┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃『CD-コンピュータ用語辞典 第4版』予約受付開始しました ┃
  ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
  ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
  ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
  ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
 ■ Cell、Cell、そして Cell              田村 洋一
 ■ 翻訳読書ノート21                 北田 敬子
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■Cell、Cell、そして Cell               田村 洋一

  最近あちこちで目にする「セル」(cell)がテーマです。今年(2005年)、
 進展が注目される3種類の「cell」についてご紹介します。「燃料電池」、
 「幹細胞」、「Cellプロセッサ」です。

 1)燃料電池 (fuel cell)

  2005年1月、東京で「第1回国際燃料電池展(FC EXPO 2005)」が開催
 され、各国から約230社が出展しました。燃料電池がいよいよ実用段階
 に入ったと見てよいでしょう。

  「燃料電池」とは何かを簡単に説明しましょう。燃料電池は水の電気
 分解とは逆の化学反応で電子の流れ(つまり電流)を取り出す発電装置の
 総称です。直接使用するのは水素と酸素ですが水素を燃やすわけではあ
 りません。「燃料」という意味は「水素の供給源として、燃料として利
 用されてきた物質を利用する」ということです。具体的には都市ガス(主
 成分はメタン)、LPG、メタノール、灯油、ガソリンなどから「改質」
 (fuel reforming)という処理で水素を分離して利用します。もう一方の
 酸素は大気から取り込みます。一般の燃料電池から排出される副産物は
 熱と水で、問題の二酸化炭素は出ませんが、熱は有効に処理しないと熱 
 汚染の原因になってしまいます。なお、都市ガスを利用する場合は一酸
 化炭素を除去する装置が付いています。燃料電池は燃料を供給する限り
 発電を続けます。

  燃料電池の用途は大きく分けて3種類あります。定置型燃料電池、自動
 車用燃料電池、携帯用燃料電池です。

  定置型燃料電池の規模は1kWの家庭用から10万kWの分散型発電所用ま
 で幅広く、既に実用段階です。東京ガスや大阪ガスは都市ガスを燃料と
 する「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の販売を開始し
 ました。コージェネレーション(通称「コージェネ」 / cogeneration)
 とは、都市ガスなどの1種類の1次エネルギーから電気と熱を同時に作っ
 て送り出し、エネルギーを有効利用するシステムです。家庭用ではガス
 給湯器に発電機能が付いたものと思えばよいでしょう。大型の燃料電池
 発電システムも実証試験が進んでいます。

  2番目は自動車用燃料電池、つまり電気自動車の動力源です。こちら
 の燃料は純粋な水素で、高圧ボンベに詰めたり、吸蔵合金に水素をしみ
 込ませたりして車に積載します。ガソリンスタンドの代わりに水素ステ
 ーションで水素を補給します。「満タン」での航続距離500kmが当面の
 目標ですがまだ達成されていません。自動車用燃料電池で特に問題にな
 るのは安全性です。水素を満載した飛行船「ヒンデンブルク」の大惨事
 の映像は衝撃的でした。通常は安全でも自動車は交通事故や火災などの
 危険を完全には避けられません。水素は拡散しやすいので開放空間では
 引火爆発の危険は少ないのですが、地下駐車場などの閉鎖空間では危険
 性が高まります。漏れた水素が建物の上層階にたまる可能性もあります。

  3番目はノートパソコンやモバイル機器で使われる携帯用燃料電池で
 す。小型で高効率、大容量を実現するため、燃料としてメタノールを使
 うものが試作されています。メタノールは引火性が強く毒性もあるため
 密封構造の交換式カートリッジなどの工夫が必要です。日経エレクトロ
 ニクス誌によれば、国連の危険物輸送小委員会は2004年12月1日に、携
 帯機器向け燃料電池に利用するメタノールの燃料カートリッジの貨物輸
 送について「クラス3(可燃性液体)」として勧告を出すことで票決し、
 国際民間航空機関(ICAO)や国際航空運送協会(IATA)で認可の検討が開始
 され、順調に進めば2007年にも持ち込み可能となる見通しということで
 す。しかし、2005年になって、米国では航空機にタバコ用のライターを
 持ち込むことが厳禁されました。米国のZippo社は対応に苦慮していま
 す。火種がなければ着火しないとはいえ発火物であるメタノールを多く
 の乗客が機内に持ち込むことになれば、その危険性は否定できません。
 安全なリチウムイオン2次電池なども改良が進んで大容量化し、燃料電
 池との開発競争は激しさを増しています。

  燃料電池の話題をもう一つ。独立行政法人 海洋研究開発機構の自律
 型深海巡航探査機「うらしま」が駿河湾でテストを行ない、深度800mで
 航続距離317kmという世界記録を達成しました。動力源は水素と酸素を
 使用する閉鎖式燃料電池(吸蔵合金を使用)です。大気のない海中や宇宙
 空間では燃料を含めて密閉した容器に格納し、化学反応で生成される液
 体の水も回収されます。「うらしま」の燃料電池はエネルギー効率が高
 いことが特徴です。

