┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
       ┏┏┏┏         No.126/2007.3.23

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃    春本番も間近。辞書をそろえて気分一新!    ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃  * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃        ★ http://www.tranradar.net/ ★          ┃
   ┃     セイコーIC辞書の新モデルが出ました!     ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜
 ■ 出会い系演劇?との出会い              今井 克佳
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ■ O.E.D.を引こう!   <軍事用語の対訳の妙>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 Please join us!
          「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」編

 このコーナーでは、CD-ROM辞書(日外アソシエーツ発行)から例文や用
 語を抜粋してご紹介します。

 最近、卒業式を迎えた女学生を多く見かけます。綺麗な袴姿が冬の終わ
 りを告げ、街に彩りを添えてくれているような気がします。一方、ビジ
 ネスの世界では年度末を迎えています。小社でもオンライン情報サービ
 スのご契約更新の依頼を多数いただいております。というわけで、今回
 は「契約」関連の用語をチェックしました。

 (1) binder

 (2) conditional contract

 (3) provisional agreement

  日本語訳はメルマガの終わりでチェックしてくださいね。

 日外アソシエーツのオンライン情報サービスはこちらから。
 http://www.nichigai.co.jp/database/index.html

                             (一色)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆☆☆PR☆☆☆

 『英和/和英対訳 最新軍事用語集』 価格¥8,800(税込) 
    金森國臣〔編〕 日外アソシエーツ〔発行〕 2007.2 A5・1,020p

 独自の訳語が多い軍事・防衛関係の用語を英和38,718語/和英39,703語
 収録した英和・和英対訳辞典。軍事関係の専門用語はもちろん、一般的
 な単語であっても軍事に特化した訳語を持つものや、関連領域の単語ま
 で幅広く収録。同じ単語でも使われる機関・団体によって訳語が異なる
 場合は、その機関・団体名まで明記。
 
 詳しくは↓をご覧ください
 http://www.tranradar.net/military_terms.html

 〈「軍事用語」営業トピックス〉
 防衛省初のオフィシャルマガジンに『MamoR(マモル)』という雑
 誌が。広告媒体としてどうか検討するために購入。「ミリキャラ占い」
 にはまる。ちなみに(青)はイージス艦、(み)は救難機とでた。ほか
 にも「激辛弾搭載!炎の大作戦」なるまんじゅう&だんごセット(中に
 各1個激辛が混入)の紹介記事でのけぞる。駐屯地・基地だけで買える
 のだとか。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 出会い系演劇?との出会い
   ―「ヒステリア」と「コペンハーゲン」
                            今井 克佳

 出会い系と言ってももちろんそういうことではない。それに、たまたま
 2つ続いただけである。つまりは、「歴史的人物同士の出会い」をモチ
 ーフにした翻訳劇を偶然にも2つ続けて観たということなのだ。

 1つ目はシアタートラムで上演された白井晃演出「ヒステリア」。1939
 年にロンドンに亡命していた晩年の精神分析学者フロイトを、シュール
 レアリズムの画家ダリが訪ねた、という事実をもとにイギリスの劇作家、
 テリー・ジョンソンが書いた「喜劇」である。 

 フロイトは串田和美、気難しい老学者の風貌と雰囲気を非常によく出し
 ていた。ダリは演出も兼ねる白井晃。ぶっとんだ変わり者をコミカルに
 演じていてギョロ目をひんむくところなどはステレオタイプではあるが
 笑ってしまう。ダリのセリフはもともとスペイン語なまりの英語で書か
 れているそうなのだが、たどたどしい、不思議なカタコトの日本語とな
 っていた。フロイトのもとを訪れる謎の女性(元患者の娘)には荻野目
 慶子。「喜劇」というふれこみではあるが笑える場面はそう多くなく、
 むしろフロイトのヒステリー分析の話が中心なので女性の幼児期のトラ
 ウマなど、ドロドロした話が多い。

