┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
       ┏┏┏┏         No.131/2007.5.25

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃        丁寧な対応、こだわりの品揃え       ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃        ★ http://www.tranradar.net/ ★          ┃
   ┃       間口は狭くとも、奥行きのあるお店です        ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜
 ■ 目で見るか、耳から聞くか。――外国語上演の翻訳装置  今井 克佳
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 Please join us!
 「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語 英和・和英」編

 このコーナーでは、CD-ROM辞書(日外アソシエーツ発行)から例文や用
 語を抜粋してご紹介します。

 今回は、「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語 英和・和英」
 を取り上げます。(以下「CD-機械・工学17万語」とします。)

 5月23日、「N700系新幹線」が公開されました。テレビで見ましたが、
 高速走行技術と乗客サービス拡充の集大成のようです。海外のメディア
 ・技術者も注目していることでしょう。といわけで、今回は鉄道用語を
 取り上げてみました。(注:新幹線用語ではありません。)

 (1) まくらぎ

 (2) 制輪子加減装置

 (3) 脱線防止ガード

 英訳はメルマガの終わりでチェックしてくださいね。
                             (一色)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆★☆PR☆★☆

 『英和/和英対訳 最新軍事用語集』 価格¥8,800(税込) 
    金森國臣〔編〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007.2 A5・1,020p

 詳しくは↓をご覧ください
 http://www.tranradar.net/military_terms.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目で見るか、耳から聞くか。――外国語上演の翻訳装置
                            今井 克佳

 ◆考察―外国語上演における翻訳装置

 通常この連載記事は、戯曲の段階で外国語から日本語に(一部逆のもの
 も取り扱ったが)「翻訳」された「翻訳劇」のレビューを書いてきたが、
 今回は、外国語上演における翻訳装置について、考えてみたい。たとえ
 ば、ドイツの劇団が来日し、ドイツ語の演劇上演を日本人に向けて行う、
 という場合である。

 もちろん、ドイツ語が理解できる人はそのまま楽しめばよい。英語など、
 かなり普及している外国語で、なおかつシェイクスピアなどの古典など、
 物語や戯曲をあらかじめ知ることができるものであれば、そのまま楽し
 める人も多いだろう。しかし新作や、あまり上演される機会がないもの、
 そして、たとえばそれが、アラビア語や、タイ語の上演だったら、どう
 だろうか。やはりなんらかの翻訳装置の必要性が高まる。

 外国語上演の翻訳装置として成立しているものは2種類。ひとつはイヤ
 ホンガイド。一つは字幕装置である。

 最近、イヤホンガイドは経費の関係かほとんど使われず、字幕を電光掲
 示板に表示するものがほとんどのように思える。ここ2,3年のことだ。
 字幕表示の技術も、改善されて使用しやすくなったのかもしれない。
 字幕の掲示場所も、縦置きで舞台の両端だったり、舞台奥に横に表示し
 たり、はたまたホリゾント(舞台背景)全体にでかでかと表示したり、
 と様々。またテレビのような長方形のプラズマディスプレイに、複数の
 行や、多言語表示をする場合もある。

 ◆世界各地で上演されている「現代口語演劇」

 先月観た青年団「東京ノート」(駒場アゴラ劇場)。平田オリザが「現
 代口語演劇」のスタイルを確立した記念碑的作品の再演だが、日本語で
 の上演にも関わらず、初演から14年間、世界各地で上演されてきたため
 十数カ国語の字幕がそろっており、日替わりで表示されていた。私が観
 にいった日の字幕はまるで見たことのない言語で、ついに何語か確かめ
 るのを忘れてしまった。「現代口語演劇」といえば「同時多発会話」。
 複数の会話のセリフが同時に語られる。「リアル」さを追求した平田独
 自の形式だ。こうした「同時多発会話」も面積の大きなディスプレイな
 ら、上部と下部に同時に表示することができてしまう。もちろんこれは
 小劇場で字幕が見えやすいということが前提ではあるが。

