┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃  【日外商品20%Off】歳末謝恩セール開催中!!   ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 「アインシュタイン年」とは?             田村洋一
■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力 6          今井克佳
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
■ 翻訳業界雑記 第18回                吉野 陽
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「アインシュタイン年」とは?              田村洋一

 2005年は物理学に関する話題が多い年になりそうです。少なくとも関
係者はそう期待しています。それというのも2005年は「アインシュタイ
ン年」で「世界物理年」だからです。私も物理系の出身で、しかもアイ
ンシュタインと誕生日が同じなので、とても他人事とは思えません。文
科系のかたもどうぞおつき合いください。

 100年前の1905年、26歳のアルバート・アインシュタイン(Albert 
Einstein)は数編の驚くべき論文を発表しました。テーマは特殊相対性、
光の粒子性、光電効果、ブラウン運動などです。「E=mc2」(2は2乗)と
いう式もこのときの論文に登場します。「時空」(space time)の概念も
ここから始まります。これらが物理学に与えた影響は極めて大きく、ニ
ュートン力学から脱皮してやがて量子論や現代の宇宙論につながる流れ
のきっかけとなりました。もっとも、学者の間でも簡単に受け入れられ
たわけではなく、いまだに相対論などは一般の人にはほとんど理解され
ていないというのが実情です。これは、わかりやすく教える人も手段も
なかったためだと思います。しかし21世紀の今日、相変わらず19世紀の
物理学でストップしていては先へ進めません。新しい発想が必要な領域
はたくさんあるのです。

 そこで100周年を記念して2005年を物理学への理解と関心を深めても
らう年にしようという声が欧州物理学会(European Physical Society)
から上がり、各国の物理学会が加盟する国際純粋・応用物理学連合
(IUPAP)は2002年10月に「World Year of Physics 2005」(WYP 2005:世
界物理年2005)のプロジェクト化を決定しました。そして、国連もこれ
を支援する形で2004年6月の総会で2005年を「International Year of 
Physics」とする宣言を採択し、UNESCOが世界各国で関連行事を行うこ
とになりました。国連決議の趣旨は、アインシュタインの業績を讃える
だけでなく、物理学の進歩の歴史をたどり、その重要性を認識する機会
にしようということです。今までこのような「国際年」の例として「国
際婦人年」や「国際地球観測年」などがあり、この慣例に従えば日本語
名称は「国際物理学年」となるはずですが、既に「WYP」の日本語名称
として「世界物理年」という表記が先行していたため、国連も例外的に
この日本語名称を使うことになりました。なお、2005年はアインシュタ
インの没後50年にあたりますが、文化の違いでこちらは重視されていな
いようです。

 この「WYP 2005」の一環として英国とアイルランドが共同主催する活
動が「Einstein Year」(アインシュタイン年)です。アインシュタイン
の名前を知らない人はないほど有名ですが、博士の研究が今日の物理学
および社会にどんな影響を及ぼしているのかを知ってもらおうという啓
蒙活動で、特に11歳から14歳の子供たちと、その教師や保護者をターゲ
ットにしています。各地の学校、大学、博物館、地域のグループなどが、
物理学者とその業績に光を当てる企画を準備しています。ホーキング博
士も参加するのでしょうか。ホームページを見ると、パソコンゲームや
公開実験などのほか、「5分でわかる特殊相対性理論」とでも呼べそう
なパソコン用Flashムービー制作の懸賞コンクールまであります。これ
はイタリアのPirelli社がスポンサーで、難易度が高いためか賞金は
25000ユーロと高額です。これを作れる人は限定されるでしょうが、ど
んなものが見られるのか非常に楽しみです。

 次回は、相対性理論が正しいかどうかを検証するために現在進行中の
実験の話や「世界物理年」関連の日本での活動をご紹介し、理科系の教
育の問題点について考えてみます。

・WYP 2005:http://www.physics2005.org/
・世界物理年2005日本委員会:http://www.wyp2005.jp/
・Einstein Year:http://www.einsteinyear.org/

【著者プロフィール】
 田村 洋一(たむら・よういち)
 東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートルズ
 世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を目
 の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を信
 じる美術愛好家でもある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力 6          今井克佳

