┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃      謝恩セール実施中!7/20まで        ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の温もりを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力 1          今井克佳
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その18)       山本ゆうじ
■ 翻訳校閲者の7つの仕事(下)             田村洋一
■ 翻訳業界雑記 第9回                 吉野 陽
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ
■ O.E.D.を引こう!   <名言の検索>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳劇のフシギ・翻訳劇の魅力 1          今井克佳
                                                      
『エレファント・バニッシュ』

最近上演された翻訳劇の舞台をレポートしていくのが、この記事の趣旨
なのだが、最初はちょっと変わり種を紹介することにした。前号掲載の
「翻訳読書ノート」とのリンクでもある。

村上春樹の「象の消滅」「パン屋再襲撃」「眠り」を含む 16 の短編が
Jay Rubin によって英語に翻訳され「The Elephant Vanishes」として
ニューヨークで刊行されたのが1993年。上記三作を素材に、イギリス演
劇界の鬼才、演出家サイモン・マクバーニーと日本の俳優たちがロンド
ンでのワークショップを行い、『エレファント・バニッシュ』という舞
台を作り上げたのが、10年後の2003年。東京とロンドンでの成功を受け
て、今年の再演となった。今回は両国だけでなく、ニューヨーク・パリ・
ミシガン州でも上演される予定だ。

日本人作家の書いた小説が、英語に翻訳され、それをもとに演出された
演劇が、日本人の俳優によって日本語で上演される。なんというかぐる
っとまわってまた元に戻ってきました、って感じがとても面白い。

舞台は様々な奇抜なアイディアに満ちあふれている。マイムによる独特
の身体表現。映像の多用。光と闇。空間のねじれ。たとえば「パン屋再
襲撃」の最初のシーン。垂直に立てられたベッドに張り付くように寝て
いる若い夫婦。つまり観客は、天井からの視点で二人を見下ろしている
のだ。突然、夫がベッドの上に立ち上がり、天井を向いて観客に語り始
める。実際は俳優はワイヤーによって水平に吊られているのだ。

こうした演出はただ奇を衒ったものではない。ワイヤーで吊られた夫は
物語を俯瞰する語り手となり、もう一人の自分と妻が演じる物語を、空
中を浮遊しながら語り続ける。自己を客観視する分身。「眠り」では、
眠れなくなった主婦のビデオ日記の映像が、何重にも舞台に映し出され、
同じことのコピーでしかない日常を象徴する。

こういった演出が、村上春樹の描く現代の都市生活の空虚感・孤独感を
かなり正鵠に捉えている。初演ではこなれない印象もあったが、今回は
表現と内容とがするっと繋がって腑に落ちた。

演劇の世界的コラボレートは現在ここまで進んでいる。もちろん東京で
は古典的な翻訳劇も毎夜上演されている。今後、様々な「翻訳劇」のあ
り方を紹介させていただこうと思っている。


【上演情報】
『エレファント・バニッシュ』
 村上春樹 短編集「The Elefant Vanishes」(1993 Knopf 刊)より
 世田谷パブリックシアター+コンプリシテ(ロンドン)共同製作
 演出:サイモン・マクバーニー
 出演:吹越満 高泉淳子 宮本裕子 他


【著者プロフィール】
 今井 克佳(いまい かつよし)
 東洋学園大学・現代経営学部専任講師
 埼玉大学卒業・東京都立大学大学院博士課程満期退学
 専門は日本近代文学・特に詩の分野。
 文学研究の参考にと、古典翻訳劇の上演には長く足を運んできたが近
 年は演劇の面白さにハマり、ジャンルを問わず様々な舞台に出かけて
 いる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その18)        山本ゆうじ
                                                      

翻訳ソフトと翻訳メモリの違い

これまでは主に翻訳メモリについてご紹介してきました。

翻訳ソフトと翻訳メモリの違いとは何でしょうか。翻訳ソフトは、自然
言語処理に基づいて、品詞の判定と構文の解析などを行い、翻訳処理を
行います。その一方で翻訳メモリは、文法的な処理は一切行わず、数学
的な類似度にのみ基づいて、以前に翻訳した訳文を再利用することを目
的にしています。これらの特性にはそれぞれ一長一短があります。翻訳
ソフトは非常に複雑な処理をしているにもかかわらず「誤訳」をするこ
とがあります。その一方、翻訳メモリは改版など「ほんのわずかの違い」
しかない場合には非常に有用ですが、違いが少しでも大きくなると、流
用できる文が激減してしまいます。