 平田の劇団「青年団」は字幕上演に、絶対的な自信を持っているようだ。
 「1秒の表示の違いで、客席から笑いが出るかどうか決まる」と平田自
 身が話していたのを聞いたことがある。たしかに昨年、新国立劇場で再
 演された日韓合作「その河を越えて、五月」や、先月の日仏合作「別れ
 の唄」(シアタートラム)の字幕上演はすばらしかった。

 しかし、つい先週観たやはり新国立での中日合作「下周村」は、平田が
 作・演出にからんでいるにも関わらず、中国語のセリフが大量で早口で
 演じられるため、字幕が4行にもわたる抽象語の連続であったりして、
 とても追えるものではなかった。さすがにこれは字幕の限界である。

 また3月に来日したチュニジアのファミリアプロダクション「囚われの
 身体たち」の初日は、字幕のタイミングがめちゃくちゃでかえって内容
 の理解を妨げるようなものだった。一般的な劇場の字幕装置は、基本的
 には字幕が自動的に流れるように設定されていて、タイミングがずれて
 しまったときの調整が手動で行えるようになっているのではないかと思
 われる。多分リハーサルなしのぶっつけ本番だったのかもしれない。こ
 んなこともあるので、実は字幕上演はあまり好きではない。

 ◆イヤホン派?字幕派?

 さて、もうひとつのイヤホンガイドである。歌舞伎座などでも解説用に
 貸し出している、ワイヤレスで音声が聞こえる、あれである。だいたい
 有料+保証金で貸し出され、終演後に回収される。料金はまちまち。直
 近でイヤホンガイドで観た上演は、2005年の新国立劇場に来日した、ベ
 ルリナー・アンサンブルの「アルトゥロ・ウイの興隆」。ブレヒトゆか
 りの劇場、そして故ハイナー・ミューラーの新演出、名優の代表作とい
 うことだったが、客の入りはよくなかった。外国演劇というだけで敬遠
 されてしまうのが悲しいことに現在の日本の状況だと思う。

 イヤホンガイドの長所は、字幕と違って、目は俳優の演技に集中できる
 こと。セリフの方は原語と翻訳語とを両耳から同時に聴くことになるの
 で、原語のほうが聞き取りにくくなるが、字幕を読んでいる間に俳優の
 表情や仕草を見逃した、というようなことがない。翻訳セリフは、俳優
 (声優)がリアルタイムで読み上げている。

「アルトゥロ・ウイ」の「シアタートーク」(上演後に関係者が舞台上
 で懇談し、質問なども受ける)で、司会者がイヤホンガイドと字幕のど
 ちらがよいかと客席に聞いたら、字幕のほうに手を上げた人が多かった。
 私はすごく意外だったのだが、なぜ字幕のほうがよいと思うのだろう?
 単純にお金がかからなくてすむということだろうか。私などは数百円余
 計かかっても、イヤホンガイドのほうが演劇を楽しめると思うのだが。
 なんだか悲しかった。

 2004年、シアターコクーンでの野田秀樹「赤鬼」のロンドン、タイ、日
 本バージョン連続上演の時も、ロンドン、タイバージョンはイヤホンガ
 イドだった。野田自身がイヤホンガイドを推奨したことと、客席が舞台
 を四方から囲む構造だったため、字幕の配置が難しいということもあっ
 ただろう。このときはイヤホンから聞こえるのが、実は野田自身が書い
 たオリジナルの戯曲の言葉に近かったわけだから、面白い体験となった。
 それでも、有名俳優が出演する日本バージョンに比べて、ロンドン、タ
 イバージョンは当日まで席が埋まらないという状況で、当初有料の予定
 だったイヤホンガイドは無料貸し出しに変えられていた。