『ピローマン』

10月にシアタートラムで上演された『溺れた世界』(ゲーリー・オーウ
ェン作)もそうだったが、なぜ、イギリスの若い劇作家は、作品世界の
枠組みとして、時代の特定できない全体主義国家を想定するのであろう
か。昨年度のローレンス・オリヴィエ賞新作最優秀賞を受賞した、マー
ティン・マグドナーの『ピローマン』(The Pillowman)は東欧のある国
家が舞台とされているらしいが、時代は、現代とも冷戦下とも言い切れ
ない。

悲惨な童話ばかり書くカトリアンは、三人の子供が作品と同じ方法で殺
されたため、理不尽な権力を持つその国の警察に拘束され拷問を受ける。
カトリアンは、両親の虐待のために知的障害となった兄ミハイルと同居
しており、兄も拘束されるが、やがて、この兄がカトリアンの読み聞か
せた童話の内容の通りに子供たちを手にかけてしまったことが明らかに
なる。取り調べの過程で、たくさんのもの悲しく、暗い童話が語られ、
彼ら兄弟の不幸な過去や、二人の刑事の性癖や過去も明らかになってい
く。

陰惨で救いがなく、それでいてどこか優しく切ない物語の数々。警察の
私刑による間近な死を覚悟したカトリアンの最後の願いは、これらの未
発表の作品が永遠に遺されること。理不尽な射殺の直前まで、彼はあら
ゆる言葉を尽くしてそれを望み続ける。

両親の実験とされる兄への不気味な虐待が、弟カトリアンの書く悲惨な
物語と兄の知的障害を生み、その物語が子供殺しという現実を生む。が、
殺伐でない、たった一つの作品「小さな緑のブタ」もまた兄の手により
現実となっていたことが、全体の物語に救いを与えることとなる。この
劇作自体が物語ることの存続と書くことの永遠性を希求する物語なのだ。

それにしても唐突ともいえる抑圧社会の舞台設定と兄弟の両親の無慈悲
な虐待は、劇作のテーマを強調するための強引な道具立てに過ぎないの
だろうか。現実世界では、上演期間と前後してイラクや国内で劇作の内
容とリンクするような恐ろしい事件が起こった。マクドナーの描いた理
不尽な抑圧社会は、彼の目を通した現実世界の黙示録なのであろうか。
物語を書くことは果たして現実の世界を救うのか、壊すのか。あるいは
劇中のカトリアンの言葉のように、作家はただ書くことだけが使命なの
か。深く考えさせられるテーマである。

主演の高橋克美を筆頭に四人の男優が抜群に上手く、三時間を超える上
演時間も気にならない。

【上演】 
東京公演 PALCO劇場  2004年11月6日〜23日 
作 マーティン・マクドナー 
翻訳 目黒 条 
演出  長塚圭史 
出演  高橋克実 山崎 一 中山祐一朗 近藤芳正 ほか

【著者プロフィール】
 今井 克佳(いまい かつよし)
 東洋学園大学・現代経営学部専任講師
 埼玉大学卒業・東京都立大学大学院博士課程満期退学
 専門は日本近代文学・特に詩の分野。
 文学研究の参考にと、古典翻訳劇の上演には長く足を運んできたが近
 年は演劇の面白さにハマり、ジャンルを問わず様々な舞台に出かけて
 いる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

歳末セール、なんだか好評です♪

先週メールマガジンでお知らせするまでは、SHOPのトップページで告知
しているだけだったのですが、それでも普段以上にご注文をいただいて
います。「セール」という言葉には、何か人を吸い寄せる力があるので
しょうか‥ ありがたいことです。

 ◎「CD-180万語対訳大辞典」を消費税込で75,000円!
 ◎日外商品全点20%off(書籍を除く)
 ◎期間中の送料は何を買っても無料!

セール期間は、12月29日受付分まで...今がチャンスです!