最近では業務用翻訳ソフトには翻訳メモリ機能が含まれるため、両者の
区別が難しくなってきました。しかし業務用翻訳ソフトに付属する翻訳
メモリ機能は、現時点では、単体の翻訳メモリ製品である TRADOS など
には及びません。また納品物として TRADOS のファイル形式であること
が求められることもあります。

よくある誤解ですが、翻訳ソフトと翻訳メモリは「どちらか一方を使わ
なくてはいけない」ということはありません。もっとも効率的な翻訳ワ
ークフローは、翻訳ソフトと翻訳メモリの双方の特性を理解した上で、
適切に組み合わせて使うことです。

■受動的/能動的な用語管理

翻訳ソフトの特性として、あらかじめ設定した用語集に基づく翻訳がで
きます。翻訳メモリでも用語管理ツールがありますが、これは原則とし
て人間の目で見て確認する必要があります。このため翻訳メモリでの用
語管理は、「受動的な用語管理」であるといいます。これに対して翻訳
ソフトの場合は、用語集をユーザー辞書として作成し、そのユーザー辞
書の用語が「自動的に」適用されるため、「能動的な用語管理」である
といいます。

■語句単位/文単位の翻訳資産

以前に「翻訳資産」という考え方についてご紹介しました。この考え方
に沿うと、翻訳ソフトは「語句単位の翻訳資産」を扱い、翻訳メモリは
「文単位の翻訳資産」を扱う、ということもできます。語句単位の翻訳
資産とは、「ユーザー辞書」のことです。翻訳者が業務用翻訳ソフトを
使う上で、ユーザー辞書は必須です。翻訳者の場合は、ユーザー辞書を
使わないのでは翻訳ソフトを使ったことにはなりません。

また翻訳者ユーザーにとっては、雑誌や一部のWebサイトで行われている
「翻訳精度の比較」はほとんど意味がありません。「翻訳の精度」が問
題になるのは、カスタマイズを一切行わず、「翻訳ボタンを押しておし
まい」という使用法をする一般ユーザーだけです。なぜならば、ユーザー
辞書が適切に作成されている場合、一定の翻訳精度の水準を満たす業務
用翻訳ソフトでは、結果はほぼ同じになるからです。また「翻訳者が翻
訳のすべての過程を完全に掌握する」ことが、翻訳者が翻訳ソフトを使
用する大前提です。逆に言えば、どの業務用翻訳ソフトを使っても、結
果がほぼ同じになるようにユーザー辞書を作成する必要があります。

「翻訳の精度」が問題にならないとすれば、翻訳者ユーザーは、翻訳ソ
フトのどのような点に注目すべきなのでしょうか。この続きはまた次回。

ご質問、ご感想、ご要望、ご意見などがありましたら、
tran@nichigai.co.jp までどうぞ。

《このコラムは音声認識ソフトを使用して執筆しています》

【著者プロフィール】
 山本 ゆうじ(やまもと・ゆうじ)
 フリーランス実務翻訳者。国際学校 UWC イギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://transpc.cosmoshouse.com/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://cosmoshouse.com/
『世界に通じる学校――国際学校UWCの異文化理解教育』発売開始


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■翻訳校閲者の7つの仕事(下)              田村洋一

 前回に引き続き、翻訳校閲について考えてみましょう。

5)原文解釈と表現の校閲:
 翻訳校閲者として原文に目を通しておくのは大前提ですが、訳文を読
んでいて「これは変だな?」と思うときは詳細に原文と比較検討しなけ
ればなりません。ここで「変だな?」というのは日本語表現としてでは
なく内容的な矛盾です。これには業界の常識や専門知識が必要です。私
の経験でも、一次校正はパスしているのに原文の意味が全く正反対に解
釈されていた例がありました。訳文の前後関係のズレから翻訳もれを発
見できる場合もあります。
 しかし、校閲者としてここに深入りするのは危険です。一旦、翻訳者
の表現が気になり始めると、全体を書き直したい衝動にかられる可能性
があります。しかし、余計な工数を要するという意味で、これはプロジ
ェクトにとってはマイナスです。必要最小限の手直しに止めるべきです。
校閲者は二人目の翻訳者ではないのです。時間的、コスト的に余裕のあ
るプロジェクトで、一次翻訳(下訳)と二次翻訳(上訳、リライト担当)と
いう体制をとっている場合は少し話が変わります。校閲者は基本的には
二次翻訳原稿をチェックしますが、場合によっては一次翻訳原稿まで戻
って確認しなければならないことがあります。
 技術的なテーマの文章でも、原文と訳文は文のレベルで対応するとは
限りません。読み物的な文章では段落のレベルで内容を再構成するほう
が自然な日本語になることが多いのはご承知の通りです。校閲者は、日
本語として読みやすいかどうかを第一に、原文と付かず離れずという難
しい作業を強いられます。原文解釈に「幅」がある場合、翻訳者は解釈
や用語選択の理由をコメントとして付記することが有効です。