 客席200余の「小劇場」といえるシアタートラムの舞台と客席の幅が通
 常より、さらに狭く設定されており、リアルに作られた、額縁舞台(フ
 ロイトの書斎)は天井の方が高く、縦長に見える。物語が進むにつれて、
 この話自体が、末期の舌ガンの痛みを抑えるためのモルヒネが、フロイ
 トに見せた幻覚ではないかと疑われてくる。やがて、この縦長の舞台が
 左右に揺れ始める(劇中で言及されるチャップリンの映画の移民船の場
 面にヒントを得ているのだろう)。さらにダリの絵画をモチーフにした
 歪んだ物体の映像が映写され、幻覚感を増幅させる。決して後味のよい
 話ではなかったが、あいかわらず才長けた白井演出を堪能できた。

 2つ目は、新国立劇場での「コペンハーゲン」。やはりイギリスの劇作
 家マイケル・フレインが98年に発表し、2001年に新国立で日本初演され、
 数々の演劇賞を受賞した作品で今回は再演。 

 ダリがフロイトを訪ねた二年後、1941年、ナチス占領下のデンマーク、
 コペンハーゲン。ユダヤ系で、量子物理学の大家、ボーア(村井国夫)
 のもとに、以前ともに「コペンハーゲン解釈」を生み出した弟子で、現
 在はドイツ物理学会の要職にある、ハイゼンベルク(今井朋彦)が訪問
 する。この史実がもとになって、この二人に、ボーアの妻マルガレーテ
 (新井純)を加えた登場人物が、死後の世界から、回想シーンを演じた
 り、ト書きを話したりしながらの3時間。 

 「ヒステリア」がまったく異業種の二人だったのに対して、こちらはか
 つての師弟関係、同業者だ。「ヒステリア」が演出の面白さなら、こち
 らは、言葉、言葉、言葉。フレインは「うら騒ぎ・ノイゼズオフ」(同
 じく新国立劇場で2005年に白井晃が演出)のような喜劇も書くが、これ
 は、がっつりしたセリフ劇。おまけに、量子物理学や核開発の専門用語
 が飛び交い、それらが、性格や生き方の比喩としても使われるため、な
 かなか難解である。 

 二人の性格と人生が長期にわたり俯瞰される。科学者の知的好奇心、世
 俗欲、競争心、などなど人間くささが描かれ、背景として、ハムレット
 に出てくるエルシノア城、ドイツの田園風景や戦場と化した廃墟なども
 語られる。

 しかし、彼らが携わったのは人類史上最初の核兵器開発。一人は失敗し、
 一人は成功者の側につく。つまり、ドイツとアメリカの核開発、そして
 その結果としての広島・長崎である。劇中には広島・長崎が数回、言及
 されるが、残念ながら目はそちらには向ききってはいない。日本人とし
 ては少し不満が残る。主眼は、ハイゼンベルクのボーア訪問の意図はな
 んだったのか、という謎解きだ。 

 膨大なセリフをこなした今井、村井に拍手。抽象的な舞台美術やときお
 り流れるクラシック音楽も美しかった。同じイギリス人が書いた二つの
 作品で邂逅する歴史的人物たち。時代はどちらも第二次大戦の最中。そ
 の出会いは化学反応を起こし、ドラマが生まれる。不思議な共通点と対
 比は面白く、この二つの作品が前後して東京で上演され、それを観るこ
 とが出来たのもまたひとつの「出会い」として感謝したくなった。

 上演情報
 「ヒステリア―あるいは、ある強迫神経症の分析の断片」
  シアタートラム 2007年2月13日〜3月3日
 作:テリー・ジョンソン  
 翻訳:小宮山智津子  
 演出・上演台本:白井晃
 出演:串田和美 荻野目慶子 あさひ7オユキ 白井晃 
 http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/jouhou/06-2-4-58.html

 「コペンハーゲン」新国立劇場小劇場 2007年3月1日〜18日
 作:マイケル・フレイン  
 翻訳:平川大作  
 演出:鵜山 仁
 出演:村井国夫 新井 純 今井朋彦
 http://www.nntt.jac.go.jp/frecord/updata/20000010.html


