┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏     No.94/2005.11.25

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ 読書の秋です、辞書を揃えて原書を楽しみませんか〜♪ ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
   ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ 翻訳読書ノート25 「数学世界への招待状」       北田敬子
 ■ 翻訳業界雑記 第23回                吉野 陽
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■  翻訳読書ノート25 「数学世界への招待状」
                             北田敬子

 新潮クレスト・ブックスの中に『素数の音楽』(マーカス・デュ・ソー
 トイ著 富永 星 訳 新潮社 2005)を見つけた時、これは海外の翻訳小説
 の為のシリーズだと思いこんでいたので驚いた。帯の「小川洋子さん、
 絶賛」というコピーを見て、「なるほど、『博士の愛した数式』効果か」、
 とある程度納得がいった。このシリーズに本書が含められた意図がよく
 分かったのは読了してからだと思う。素数の謎をめぐる数学者たちの悪
 戦苦闘と、栄光を求める人間模様はそれだけでも十分スリリングなドラ
 マだが、実はそのドラマの主役は「素数」そのものであることが明らか
 になるからだ。

 未解決の難問「リーマン予測」について一般読者がこの本を一冊読んで
 理解できることはごく僅かだろう。ただ、読みながら出会うフェルマー、
 オイラー、ガウス、アーベル、ハーディー、ヒルベルト、ゲーデル等々
 の名に親しみ、パリ、ゲッティンゲン、プリンストンなどの大学や研究
 所の内部を覗き、ギリシア時代以来連綿と続いてヨーロッパ近代に繋がり、
 アメリカで20世紀に隆盛を誇る数学(数論)の歴史を辿るうちに、数学
 は決して単なる「秘儀」でないことは分かる。素数の美しさや不思議さ
 に触れる読者もいるにちがいない。また、ラマヌジャンというインド出
 身の数学者がケンブリッジで文化衝突に苦しみ、早世する下りには憤り
 も感じるはずだ。やがて素数がインターネット時代の暗号技術に絶大な
 威力を発揮するようになった現代社会を見せつけられれば、我々が依っ
 て立つ足許に素数が潜んでいることを知って、また新たな興味をかき立
 てられることは間違いない。

 学校で難解な計算を強いられて数学嫌いになる人は数知れない。それな
 のに、他の自然科学分野に比べて数学の啓蒙書は極端に少なかった。数
 学者たちも語る言葉を持たなかった。だが、崇高さも愚かしさもある人
 間の学問としての数学がこのように語られるなら、数学への頑なな偏見
 は和らぐだろう。随所に「訳注」を施した富永星氏のリズミカルで簡潔
 な訳文に、本書の魅力が支えられていることを強調したい。(実は、
 25年間数学者と暮らしてきた私にも初めて分かったことがたくさんある。)


【著者プロフィール】
   北田 敬子(きただ・けいこ)
   東洋学園大学・現代経営学部教授
   東京女子大学英文科卒業後、東京都立大学修士課程英文学専攻修了。
   バージニア大学教育学部にて在外研究。
   専門は英語文学、言語とコミュニケーション
   ホームページURL http://www.kitada.com/keiko/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 翻訳業界雑記 第23回                吉野 陽

 ○教官の言葉

 運転免許をとって7年ほど経ちます。もちろん免許取得には教習所に通
 いました。近所では結構評判の教習所で、この教習所の卒業生の違反者
 数はかなり少ないらしいです(教官談)。

 その教官がよく言っていたことがあります。

 「交通事故の原因は双方不注意が大半。こちらが注意していれば回避で
 きる事故はたくさんある。いつも“かもしれない”を忘れるな」

 なるほど。さすがに悪質な運転は回避できませんが、実際に路上に出て
 みると納得することが多くありました。

 さて、この「双方の不注意による事故」は何も車の運転に限ったことで
 はなさそうです。

 弊社では会員の方から翻訳受発注のトラブルについて相談を受けること
 があります。

 「納品してしばらく経つのに支払いがない」
 「支払いがあったが金額が安い」

 しかし事情をよく伺ってみると発注側と受注側双方の確認不足が原因で
 トラブルに至っているケースが多いのです。納期に迫られている翻訳会
 社と、とにかく仕事を受注したい翻訳者の間で詳細な条件や受発注の確
 認をせずに案件を引き受けてしまうことも原因のひとつでしょう。

 このようなトラブルを防ぐには、受発注時に条件などをしっかり確認し
 ておくことが大切です。相手がうっかりしている場合は、こちらから確
 認の連絡を入れると良いでしょう。支払いに関しても請求書を発行し、
 翻訳会社に送付すれば、「支払い忘れ」というトラブルを未然に防ぐこ
 とができます。「不注意による事故」を回避して、快適な翻訳ライフを
 目指しましょう。

