┏┌┌┌
    ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
    ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
    ┏┏┏┏     No.84/2005.7.8

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃        ☆☆《サマーセール》開催中 ☆☆        ┃
   ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
   ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
   ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
   ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━
 ■ 翻訳読書ノート23                北田 敬子
 ■ ベートーベン「第9」をダウンロードしよう!    田村 洋一
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■翻訳読書ノート23

 「母性をめぐる知の饗宴」

 サラ・ブラファー・ハーディー著『マザー・ネイチャー』「母親」は
 いかにヒトを進化させたか(塩原通緒訳 早川書房 2005)(原題 
 Mother  Nature, A History of Mothers, Infants, and Natural
 Selection) 
 は、 上・下二巻、本文700ページに加えて原註と参考文献合計173ペー
 ジに及ぶ大著である。
 原作は1999年出版とのこと。おそらく翻訳の仕事にはさまざまな周辺
 作業も含めて5年余りの歳月を要したと想像できる。動物行動学、畜産
 学、人類学、認知心理学・神経科学、発達心理学、内分泌学と行動、
 昆虫学、語源学、遺伝学、爬虫類学、歴史学、科学史、医学、栄養学、
 鳥類学、古人類学、霊長類学、そして文学、哲学、宗教に至るまで古
 今東西の多種多様なジャンルを広域的、多面的に渉猟した原文の豊穣
 を十全に再現する為に、どれほどの努力があったことかと先ずは感嘆 
 の念を禁じ得ない。

 動物の「母性」なるものの本質を問うと、このような膨大な議論を展
 開する力業が必要なのかとあらためて認識させられ、かつその議論の
 中に込められた果てしない生命の戦いに圧倒される。オスとメス、メ
 ス同士、親と子、親類縁者、支配者と被支配者、周辺サポーター等々
 を巻き込んで、生まれ出た個々の命は生き延びられるかどうかしのぎ
 を削る。(いや、生まれ出でるについての戦いが先ずある。)膨大な
 事例の中で、例えば生まれ落ちるそばから乳母の元に送られた近代ヨ
 ーロッパの金持ちの家の赤ん坊たち、孤児院送りになって死んだ夥し
 い数の貧者の子どもたち、授乳せずにすぐ次の妊娠を招いてまたして
 も子どもを手放す母親たち、といった「文明」の裏側で繰り返されて
 いた母子受難の歴史に光が当てられる。子捨て、子殺しは育児の望み
 のないところでいくらでも起こりうることの幾多の例証。狩猟民族と
 現代的都市生活者に共に見られる「代理母」の存在。霊長類の一種と
 しての人間の生命連鎖のあり方が、「母親」という視点から徹底検証
 される。

 博覧強記の叙述に負けないのが数百枚に及ぶ図版の魅力である。但し、
 中には菅笠を被り和服の胸を開いて授乳する日本の農婦といった、既
 に地上から姿を消したイメージがまことしやかに掲載されているとい
 う不思議もあるが、文字だけでは理解できない範囲にまで読者を誘う
 仕掛けが素晴らしい。「ダーウィニアン・フェミニズム」ということ
 ばを初めて知った。 著者自らの「母性」を基盤にする本書には、女性
 科学者の本領が発揮さ れている。深い癒しに満ちた子守歌で幕を閉じ
 るところに救いを感じた。

 【著者プロフィール】
   北田 敬子(きただ・けいこ)
   東洋学園大学・現代経営学部教授
   東京女子大学英文科卒業後、東京都立大学修士課程英文学専攻修了。
   バージニア大学教育学部にて在外研究。
   専門は英語文学、言語とコミュニケーション
   ホームページURL http://www.kitada.com/keiko/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ベートーベン「第9」をダウンロードしよう!  田村洋一

  インターネットでの音楽ダウンロードというと、合法サイトに衣替
 えする前の悪名高きNapsterから、センター・コンピュータを持たない
 現在のGroksterやKazaaまで、P2P (peer to peer) 方式のファイル共
 有ネットワークを「違法」という形容詞つきで連想しがちで、何とな
 く危ない雰囲気があります。実際、英国では1000曲以上も違法ダウン
 ロードを繰り返した子供がいて、ある日その親に著作権管理団体から
 多額の損害賠償請求書が送りつけられました。「スケープゴートだ」
 との批判に対してレコード業界は「万引きと同じだ」と主張していま
 す。「勉強に必要だと思ってパソコンを買ってあげたのに…」と親は
 青ざめてしまいますが、著作権の知識が乏しい子供たちにしてみれば、
 手近に無償ダウンロードの手段があり、操作も簡単なのですから、す
 ぐそこ(つまりネット)にある楽曲データを手に入れることは感覚的
 にはラジオを聴くことと同じで、罪悪感が希薄なことは確かなようで
 す。私は楽曲データをアップロード(厳密な表現ではありませんが)
 した人間のほうが罪が重いと思うのですが、匿名性の壁に阻まれてか
 摘発された例を知りません。