  最後に燃料電池の動作原理による名称を上げておきます。

 ・固体高分子型(日本ではPEFC / Polymer Electrolyte Fuel Cell;
   海外ではPEMFC / Proton Exchange Membrane Fuel Cell)
  実用段階;家庭用、自動車用など多目的;発電出力50kW以下;
   効率35〜40%;作動温度=常温〜約90℃
 ・リン酸型(PAFC / Phosphoric Acid Fuel Cell):
  実用段階;業務用、工業用;発電出力1000kW以下;効率35〜42%;
   作動温度=約200℃
 ・溶融炭酸塩型(MCFC / Molten Carbonate Fuel Cell):
  研究実証段階;工業用、分散電源用;発電出力1〜10万kW;
   効率45〜60%;作動温度=約650℃
 ・固体電解質型(SOFC / Solid Oxide Fuel Cell):
  試験研究段階;工業用、分散電源用;発電出力1〜10万kW;
   効率45〜65%;作動温度=約1000℃
 ・直接メタノール型(DMFC / Direct Methanol Fuel Cells)
  試験研究段階;主にモバイル機器向け
 ・アルカリ型(AFC / Alkaline Fuel Cell)
  実用段階;宇宙船の電源用としてスペースシャトルで採用

 【参考】
 ・日本ガス協会の燃料電池講座:
  http://www.gas.or.jp/fuelcell/
 ・東京ガスの「なるほど!燃料電池」:
  http://www.tokyo-gas.co.jp/pefc/
 ・FCTec (US DoD Fuel Cell Test and Evaluation Center) の「基礎知識」:
  http://www.fctec.com/fctec_basics.asp
 ・WE-NETホームページ:
  http://www.enaa.or.jp/WE-NET/
 ・JHFCプロジェクト(水素と燃料電池):
  http://www.jhfc.jp/
 ・US DOE Energy Efficiency and Renewable Energy:
  http://www.eere.energy.gov/

 (※次回に続く)

  【著者プロフィール】
   田村 洋一(たむら・よういち)
   東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートルズ
   世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を目
   の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を信
   じる美術愛好家でもある。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 翻訳読書ノート21                 北田 敬子

 「直喩としての活火山」

 2004年末にスーザン・ソンタグの訃報を聞いた時、やはり癌かと胸が疼
 いた。活発に行動し、状況と関わり、鋭い批評精神を表明し続けた作家
 の71歳の死は早すぎる。折しもスマトラ沖地震による津波の報道合戦が
 続いているところだったので、写真の持つ多義性について多くを論じた
 ソンタグならどのような反応をしただろうとの思いが消せない。『他者
 の苦痛へのまなざし』(みすず書房 北條文緒訳 2004年)からは、密
 かにスペクタクルを期待する心情へ厳しいことばが斬り込んでくる。

 一方『火山に恋して』(富山太佳夫訳 みすず書房 2001年)で、小説
 家ソンタグは読者を存分に楽しませてくれる。フランス革命期のナポリ
 を中心に、実在した英国公使夫妻とネルソン提督をモデルにした登場人
 物は、大胆不敵な行動様式とマニアックな性癖で、過剰な情熱をいやと
 いうほど披瀝する。その背景で絶えず火を噴き溶岩を溢れさせているヴ
 ェスヴィオス火山は、ロマンスの隠喩ならぬ直喩だ。イギリス公使「カ
 ヴァリエーレ」の蒐集と火山の偏愛、奔放な二度目の奥方の破天荒な振
 る舞い、そして「英雄」の彼ら二人への執着。人々をとりまく時代の喧
 噪は活火山そのものとして描かれる。ソンタグは惜しむことなく華麗に
 歴史の舞台を演出し、読者を熱狂に巻き込んでしまう。むろん波瀾万丈
 の物語の底には、現代史にまで及ぶ作家の冷徹な観察眼がはっきり見ひ
 らかれている。

 『この時代に想うテロへの眼差し』(木幡和枝訳 NTT出版 2002年)、
 『良心の領界』(同 2004年)でソンタグの語る緻密で厳格に定義され
 た批評のことばは、曖昧さを許容しない正確さでアメリカの紛争地帯へ
 の介入と無関心を、また戦争に対して個人がとりうる立場を分析してい
 く。実は対極的なものに見えて小説で示された放縦とも言えることばと、
 批評のことばは乖離したものではない。どちらも沸き返る人間の情熱と
 残忍さの実態を直に見据えて発せられたものであることは明瞭である。
 シンポジウムでの通訳も含めた木幡、饒舌な富山の訳業は特に、ソンタ
 グの本領を伝えるものと思う。今後ソンタグの仕事をめぐる内外の書が
 相次ぐことだろう。