【著者プロフィール】
   今井 克佳(いまい・かつよし)
   東洋学園大学・現代経営学部専任講師
   埼玉大学卒業・東京都立大学大学院博士課程満期退学
   専門は日本近代文学・特に詩の分野。
   文学研究の参考にと、古典翻訳劇の上演には長く足を運んできたが
   近年は演劇の面白さにハマり、ジャンルを問わず様々な舞台に出かけ
   ている。
   観劇レビューブログ http://tabla.cocolog-nifty.com/junrei/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★ セイコーインスツルからIC辞書の新顔登場
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「180万語対訳大辞典 英和・和英」に加え、「人文社会37万語対訳大辞
 典」を業界で初めて収録したIC辞書「SR-E8600」が発売されました。
 日外アソシエーツの上記辞書のほか、定番の「リーダーズ」「ジーニア
 ス」、日本経済新聞社の経済関係専門用語辞典、新TOEIC テストに対応
 したコンテンツなども収録した、ビジネスマンの強力な助っ人です。

 ◆「セイコーIC辞書 SR-E8600」¥39,800 (税込)
  http://www.tranradar.net/ic-dictionary/sr-e8600.html

 また、このあと“うんのさんの辞書”や小学館の「ランダムハウス」を
 収録した「SR-G9000」も発売予定です。お楽しみに!

 ★「CD-ROM 世界大百科事典 第2版」の新版が発売されました
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 百科事典のロングセラーにして当SHOPでも絶大な人気を誇る、平凡社・
 世界大百科のCD-ROM版が「世界大百科事典第2版 & 百科事典マイペデ
 ィアwith現代用語の基礎知識」として新たに発売されました。百科事典
 本体の内容は1998年編集時点のものですが、新しい事項は付録の「マイ
 ペディア&現代用語」でしっかり補完。
 また、付録部分がご不要な方には、「大百科」のみの前版も引き続き
 15% offにて販売中です。

 ◆「世界大百科事典第2版 & 百科事典マイペディア
   with現代用語の基礎知識」¥17,010 (税込)
  https://www.tranradar.net/cgi-bin/tran2.cgi?CD-ROM=CD-ROM
 ◆「CD-ROM 世界大百科事典 第2版」¥14,280 (税込)
  http://www.tranradar.net/encyclopedia/ency2.html

 ―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
 ★『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

 ◎知的バラエティコラム/本日も、風まかせ(坂本あおい)
  ⇒第29回『世界のキタノの本当の実力』

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!◆
 http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ O.E.D.を引こう!   <軍事用語の対訳の妙>

 ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、日外アソシエーツではこの
 2月に『英和/和英対訳 最新軍事用語集』(定価8,800円)という、少し
 毛色の異なる対訳辞典を刊行しました。さる筋の話によると、9.11テロ
 事件以来、米国の軍需産業のWebサイトから相当量の情報が削除されて
 しまった現在、1000頁を超えるボリュームの“紙”の用語集の出版意義
 は大きいとのこと。翻訳業の皆さんには是非、手に取って買っていただ
 きたい書籍ですが、少なくとも本書が図書館に保管されれば、現時点に
 おける軍事用語をずっと後世まで記録に留めることができます(最寄り
 の図書館に購入リクエストをっ!)。

 さて、本書の帯にある謳い文句(自衛隊特有の言い回しに対応)に面白
 い事例が載っています。“destroyer”は一体、何と訳されるでしょう。
 モチロン、力道山や馬場と死闘を繰り広げた白覆面レスラーのことでは
 ありません。手元の英和辞典(研究社)を紐解くと「駆逐艦」とありま
 す。1928年の刊行物である『NEW斎藤和英大辞典』(復刻版)でも「駆逐
 艦」として見出しが立っていますので、相当、古い訳語です。しかし、
『最新軍事用語集』によると、海上自衛隊ではこれに「護衛艦」という
 訳語を当てているそうです。

 軍隊を持たない日本において、やっぱり「駆逐艦」はマズいのでしょう
 か。“destroyer”の語義を O.E.D. Ver.3.1 で引いてみました。

 destroyer,
   b. A type of small, fast warship armed with guns, torpedoes,
   etc., used for escort-work, attacking submarines, etc., orig.
   built for attacking torpedo-boats. Also attrib. and Comb.,
   spec. in destroyer-escort (chiefly U.S.), a small destroyer;
   destroyer-leader U.S., a large destroyer.
   Destroyer was the proper name of an American torpedo-boat in
   1882 (see Leisure Hour, 1882, 637/2, quoting Brooklyn Eagle).

