞ」。でも45分もタイムを縮めたからといっ
 て、自己ベストを更新したマラソンランナーの様な気持ちに、なるわけ
 はありません。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.146 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2008 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る