 【著者プロフィール】
  北田 敬子(きただ・けいこ)
  東洋学園大学・現代経営学部教授
  東京女子大学英文科卒業後、東京都立大学修士課程英文学専攻修了。
  バージニア大学教育学部にて在外研究。
  専門は英語文学、言語とコミュニケーション
  ホームページURL http://www.kitada.com/keiko/

 ◇◇◇ For your reference ・・・・・・
 
 ◆スーザン ソンタグ (Susan Sontag) 
   批評家;作家 
   1933年1月16日ニューヨークに生まれる。 
  2004年12月28日、ニューヨーク市内の病院で急性骨髄性白血病の合併
   症のため亡くなった。享年71歳。
   ユダヤ系の両親のもとに生まれたスーザンは、少女の頃から文章を書
   き、9歳で詩などを新聞にして売っていた。17歳で結婚。1951年シカゴ
   大学を卒業後、ハーバード大学で学び、'55年修士号を取得、さらにオ
   ックスフォード、パリの各大学にも留学した。
  '63年長編小説「恩人」を発表、メリット賞を受賞。'66年の評論集
  「反解釈」で評論家としてデビュー。ポピュラー音楽からフランス思想
   まで文化や芸術、社会を新鮮な切り口で解剖し、時代の寵児となった。
   以来、鋭利で挑発的な文明・文化批評を続け、現代の米国を代表する
   リベラル派知識人と称された。ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争
   などに反対する発言や、フェミニズム(女性解放運動)の論客としても
   知られた。
   一方、2000年小説「アメリカで」で全米図書賞を受賞。その他、雑誌
   編集者、教師、シナリオ作家など多種多様な肩書きを持ち、それぞれ
   の場で活躍した。他の著書に「ラディカルな意志のスタイル」、「写
   真論」、「隠喩としての病い」、「土星の徴しの下に」、「エイズと
   その隠喩」、「この時代に思う―テロへの眼差し」、「他者への苦痛
   へのまなざし」、 小説「死の装具」、「火山に恋して」、短編集「わ
   たしエトセトラ」などがある。
  
         (データ提供:日外アソシエーツ 人物・文献情報 WHO)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

 ★「CD-コンピュータ用語辞典 第4版」4年ぶりの改訂です!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日外アソシエーツの電子辞書(CD-ROM)の中でも「うんのさんの辞書」と
 並んで人気の高い「コンピュータ用語辞典」が4年ぶりに改訂、4月下
 旬に発売されます。
 そこで、久方ぶりの自社商品(!)新発売記念特価セールです。

  ◆「CD-コンピュータ用語辞典 第4版」:価格 \12,600のところ
    5月25日まで 15%OFFの ¥10,710(税込)
    なお、特価期間中は送料無料です!

  http://www.nichigai.co.jp/translator/computer4.html

 ★日外の人気商品を搭載したセイコーの電子辞書、新発売
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 セイコーインスツル社から、日外アソシエーツの人気商品「180万語対
 訳大辞典」「ビジネス技術 実用英語大辞典(うんのさんの辞書)」を搭
 載した機種が発売されました。ほかにもNHK出版「やさしいビジネス英語
 実用フレーズ辞典」など、ビジネスに役立つコンテンツを多数収録。
 ビジネスを本格サポートするビジネス特化モデルです。

  ●セイコー電子辞書「SR-E9000」:\39,800(税込)

 http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-e9000.html

 ―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
 ☆『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
    ⇒お申込はこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
    ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
     http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

  ◎名物コラム《わが家にWebWHOがやってきた》丸山タケシ
   ⇒第26回は「もんじゃ」の巻です。

  ◆活用事例も公開中です【「タレント」兼「教授」といえば…?】◆
  クリック⇒ http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 後記
 
 昨夜、妻から職場に電話がありました。非常に暗い声で「夕食は外で
 すませてきてくれない」とのこと。天地神明にに誓い、妻に後ろめたい
 ことはしていないのですが、ドキッとしました。あれがばれたか、と。
 で、理由を聞くと、花粉症が酷く、うつむくと鼻水がたれるので調理で
 きないとのこと。「な〜んだ」と言うと、すごく怒られました。
 去年は私も確か鼻づまりで悩んでいました。でも今年はなんともありま
 せん。ナゼでしょう?理由が分かれば全国の花粉症に苦しむ人たちを救
 えるのに。解明したら、この場でこっそりお教えしたいと思います。

◇ 「ビジネス技術 実用英語大辞典」の用例より

花粉アレルギー[花粉症]の人たち 
people with (a) pollen allergy; people who have (a) pollen allergy.

花粉症と呼ばれる一種の季節性アレルギー鼻炎
a type of seasonal allergic rhinitis called pollen allergy. 

                                                            (青)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.76 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2005 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る