┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏     No.100/2006.2.24

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃       そうだ! OEDを買おう!       ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
   ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力 13          今井克佳
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ■ O.E.D.を引こう!   <義理>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■イギリス演劇も「まつり」になる?
   -- テレンス・ラティガン『セパレート・テーブルズ』
 
 昨年の秋から冬にかけて、イギリスの劇作家テレンス・ラティガンの作
 品が連続上演された。鈴木裕美主宰の〈自転車キンクリーツカンパニー〉
 による「自転車キンクリートSTORE」公演である。“ラティガンまつり”
 と称したこの公演は、〈燐光群〉主宰の坂手洋二、〈劇団M.O.P.〉主宰
 のマキノノゾミ、そして鈴木裕美自身という小劇場界の有名どころが、
 それぞれの演出を担当するというものだった。

 普段見慣れている舞台で目をひく俳優たちが大挙して出演していること
 や、第1作の演出家坂手洋二が第3作に俳優として出演するという話題な
 どにひかれた。9月に幕が開いた1作目『ウィンズロウ・ボーイ』は、
 はじめこそ入りが悪かったようだが、友人にすすめられて足を運んでみ
 た後半にはすでに客席は満杯になっていた。

 この『ウィンズロウ・ボーイ』も、10月の『ブラウニング・バージョン』
 (鈴木裕美演出)も実に面白かった。テレンス・ラティガン Terence 
 Rattigan(1911-1977)は1940〜50年代イギリス演劇界の第一人者と呼ば
 れたヒットメーカーで、喜劇からシリアスドラマまで、幅広く作品を遺
 した劇作家とのこと。

 前の2作があまりによかったため、不安と期待をいだきながら、師走の
 新宿へ出向いた。3作目、『セパレート・テーブルズ』である。上演時
 間は休憩を挟んで3時間を越えた。というのも、この作品は、郊外のホ
 テルと、女支配人、長期滞在する老人たちという「背景」を同一にしな
 がら、時を異にして、中心となる二人の登場人物は第一部と第二部で異
 なるという作りなのだ。

 第一部、ジョー・マルカムという飲んだくれのジャーナリスト(坂手洋
 二)は、ホテルにやってきたシャングラント夫人(神野三鈴)が、暴力沙
 汰の末に別れた昔の妻であると気づく。夫人は後に結婚した金持ちのも
 とで不自由なく暮らしているが、幸せではなくモデルとしての容貌の衰
 えに恐怖を感じている。マルカムもまた孤独な日々を送っている。

 演出家坂手が(昔は舞台に出ていたようだが)素人臭くない、重厚な演技
 を披露したことに驚いたが、受ける神野がさらによい。こまつ座で、コ
 ミカルな演技しか見ていなかったのだが、11月の新国立劇場『屋上庭園/
 動員挿話』に続いて、素晴らしい演技だった。中年に近づいた切ない女
 性の心を、その不思議とよく通る声の響きによって、客席まで浸透させ
 た。私は、ひそかに昨年の極私的主演女優賞を神野に与えることにした。

 第二部、レールトンベル夫人の娘シビル(山田まりや)は30歳を過ぎても、
 病気がちで働けず、母とともにホテルに長期滞在している。今でいうひ
 きこもりかニートのような女性だ。彼女は陽気な退役軍人ポロックに好
 意を寄せているのだが、ポロックは街の映画館で痴漢まがいの行為をし
 て、新聞沙汰になってしまう。レールトンベルは滞在者を代表して、
 ポロックを追い出すように支配人に詰め寄る。

 ここではやはり山田まりやだ。グラビアアイドル出身でバラエティーや
 商業演劇では天真爛漫なキャラクターを演じることが多い彼女が、暗く、
 話すのもおぼつかないような正反対ともいえる役を、実にうまくこなし
 ていた。これだけ演技の幅を持つ女優になっていたのかとこれも驚いた。
 他にも前後半を通して、凛とした支配人を演じた久世星佳、エキセント
 リックな老婦人の南谷朝子など、印象深い演技者が多く、上演時間の長
 さを感じさせなかった。