  音楽の違法ダウンロードがこれだけ「繁盛」しているのは需要があ
 るからで、それを分析して合法的な音楽ダウンロード販売事業として
 成功させたのがAppleの「iTunes Music Store」です。これ以前にもレ
 コード会社によるダウンロード販売の試みはあったのですが、制約が
 多すぎて利用者の支持を得られませんでした。例えば、ダウンロード
 に使えるブラウザはIE (Internet Explorer) のみ、専用のソフトでし
 か再生できず、ダウンロードした楽曲データはCDにコピーできず、コ
 ンピュータを買い換えたら楽曲データを新しいマシンに移すこともで
 きず、しかも1曲あたりの価格が決して安くはない…というような具合
 です。これでは誰が買うでしょうか。2004年になって日本で「Mora 
 (モーラ)」という国内最大の音楽ダウンロード販売サイトがオープン
 しました。運営しているのは国内レコード会社が共同出資して設立し
 た(株)レーベルゲートで、今年2月に開始された「Yahoo! ミュージッ
 クダウンロード」も同社のサービスです。「Mora」では価格が最低1曲
 158円とかなり手頃になり、CDへのコピーなどDRM (digitalrights 
 management) の制限が多少緩和されましたが、ダウンロードした楽曲
 データ (ATRAC3形式) の使い勝手はあまりよくありません。プレーヤ
 ー・ソフトはWindows専用です。「iTunes Music Store」の日本での営
 業開始が遅れているのは「Mora」の経営が軌道に乗るまで待たされて
 いるようにも見えます。

  さて、ようやく充実してきた日本の音楽ダウンロード環境ですが、
 決定的に欠けているのが「クラシック音楽」です。前述の「Mora」に
 は一応「クラシック」というジャンルはありますが、内容も検索機能
 も貧弱で、クラシック音楽ファンが興味を示す水準ではありません。
 USENグループの「OnGen」(Windows専用)にも、まだ手さぐり状態です
 が「カジュアルクラシック」というジャンルがあり、例えばJ.S.バッ
 ハ作曲の有名なコラールが158円で買えます。そのアーティスト名が
 「Various Artist」(単数形はサイト表示のまま)で日本語訳が「バリ
 アスアーティスト」となっているのには翻訳者としては唖然とします。
 たぶん輸入のオムニバス盤の中の1曲なのでしょう。この2つのサイト
 は「クラシック入門者」レベルですが、それでもクラシック音楽を全
 く無視している他のダウンロードサイトよりはましです。

  こんな状況にいらいらしている日本のクラシック音楽ファンを驚か
 せる企画が英国BBC放送の「The Beethoven Experience」です。BBCの
 FM放送局「Radio 3」で6月5日から10日までの6日間、合計19時間にわ
 たりベートーベンの作品だけで構成された特別番組が放送されました。
 抜粋ではなく全て全曲です。さらに続いてベートーベンの9つの交響曲
 が第1番から第9番まで毎日1曲ずつ9日連続で放送されました。ジャン
 アンドレ・ノゼーダ (Gianandrea Noseda) 指揮、BBC交響楽団の演奏
 で、この企画のために新しく録音されたものです。そして、この交響
 曲9曲全てが音声による解説付きでダウンロード用の楽曲データとして
 インターネットに公開されたのです。世界中どこからでもダウンロー
 ド可能で、しかも無償、個人利用に限ることを除けば利用形態に制約
 はありません。ただし、ダウンロードできるのは放送終了後1週間だけ
 です。最後の「交響曲第9番」のダウンロード期限は7月7日です。「第
 9」のデータ量は61.7MBで第8番の2倍以上あります。ブロードバンド回
 線でないと少々苦しいですが、トライしてみてはいかがでしょうか。
 MP3形式なのでMacのiTunesやQuickTimeでも再生できます。

  ついでに、私がベストだと思うクラシック音楽専門ダウンロード販
 売サイトを1つご紹介しておきます。「eClassical」というスウェーデ
 ンのサイト(英語)です。網羅的ではありませんが東欧や北欧の音楽
 などもあり、曲名、作曲者名、演奏家名、指揮者名、楽器名、オーケ
 ストラ/アンサンブル名で検索でき、各曲の詳細データも整備されてい
 ます。これらの機能はクラシック音楽では必須なのですが、ポップス
 向けにデザインされた日本のサイトでは全く考慮されていません。こ
 のサイトのオーナーが熱心なクラシック音楽ファンであることはサイ
 トデザイン(見栄えではなく機能)からもよくわかります。ダウンロ
 ードと価格はポップス系のように1曲単位とは限らず、長い曲では各楽
 章が単位です。例えば、ラベル作曲「ボレロ」が$0.79、文字通り101
 曲入ったオムニバスアルバム「101Classical Favorites MP3」が
 $7.99です。このアルバムはデータ量も約670MBと膨大で、演奏時間は
 505分、BGMにはピッタリです。 同社の楽曲データは全てビットレート
 192kbpsのMP3形式で、一般的な128kbpsに比べて確かに音質は良いよう
 です。アナログレコード時代はカートリッジを換えると音が随分変わ
 りました。デジタルでも音源が上質だと再生するMP3プレーヤー(ソフ
 ト&ハード)による音の違いがわかります。

