┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃  間口は狭くとも、奥行きのある online のお店です  ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の気配りを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 使える電子辞書の時代〜海外編(上)         田村洋一
■ 翻訳業界雑記 第13回                吉野 陽
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ《新刊書籍のご案内》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 使える電子辞書の時代〜海外編(上)         田村洋一

 日本では数社の電子辞書メーカーが競合し、1社で30機種以上の製品を
揃えたり、日本語や英語だけでなく、ドイツ語、フランス語、スペイン
語、イタリア語、中国語に対応した製品を販売するなど、利用者の選択
肢はかなり豊富なように見えます。それでは海外ではどうなのでしょう
か。実は予想以上に多様な製品が販売されていて、しかも日本の製品に
ない特徴もあるのです。欧米と中国の製品を以下にご紹介しましょう。

 電子辞書に関する限り「海外」という表現は文字通り「日本以外」と
ほぼ同義語です。どんな製品があるのかを手っとり早く知るために
「Shopping.com」というWebサイトをのぞいてみましょう。これは米国系
の価格比較サイトで、電子辞書 (Electronic Dictionary) は "Office" 
つまり事務用品に分類されています。2004年9月現在、183機種が掲載さ
れています。言語で分類するとベスト10はスペイン語(38)、ドイツ語(34)、
フランス語(29)、ロシア語(26)、ポルトガル語(22)、イタリア語(20)、
中国語(17)、日本語(12)、朝鮮語(12)、ポーランド語(10)…え、もう220
機種? これは多言語対応機があるからです。価格帯も10ドル以下から
400ドル以上まで開きがあります。ひとつ注意すべきなのは "Dictionary"
と "Translator" というジャンル分けがあることです。前者はここで注目
している書籍版の辞書に代わる電子辞書。後者は「自動翻訳機」という
わけではないのですが、旅先で外国語会話を支援する「スピーチ(音声出
力)機能」を持った電子辞書で、旅行に便利な機能(換算、時計、等)を備
えています。しかし、"Dictionary"のスピーチ機能が充実し"Translator"
の収録語数が増大するにつれて、二つのジャンルの境界は曖昧になって
きました。しかし、この機能の肥大化は使い勝手を損なう危険性もはら
んでいます。

 海外製品で興味深いことは、ブランドの背後にいるメーカーの顔がよ
く見えないことです。主要な電子辞書ブランドは専業で、日本のような
大手の電子機器メーカーの看板ブランドではありません。このことは次
のように解釈できると思います。コンピュータによる自然言語処理に関
するノウハウを持った企画型集団、人間工学を熟知したデザイナー(特に
最近)、低コスト・高品質のOEM製造メーカー、Web販売が得意な販売業者
などの国際協業の成果である…と。この背景として半導体素子と実装技
術、そしてプラットフォームとしてのソフトウェアの進歩があることは
言うまでもありません。とは言うものの、製品のサポート面で若干懸念
があるのも事実です。

 さて、先の183機種をブランド別にまとめると、トップ5はECTACO(71)、
Franklin(41)、WizCom(22)、Lingo(15)、SEIKO(13)となります。どうで
す、ご存知ですか? 合わせて162機種で全体の88.5%を占めます。その
他の13ブランドは全て1〜3機種で顕著な落差があります。これはある程
度市場シェアを反映していると見てよいでしょう。国内メーカーとして
唯一登場したSEIKOも全て75ドル未満(特殊な1機種を除く)の製品で主力
は30ドル前後。米国の消費者にとっては100ドルが大きな壁になってい
るようなのです。その結果、国内の高級機路線とは全く別の販売戦略を
強いられています。他の国内メーカーも海外仕様モデルを投入していま
すが、少なくともWeb上ではあまり存在感がありません。これは英国や
スペインのWebサイトでも似たような傾向です。

 次回は各社の製品の傾向をご紹介しましょう。

【参考】Shopping.com -- http://www.shopping.com

【著者プロフィール】
 田村 洋一(たむら・よういち)
 東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートルズ
 世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を目
 の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を信
 じる美術愛好家でもある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳業界雑記                     吉野 陽

第13回 プロへのポイントをつかむ<翻訳学習経験者の場合 その1>

アメリア事務局には協力会社の採用担当の方から、トライアルの審査結
果や求人の採用結果などの情報が入ってきます。その際にさまざまなコ
メントを頂くことがあります。どうやら「翻訳学習経験者」「対象とす
る専門分野での実務経験者」「海外勤務経験者や留学経験者」「長年の
翻訳経験者」というタイプ別にプロへ近づくポイントがあるようです。
まずは翻訳学習経験者の方のポイントから見ていきましょう。

特に分野を特定せずに翻訳の学習を積んできた方の中には、「需要があ
るならば、どんな分野の翻訳でも臨むべきだ」という考えを持っている
方もいらっしゃると思います。また独立心の強い方や一日も早く翻訳の
仕事につきたいと考えている方の中には、守備範囲を広げれば、何らか
の翻訳の仕事を受注できる可能性が高くなるという考えから、さまざま
な分野に手を広げている方もいらっしゃると思います。短期的に見れば
確かに受注率は高くなると思いますが、プロの翻訳者として長期的に安
定した仕事量を確保するためには、中途半端に分野を広げるよりも、専
門とする分野を絞り込んで知識と翻訳技術を高めていく方が最終的に近
道になります。<次回に続く>

                    (アメリア事務局 吉野 陽)


◆さりげなくアメリア

一般参加大歓迎!映像字幕翻訳コンテスト開催中!

映像翻訳に興味のある方ならどなたでも応募可能。最優秀賞受賞者は株
式会社ギャガ・コミュニケーションズ他の登録字幕翻訳スタッフとして
採用されます。これを機に字幕翻訳の世界をご体験ください。

詳しくはこちら↓
 http://www.amelia.ne.jp/user/sp/scnt16.jsp

―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

◎大好評エッセイ『わが家にWebWHOがやってきた』
⇒フリーライター丸山タケシさんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ、
  最新号は、第18回「天才卓球少女の母」の巻です。
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/mail26.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ《新刊書籍のご案内》

 番頭「クイズだすよ。人の苗字の読み方ね。“四月朔日”はなんて読
    む?」
 一色「・・・?」
 番頭「じゃあ、“薬袋”は?」
 一色「クスリ・・・ぶくろ?」
 番頭「アカンなぁ、イッシキさん」
 一色「イッシキじゃありませんっ。私の苗字は イ シ キ です!」


★まちがえやすい人名の読み方を確認できるハンドブック発売
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●人名よみかた辞典 姓の部 新訂第3版
 幾通りにも読める姓、難読の姓を徹底採録、その読み方を実在の人物
 例で確認できる辞典。姓10,401種、人物27,104人を収録。部首や総画
 数でも、音・訓いずれの読みでも引ける。人物例には、職業や著作等
 を記載。
 定価\5,250(本体\5,000) 日外アソシエーツ〔編〕2004.9刊/A5・670p
 http://www.nichigai.co.jp/newhp/new_book/index.html

●人名よみかた辞典 名の部 新訂第3版
 幾通りにも読める名、難読の名を徹底採録、その読み方を実在の人物
 例で確認できる辞典。名8,856種、人物30,969人を収録。部首や総画数
 でも、音・訓いずれの読みでも引ける。人物例には、職業や著作等を
 記載。
 定価\5,250(本体\5,000) 日外アソシエーツ〔編〕2004.9刊/A5・610p
 http://www.nichigai.co.jp/newhp/new_book/index.html


==クイズの答え==
 四月朔日(わたぬき)
 薬袋(みない)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.60 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る