★「OED Ver.3.1」、今なら発売記念特価です!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Oxford English Dictionary on CD-ROM が Versin3.0 から Version3.1
 へマイナーバージョンアップ。オンライン版より新語2,000を追加し、
指摘のあった検索プログラムの不具合を修正しました。 2005年1月28日
まで発売記念特価です。既に旧版をお持ちの方にはお得なアップグレー
ド版もあります

 ●Version 3.1:¥51,450(2005/1/28まで)
 ●Ver.1.X.X ⇒ Ver.3.1 アップグレード版:\20,906
 ●Ver.2.0 or Ver.3.0 ⇒ Ver.3.1 アップグレード版:¥13,934
  *いずれも価格は税込価格です

 http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html


★「ENCYCLOPAEDIA Britannica 2005」来週発売です!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「OED」とのセット購入も多い「ENCYCLOPAEDIA Britannica」の2005年
版が来週発売されます。
たまたまいただいた問い合わせからブリタニカ・ジャパンの人に教えて
もらったのですが、たとえば「自動車」関連の項目はGMの人が執筆して
いて、図版も含め、結構詳しくいろいろなことが出ているそうです。

 ◆ENCYCLOPAEDIA Britannica 2005 (CD-ROM):\15,750
 ◆ENCYCLOPAEDIA Britannica 2005 (DVD) : \15,750
  *いずれも価格は税込価格です


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒お申込はこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

 ◎名物コラム《わが家にWebWHOがやってきた》丸山タケシ
  ⇒第23回は「ドクトル・チエコ」の巻です。
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/mail33.html

 ◆活用事例も WEB 公開中です【WebWHOを使ってみよう】◆
 クリック⇒ http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳業界雑記  第18回                吉野 陽

○翻訳力が伸びる人<まとめ>

さてタイプ別に翻訳力が伸びるポイントをお伝えしてきました。最後に
簡単にまとめておきましょう。

○翻訳学習経験者の場合 
・需要で分野を選ばない
・分野は絞り込む
・自分の実務経験、興味、趣味から自分にあった分野を決める

○対象とする専門分野での実務経験者の場合
・経験からくる先入観を取り払って原文と向き合う
・翻訳の定石テクニックを身につける
・言葉に敏感になって表現力を高める

○海外勤務経験者や留学経験者の場合
・自分の英語力を過信しない
・専門分野の知識を身につける
・文体になれる
・言葉に敏感になって表現力を高める

○長年の翻訳経験者の場合
・実績からくる自信を過信しない
・常に最適な表現がないか意識する
・第三者に自分の訳文をみてもらう
・指摘は素直に受け入れる

いかがだったでしょうか。タイプが複数にまたがる方も中にはいらっし
ゃるでしょう。該当するタイプだけを意識するのではなく、他のタイプ
のポイントも頭の隅に入れておきましょう。特に最後の「長年の翻訳経
験者」はいつか必ず該当することになるはずです。

◆さりげなくアメリア
3分で分かる米国の判例「判例USAメルマガ」創刊

米国の判例を日本語で読むサイト「判例USA」から翻訳に役立つメール
マガジンが創刊されました。日本ではなかなか馴染みのない米国の判例
を分かり易く解説し、米国の判例を全く知らない方にも楽しみながら購
読できる内容となっております。

聖書と同様に米国の法律は翻訳者にとって知っておくべき知識です。
「判例USAメルマガ」を購読して米国の法律の詳しくなりましょう。

見本誌、ご購読はこちらから【購読無料】
 http://www.hanrei-usa.net/magazine.php

ご購読お待ちしております。

                    (アメリア事務局 吉野 陽)
               http://www.amelia.ne.jp/userTop.do

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 後記

話題にもなりませんが、先月、ラグビー日本代表が欧州に遠征し惨敗し
てきました。試合後、日本協会強化責任者に「若手中心のメンバーなの
でしようがない」という発言があり、対戦国スコットランドの関係者が
激怒したそうです。何故ならばベストメンバーを集め、ベストコンディ
ションで戦うのが当然の礼儀だからです。
海外ラグビー界事情に詳しく、トレンディなコーチング理論に明るいと
されている人物ですが、闘う者の精神は「翻訳」できていないようです。

                              (青)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.70 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る