「主砲や爆雷を備えた小型の高速戦艦」とのこと。元々、水雷艇を撃破
 するために作られ、対潜水艦戦の主力となったようですが、“escort-
 work”にも使われるとありますので、この辺りから「護衛艦」という
 訳語が導き出されるのでしょうか。しかしまあ、呼び名はどうあれ、
 自衛隊が“destroyer”を保有しているというのは事実です。

 ちなみに「自衛隊」の英語の正式名称は“Japan Self-Defense Forces
(JSDF)”ですが、海外メディアでは“Japanese Army”“Japanese Air
 Force”“Japanese Navy”などと呼ばれることも多いとか。実際、2003
 年、時の小泉総理大臣は「実質的に自衛隊は軍隊である。」と明言して
 います。そして、日本の軍事予算は世界第6位(2005年度、GDP比1%)。
 予算面では、立派な軍事大国のひとつと言えそうです。「美しい国」
「愛国心」といった心地よいコトバが一人歩きして、焦臭い方向へ突っ
 走らなければいいのですが...。

 ところで、本書の企画者は、営業本部に帰ってきた(青)氏。レイバーン
 のサングラスと迷彩服に身を包み、自ら『最新軍事用語集』を売り歩く
 毎日です。

 【英和/和英対訳 最新軍事用集】
  http://www.tranradar.net/military_terms.html
 【ご注文はこちら】
  https://www.tranradar.net/cgi-bin/tran2.cgi?BOOK=BOOK
                             (竹)
 ----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.1 のガイド】
 → http://www.tranradar.net/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Shorter Oxford English Dictionary on CD-ROM Version 2.0 案内】
 → http://www.tranradar.net/soed_v2.html

【CD-NEW斎藤和英大辞典】
 → http://www.tranradar.net/saito.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 〜Nichigai Introduction Party〜 <日本語訳>
 
 訳語は全部「仮契約」です。

 (1) binder
    仮契約 [ビジネス]
    ※この用語は他の訳語も収録されています。 

 (2) conditional contract
    仮契約 [ビジネス]
    条件付契約 [95IP・ビジネス][法律]

 (3) provisional agreement
    仮契約 [95IP・ビジネス]

 ※[ ] 内は、分野名

 ちなみに、"firm contract"は確定契約、"firm offer"は確定注文です。
 たくさんのご契約確定に感謝の日々を過ごしております。

「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」で「契約」をキーワード
 にして全文検索すると、英和・和英合わせて3618項目ヒットします。
 複合語も一目で参照できます。

 ◇「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」の詳細はこちら。
  http://www.tranradar.net/cd-bzlaw16_2.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後 記

 自動車保険が安くなる、ネットで簡単に見積もりがとれるというので試
 してみた。ところが「お見積りの前に」というアンケートで引っかかっ
 てしまい先に進めない。
 〈第1問〉お見積りをご希望のお車は、ご登録者本人または配偶者、同
 居の親族の方を契約者とした自動車保険に加入していますか?
 「お車」様が「お見積り」を「ご希望」?そりゃ自動車保険だけど主体
 は人間だろ、などと毒づきつつ私の知能では何をお尋ねなのか理解でき
 ない。
 更に難問が突きつけられる。
 〈第5問〉主に運転される方(記名被保険者)は、現在ご加入の自動車
 保険と記名被保険者が同一(配偶者、同居の親族を含む)ですか?
 ことここに至り私(=主に運転される方)は諦めた。
 いまの(日本の)保険会社と契約を更新しよう。
 「ハロー〜スイス♪」はもう少し日本語を勉強して欲しい。
                              (青)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

 または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
 直接ご連絡いただいても手続きができます。

 ★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
  →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
 を教えてあげてください。

 なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
  →http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
 No.126 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
  tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
  http://www.nichigai.co.jp/
 ※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
 【バックナンバー】
  http://www.tranradar.net/mail_mag/index.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイトを
 利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一切の
 賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に掲載された
 記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
 許可の無い転載は禁止いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyrights (c) 2007 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る