  音楽CDは「物」としての在庫と流通を管理する必要があり、輸送コ
 ストもかかります。それに対してダウンロード販売では在庫管理はWeb
 サイトのデータ管理だけで、売れた商品の補充は不要、通信コストは
 軽微です。利用者も送料を負担する必要がなく、地理的な隔たりを感
 じることがありません。楽曲データを提供するアーティストの負担
 (リスク)も格段に小さくて済みます。クラシック(現代音楽を含
 む)、ジャズ(メインストリーム)、ラテン、民俗音楽などのマニア
 ックな領域では音楽ファンに国境はなく、しかも優れた演奏に対して
 は常に貪欲です。レコード会社を介さないダウンロード販売は、先鋭
 的なアーティストにとって意欲的な作品構成を可能にし、非常に有力
 な発表手段になり得るものです。これはヴァイオリニストを妻に持つ
 私自身の体験に基づく実感です。

 ●参考
 ・BBC Radio 3 - The Beethoven Experience
 http://www.bbc.co.uk/radio3/beethoven/downloads.shtml
 ・BBC Radio - Download and Podcast Trial
 http://www.bbc.co.uk/radio/downloadtrial/
 ・eClassical (※クラシック音楽専門ダウンロード販売サイト)
 http://www.eclassical.com/
 ・ClassiCat (※クラシック音楽専門の無料ダウンロード検索サイト)
 http://www.classiccat.net/

 【著者プロフィール】
  田村 洋一(たむら・よういち)
  東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートル
  ズ世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を
  目の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を
  信じる美術愛好家でもある。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★ 《サマーセール》開催中です!!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 現在 TranRadar 電子辞書SHOPでは《サマーセール》を行っています。
 セール対象の日外商品が入っていれば送料無料!(国内のみ) 是非
 一 度のぞいてみて下さい。

 http://www.nichigai.co.jp/translator/

 ★「TRADOS 7」の販売が始まりました
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 プロ翻訳者必須のツール、「TRADOS」の新バージョンがリリースされ
 ました。ご購入はすべてトラドス・カスタマーセンターよりのダウン
 ロード販売ですが、TranRadar電子辞書SHOPの入り口からダウンロー
 ドサイトに入ると、トラドス社販売価格の10%OFFになります。
 また、既にお使いの方向けのお得なアップグレード価格も用意されて
 います。

  ◆「TRADOS 7 Freelance」
    メーカー希望価格 126,000円 → 特価 113,400円
     *上記価格は税込価格です

  http://www.nichigai.co.jp/translator/trados/index.html
   ※現在、トラドス・カスタマーセンターはシステム移行中のため、
   トランレーダー特価でのご購入が出来ません。大変申し訳ござい
     ませんが、しばらくお待ち下さい。

 ★ セイコー電子辞書に充実の2タイトルを追加
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 セイコー電子(IC)辞書に、英語上級者も満足できる充実したコンテン
 ツを搭載した「SR-E10000」が仲間入りしました。先に発売された「SR
 -E9000」と比べてみて下さい。英語充実度とビジネス重視、あなたは
 どちらを選びますか?

 ◆セイコー電子(IC)辞書「SR−E10000」
   メーカー希望価格 78,300円 →特価 54,800円
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-e10000.html

 ◆セイコー電子(IC)辞書「SR−E9000」
   メーカー希望価格 56,700円 →特価 39,800円
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-e9000.html

 ビジネスに、観光に、今後はずせない国と言えばやっぱり中国。中国
 語電子辞書の決定版。

 ◆セイコー電子(IC)辞書「SR−V7130CN」
   TranRadar特価 39,800円
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-v7130cn.html

   *上記価格は税込価格です

 ―[PR]――――――――――――――――――――――――――――
 ☆『人物・文献情報WHOPLUS』メールマガジン(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/database/mailmaga/index.html

 ◎名物コラム《わが家にWHOPLUSがやってきた》丸山タケシ
   ⇒第30回は「お原稿を書くのである」の巻です。

 ◆WHOPLUSを使ってみよう!/脚本家を探してみよう!◆
  http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide/who-guide.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.84 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2005 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る