 ただ、第二部でポロックが犯す性的犯罪に対する作品自体の結末がしめ
 す価値観(結局許す、ということ)は、破廉恥な行為の続発する現代の目
 からすると、全面的には受け入れがたいという気もするのだが、このあ
 たりは時代との関連をもう少し精査すべき事柄なのかもしれない。

 いずれにせよ、ラティガンは、人間の持つ弱さ、過去に陥った過ちのゆ
 えの苦しみに、深く共感し、そこから再び立ち上がろうとする意志に、
 それがどんなに小さなものであろうと希望をおいている。そうしたこと
 が、大上段に「クサく」叫ばれるのではなく、さりげなく、しかし力強
 く語られているのだ。いくつかの欠点はみられたものの、「ラティガン
 まつり」3作の上演は、2005年の翻訳劇上演のなかでも出色の出来で、
 とても満足したのであった。

 ホテルの食堂のそれぞれのテーブルに点されたローソクの灯りが、暗転
 とともに消えていく美しい幕切れが今も心に残っている。

 ---------------------------------------------
 上演記録
 自転車キンクリートSTORE『セパレート・テーブルズ』
 2005年12月15日(木)〜23日(金)
 全労済ホール/スペース・ゼロ
 作:テレンス・ラティガン
 翻訳・演出:マキノノゾミ
 http://www.jitekin.com/html/kouen-joho.html

 【著者プロフィール】
   今井 克佳(いまい かつよし)
   東洋学園大学・現代経営学部専任講師
   埼玉大学卒業・東京都立大学大学院博士課程満期退学
   専門は日本近代文学・特に詩の分野。
   文学研究の参考にと、古典翻訳劇の上演には長く足を運んできたが
   近年は演劇の面白さにハマり、ジャンルを問わず様々な舞台に出か
    けている。
    観劇レビューブログ http://tabla.cocolog-nifty.com/junrei/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★「OEDを引こう!」(ペーパー版)プレゼント
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 前号でご紹介した「OEDを引こう!」のペーパー版、読んでくださっ
 た方から“今まで気づかなかった検索方法がわかった”等のご感想をい
 ただきました。2004年1月発行なので、内容に若干古さはありますが、
 OEDの魅力や検索テクニックを広くご紹介しています。ご希望の方は、
 お届け先ご住所、お名前を明記の上、Email(tran@nichigai.co.jp)にて
 お申込みください。
 OEDを新規ご購入のお客様には、もれなくペーパー版をさしあげます。

 ◆「Oxford English Dictionary(OED on CD-ROM)Ver.3.1」
   通常価格60,375円(税込) → 特価54,338円(税込) 
  http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

 ★「PAT-Transer for Windows」がバージョンアップ!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 特許文に特化した翻訳ソフトの「PAT-Transer for Windows」が「V8」
 にバージョンアップされました。インターフェースを改善し、辞書を更
 に充実。パトリス辞書をセットした「PATOLIS-Transer for Windows」
 は「V3」に。こちらは「パトリス辞書」の内容もグレードアップされて
 います。
 
 ◆「PAT-Transer V8 for Windows」
   通常価格207,900円(税込) → 特価174,636円(税込) 
 ◆「PATOLIS-Transer V3 for Windows」
   通常価格260,400円(税込) → 特価234,360円(税込) 
  http://www.nichigai.co.jp/translator/software/index.html

 専門用語をすばやく確認するには、こちらもどうぞ。
 ◆「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」
   通常価格12,600円(税込) → 特価11,340円(税込) 
  http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-bzlaw16_2.html