 このように、イヤホンガイド上演は私の意に反して不評のようなのだ。
 経費や手間がかかる上に不評では続くはずもない。いまやほとんどが字
 幕上演である。つまらん。字幕上演もよくなっているのだろうけれど、
 やはりイヤホンガイドの方が自分はいいのである。

 まあイヤホンだ字幕だという以前に、外国語上演というだけで、敬遠す
 る日本の観客の程度が残念である。演劇はたとえ言語がまったく解せな
 くとも、豊かに伝わるものをもっているはずの芸術なのだから。

【著者プロフィール】
   今井 克佳(いまい・かつよし)
   東洋学園大学・現代経営学部専任講師
   埼玉大学卒業・東京都立大学大学院博士課程満期退学
   専門は日本近代文学・特に詩の分野。
   文学研究の参考にと、古典翻訳劇の上演には長く足を運んできたが
   近年は演劇の面白さにハマり、ジャンルを問わず様々な舞台に出かけ
   ている。
   観劇レビューブログ http://tabla.cocolog-nifty.com/junrei/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★ 「現代用語の基礎知識」の新版が発売されました
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ロゴヴィスタから「現代用語の基礎知識1991〜2007年 - 17年分特別パ
 ック」が発売されました。
 現代日本社会を理解するために必須のこの辞典、今回の版では"1991年
 から2007年まで17年分のデータについて、それぞれ変更された部分を色
 付きで表示できる差分表示機能を搭載。17年分の膨大なデータを今まで
 以上に有効に活用できるので、変遷や歴史がひと目で分かります"とい
 うスグレものです。

  ◆「現代用語の基礎知識1991〜2007年 - 17年分特別パック」
  http://www.tranradar.net/cgi-bin/tran2.cgi?CD-ROM=CD-ROM#008

 ---------------------------------------------------------------
 お買い得案内

 ●MED-Transer 2007 プロフェッショナル for Windows

 MED-Transerは、医学翻訳に特化してチューニングした翻訳エンジンと
 辞書を搭載した医学専門の翻訳ソフトです。新バージョン2007は「ステ
 ッドマン医学大辞典」に加え、「ステッドマン医学略語辞典」を新搭載
 しました。

 詳しくはこちら↓を
 https://www.tranradar.net/cgi-bin/tran2.cgi?SOFTWARE=SOFTWARE

 ―[PR]――――――――――――――――――――――――――――
 ★『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!◆
  http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 <英訳>

 (1) まくらぎ
    cross tie [88E1001・鉄道線路],
    sleeper / tie [88E1001・鉄道線路][01E1001・鉄道線路],
    crossite [機械]

 (2) 制輪子加減装置
    brake shoe adjusting device
    [88E4001・鉄道車両][99E4001・鉄道車両]

 (3) 脱線防止ガード
    derailment prevention guard [88E1001・鉄道線路]

 ※[ ]内は、典拠と分野名。
 典拠:6桁の英数字→JIS用語

 先日、福岡で地下鉄に乗りました。東京からはるばる福岡に来たのに、
 乗っていて違和感がない。なぜだろう・・と考えていたら、電車の発車
 時に解決しました。東急東横線の車両とモーター音が似てる! 

 電車のモータ音を集めたサイトはこちら。(愛好家のサイトです。)
 http://www.geocities.jp/trainmotorsound/

 ◇「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語 英和・和英」の詳細はこちら。
   http://www.tranradar.net/cd-kikai17_2.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記
 
 さる翻訳会社の方と話をしていたら、「翻訳者には教養が求められる」
 と仰っておられた。英語・日本語ができるのは当たり前。しかし語られ
 ている内容に対する教養・知識がなければ適切な訳を思い浮かべること
 ができないというのだ。ナルホド。
 ところで、売上状況を見つつ「ひじょ〜に、キビシーっ」と財津一郎ば
 りに叫んだ私を、「なにそれ?」といった顔でキョトンと見たバイトの
 平本くん。
 おやぢと付き合うのにも教養が必要なのだよ。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.131 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2007 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る