                    (アメリア事務局 吉野 陽)
                http://www.amelia.ne.jp/userTop.do

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★「対訳君 医学版」のデモ・ムービーができました!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 このところ、じわじわと人気が出てきている「対訳君」。当辞書SHOPス
 タッフにも愛用者がいます。
 この「対訳君」、先日特許も取得したそうです(製造元の(株)MCLの
 サイトで「特許証」の画像を見ることができます。この方面にとんとご
 縁のない私は、「特許証」というものを初めて見ました)。
 さて、この「対訳君」の医学版をより詳しく紹介しているデモ・ムービ
 ーができました。"翻訳支援ツール"ってどんなもの? とイメージの
 わきにくい方も、医学翻訳をなさっている方にもお薦めです! 是非一
 度ご覧になってみてください。

 ◆「対訳君 医学版」
   通常価格58,000円(税込) → 特価52,200円(税込) 
  http://www.nichigai.co.jp/translator/taiyaku_kun.html

 ★ 酉の市。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今週の月曜日は「酉の市」でした。都内では浅草の鷲神社が有名ですが、
 日外アソシエーツのある大森の町にも鷲神社があり、小規模ながら市が
 立つのです。そこで今年は商売繁盛を願って、電子辞書SHOP用に神社
 特製熊手を購入しました。
 ここでふと「酉の市」って、英語で何て言うんだろう? と思いました。
 早速「CD-NEW 斎藤和英大辞典」で引いてみると‥

 とりのいち〔酉の市〕:〈名〉The "Bird - day"(fair held on the 
           days of the Bird in November)
 くまで〔熊手〕:〈名〉A bamboo - rake
 えんぎもの〔縁起物〕:〈名〉A mascot
 日本武尊:Prince Yamatodake.(大森の鷲神社の御祭神)

 ちなみに、「ジーニアス和英(第2版)」には「酉の市」はありませんが、
 「酉年」の意味の「酉」は"the cock"、「熊手」は "rake"、「縁起物」
 は "luck;bringer of good luck" と出ていました。また、その後見に
 行った明治〜昭和初期の海外輸出向け版画の展覧会では「酉の市」には
 "The cock fair" との英訳がつけられていました。
 さて、それでは研究社の「新和英大辞典」にはどのように載っているで
 しょうか? 現物でお確かめ下さい!

 ◆「CD-NEW 斎藤和英大辞典」特価17,010円(税込)
  http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html
 ◆「CD-ROM版 ジーニアス英和<第3版>・和英<第2版>辞典」
                       特価8,316円(税込)
 ◆「CD-新和英大辞典 第5版」特価15,120円(税込)

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ■ 日外アソシエーツの新刊『図書館力をつけよう』―近江哲史著

 学力、体力、気力、そして老人力...次代のキーワードは「図書館
 力」と唱える近江さん。1993年、大手印刷会社を定年退職して以来、
 自宅に近い図書館が「第二の書斎」になりました。図書館を上手に使
 うノウハウを身につけることを図書館力と表現し、図書館の有効活用
 を勧めています。

 図書館力がついてくると、どんなことでも自分で調べ、自由に深く考
 えることができるようになります。豊かな人生の指標・・・それが図
 書館力なのです。図書館ボランティアにも精力的に参加する著者が指
 南する実践的な図書館使いこなし術。さあ、あなたの図書館力は!?

【初 級】最寄りの図書館に出入りして貸出登録...
【中 級】図書館に通い、蔵書を知り尽くして読書三昧...
【上 級】必要に応じて図書館を使い分けて調べもの...
【達 人】市民の立場で図書館運営に参加...


 ◆図書館力をつけよう−憩いの場を拡げ、学びを深めるために
  近江哲史著 定価1,995円(税込) 四六判・260p 2005.10刊

〈近江 哲史〉
 1933年生まれ。京都大学法学部卒業。大日本印刷(株)勤務(管理部門・
 企画制作部門)、1993年定年退社、以後自営業(編集・執筆)。社史・
 自分史の制作・研究の傍ら、市民としての図書館利用問題などに関心
 を抱き積極的に関与している。

―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

 ◎名物コラム《わが家にWHOPLUSがやってきた》丸山タケシ
   ⇒第34回は「側室の道はかくも険しい」の巻です。

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!/マニアックな外国人を探そう
         “初代社長”をつとめた人物を探してみよう !◆
  http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html

 ------------------------------------------------------------
 携帯公式メニュー ⇒ 辞書/便利ツール ⇒ JLogos(ジェイロゴス)
 ------------------------------------------------------------
 厳選の50冊、200万語の辞書群、使い放題で月額たったの300円!
 ビジネス技術実用英語大辞典(海野さんの辞書)など日外アソシエーツ
 の辞書十数点収録。
 詳細はこちら:http://www.nichigai.co.jp/database/jlogos.html
   [JLogos] http://www.jlogos.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.94 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2005 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る