 ------------------------------------------------------------
 冬季オリンピックの「カーリング」、名前は知っていたけれど、どんな
 競技か全くわかっていませんでした。それが、今大会の日本女子チーム
 の活躍でずいぶんわかってきました。
 ところが、イギリス戦のライブ中継を見ていたら、最終回(?)の第10エ
 ンドを行わずに試合終了。あとでニュースを見ると「ギブアップ」だっ
 たらしい。それって野球の「コールド・ゲーム」みたいなもの? と疑
 問がわいたので、早速ネットであれこれ検索してみました。
 ところが、カーリングのルール解説はたくさんあるのですが、「ギブア
 ップ」について解説しているものは全く見つかりません。競技結果を伝
 える記事にはさかんに使われているのに‥
 結局、家人も巻き込んであれこれ調べた結果、「もうこれ以上やっても
 逆転できない」と判断したら、潔く負けを認め、そこで試合が終わりに
 なる、ということのようでした(将棋の“投了”と同じようなものです
 ね)。
 ネット上には情報があふれているのに、意外に知りたいことがすぐには
 わからない、ということを実感した一件でした。       (み)

 ―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
 ☆『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

 ◎知的バラエティコラム/本日も、風まかせ(坂本あおい)
  ⇒第17回「30歳をむかえる人への10の質問」

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!/
            冬季オリンピック 伝説の人を探そう!◆
  http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html
 ------------------------------------------------------------
 携帯公式メニュー ⇒ 辞書/便利ツール ⇒ JLogos(ジェイロゴス)
 ------------------------------------------------------------
 厳選の50冊、200万語の辞書群、使い放題で月額たったの300円!
 ビジネス技術実用英語大辞典(海野さんの辞書)など日外アソシエーツ
 の辞書十数点収録。
 詳細はこちら:http://www.nichigai.co.jp/database/jlogos.html
   [JLogos] http://www.jlogos.com/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ O.E.D.を引こう!   <義理>
 
「俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ わかあっちゃいるんだ妹よ♪」

 昨年、NHK BS 2 で映画『男はつらいよ』シリーズが放映されてました。
 テキ屋稼業で全国を渡り歩く渡世人・車寅次郎の落ちこぼれ人生を描い
 た悲喜劇。照れ屋で口は悪いが、義理と人情には厚い寅さんの憎めない
 キャラに私たちは笑い、魅了されます。

「義理」を広辞苑(第五版)で調べると次のように出ていました。

 (1) 物事の正しい道筋。道理。
 (2) (儒教で説く)人のふみ行うべき正しい道。
 (3) 特に江戸時代以降、人が他に対し、交際上のいろいろな関係から、
   いやでも務めなければならない行為やものごと。体面。面目。情誼。

 寅さんでいうところの「義理」とは(3)の意味ですね。封建社会の中で
 育まれた「義理」は日本人の人間関係の中で最も重視される行動規範で、
 人に受けた恩義に報いるべしという不文律です。報恩が時に個人的欲望
 や快楽を犠牲にすることもあり、欧米の経済活動の原理とは相反する日
 本特有のものでしょう。

 OEDには「恩」という日本語がそのまま見出し語として立っています。
 初出は1946年、ベネディクト女史の『菊と刀』です。

 On
 [Jap.] 
 In feudal or prewar Japan, the sense of deep gratitude with an 
 obligation or duty of service towards often highly formalized 
 favours, as towards one's parents, teachers, lords, or the
 Emperor.

 1946 R. Benedict Chrysanthemum & Sword (1947) v. 99 The word for 
 'obligations' which covers a person's indebtedness from greatest 
 to least is on... On is in all its uses a load, an indebtedness, 
 a burden, which one carries as best one may.  Ibid. 101 On is 
 always used in this sense of limitless devotion when it is used 
 of one's first and greatest indebtedness, one's 'Imperial on'. 
 This is one's debt to the Emperor, which one should receive with
 unfathomable gratitude... Every kamikaze pilot of a suicide
 plane was, they said, repaying his Imperial on.

 神風特攻隊が最期に叫んだ言葉は「天皇陛下万歳!」ではなく「おっ母
 さん!」だったとも言われますが...報恩という他国にはない強い不文
 律があったことは紛れもない事実でしょう。

 また、彼女は『菊と刀』の中で、

> 中国語にも日本語にも‘obligation' を意味する多くの言葉がある。
> これらの言葉は同意語ではなく、それらがもっている特殊の意味は
> 正確には英語に翻訳できない。なぜなら、それらの語が表現している
> 観念は我々が知らないものであるからである。

 と述べています。日本語の「義理」と英語の obligation や duty は
 義務(感)のニュアンスが少し違うようです。そういえば、2/12の毎日新
 聞「余録」にこんなエピソードが載ってました。

 終戦直後、上海の在留日本人が着の身着のままで引き揚げた時のこと。
「船に乗り込む日本人の先頭はヤクザの親分だった。そいつの指揮で、
 女と子供を先に立て、男たちを後にして、秩序整然と列を作って帰って
 いった」そうです。混乱のどん底の中でも誰に言われることなく、自然
 と集団の中で自分に課せられた役割を認識し全うしようとする無形の力
 こそ「義理」と呼ばれるものではないでしょうか。その姿を目にした中
 国人は「日本人は戦争に敗れたが、復興の活力を持っている、あなどっ
 てはいけない」と直感的に思ったそうです。

 「義理」「人情」の日米の差異については、アメリカンニューシネマの
 傑作『スケアクロウ』(1973) の話も交えて、もう少し掘り下げてみた
 いところですが、片手間仕事によりタイムアップです。いずれまた。

 閑話休題。『男はつらいよ』が初めて公開されたのは1969年のこと。
 1968年に日本の国民総生産(GNP)が世界第2位に達し、ちょうど高度経
 済成長期のピークだったにも関わらず、寅さん映画の根底には、ある種
 の諦観が漂うような気がしてなりません。人生、自分の意志一つでは
 どうにもならないこともある...それでも焦らず腐らず諦めずに歩いて
 いこう。ちょっと寂しげな寅さんの後ろ姿には、そういう屈折した「男
 の美学」が感じられるのです。これは、戦後、豊かさを求めて馬車馬の
 ごとくがむしゃらに働いてきた日本人に共通する一抹の空虚感の現れで
 しょうか。何も持たず裸一貫で飄々とわが道をゆく寅次郎の姿に懐かし
 さと憧れを覚える私です。
 
 あるいは、寅さん映画にはもっと大きな、日本文化の根底に流れる無常
 観が描かれているのかもしれません。

 大坂の陣の時、「六文銭」の旗印の下、真田幸村は敢えて勝算のない
 秀頼方に付き、強大な徳川軍を敵に回しました。功利(合理)主義的発
 想では行き着かない誠に理不尽で馬鹿げた選択ですが、われわれ日本人
 は、大義のために命を賭す幸村の生き様を「潔し」とする「滅びの美学」
 を無意識レベルで共有しているように思います。判官贔屓と呼ばれるか
 もしれませんが、それは無常観に繋がる感性でしょう。
 
 あの時代の寵児ホリエモンも塀の中へ。驕れる者久しからず、ただ春の
 夜の夢の如し。時代が変われど、盛者必衰の理は不動ですね。

 ところで、寅さん映画のエンディングに流れる歌の1フレーズが耳に残
 って離れません。やっぱり寅さんにはこういう発破をかけてもらいたい
 ものです。兄(あん)ちゃん、頑張んなよ。


「どぶに落ちても根のある奴は いつかは蓮(はちす)の花と咲く♪」


                              (竹)
 -------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Shorter Oxford English Dictionary on CD-ROM Version 2.0 案内】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/soed_v2.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■後記

 100号達成です。なかなかに感慨深いものがあります。
 以前、当メルマガについて、「商売っ気たっぷりでありながら、それを
 必死に押し隠そうとしているところがいい」とコメントいただいたこと
 があります。これまさに図星でありました。
 今後も商魂たくましく、されどさりげなく。
 200号目指して頑張ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

                                                       (青)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.100 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2006 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る