6)社会的責任を果たすための校閲:
 プライバシー、人権、知的財産権などの侵害を防いだり、犯罪の助長
を防止したりするための校閲です。インターネットによる(広義の)出版
活動が飛躍的に増加したため、その出版物が社会に与える影響が無視で
きなくなってきました。そのためのチェックは新聞社や放送局では昔か
ら行われてきたことですが、Webページ、メールマガジンなどでも同様
の注意が必要になりました。印刷媒体と比べて編集作業の時間的余裕が
少ないことと、情報が広がる速度が圧倒的に大きいことが問題です。
 例えば、記事中のリンク先に不正な情報が掲載されていないかどうか。
blogは個人の良識に期待するしかないので、そこからの引用は要注意で
す。掲載する写真や図版にきちんとクレジットを付けることも含まれま
す。ソフトウェアの解説では、コーディング例がオリジナルかどうかが
問題になる場合があります。さらに、原文が発表された国では問題がな
くても、日本では法に抵触する場合もないとは言えません。最近の実例
では、GIFイメージの特許(正確にはデータ圧縮方式LZWの特許)が米国で
失効したのは2003年6月20日でしたが、日本での失効は1年後の2004年
6月20日です。その間、Unisys社のライセンスを得ていないGIF作成フリ
ーソフトをダウンロードできる米国内のサイトへのリンクを日本で掲載
すれば、それは不正行為の助長だったわけです。
 この校閲は非常に広範囲で100%の保証は事実上不可能ですが、重要
な努力目標と言えるでしょう。また、クライアント側の仕事と考えられ
る部分もあり、翻訳会社がどこまでできるのかという疑問はあります。
「自主規制」や「検閲」とも絡みますが、ここではこれ以上は述べません。

7)訳文の品質評価:
 校閲者の重要な仕事で、翻訳者には更に重要なことが「評価」です。
一般には「減点法」で行われるのではないかと思います。誤字・脱字、
表記原則違反などは容易に数値化できるのですが、原文解釈や日本語と
しての表現力となると、厳密な評価基準をつくること自体が容易ではあ
りません。翻訳者の立場から見れば、どんな基準で評価されているのか、
その評価結果は妥当なのか、非常に気になるところです。これは直接
「単価」に響いてきます。一番困るのは、校閲者の能力が翻訳者を下回
る場合です。自分の翻訳が改悪された上に低い評価が付けられては踏ん
だり蹴ったり…まさに悪夢です。
 重要なことは、発注元である翻訳会社と受注者である翻訳者の間で、
評価基準と評価結果が目に見えるように定量化されて開示されることで
す。正当な評価であることがお互いに確認できれば信頼感も増し、翻訳
の質的向上にもきっとプラスになることでしょう。


【著者プロフィール】
 田村 洋一(たむら・よういち)
 東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートルズ
 世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を目
 の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を信
 じる美術愛好家でもある。


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

◎大好評エッセイ『わが家にWebWHOがやってきた』
⇒フリーライター丸山タケシさんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ
  〜第15回<“6月の検索ランキングと謎がナゾを呼ぶアガワさん
  人気”の巻>です〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳業界雑記                     吉野 陽

第9回 翻訳学校は役に立つのか?

独学では一人前の翻訳者になって翻訳の仕事を受注できるようになるま
では何年もかかると言われていますが、翻訳学校を活用してデビューま
での期間を短縮することもできるようです。

先日もアメリアを通して採用が決まった案件があり、その採用担当者か
らコメントをいただきました。この案件には全部で3名の方を採用いた
だきました。この3名の方は翻訳未経験でしたが、全員が翻訳学校での
学習経験がある方だったそうです。採用にあたって、ただ英語ができる
だけの人とは翻訳をしてもらった時に大きな差があり、今後は翻訳学校
の在籍履歴も採用の参考にしていくと仰っていました。翻訳を専門とす
る学校で学ぶ事は、仕事を獲得する局面でも大いに役立っているようです。

今回のケースは実務翻訳でしたが、映像翻訳や文芸翻訳でも同様のこと
が言えると思います。現場で活躍されている講師の方が培ってきたテク
ニックを身につけられるのですから、その効果は大きいでしょう。独学
では気がつきにくいポイントも的確に指導してもらえますし、翻訳のテ
クニック以外の注意事項なども指導してもらえます。

最寄りに翻訳学校が無いなど、通学で受講することが困難な場合は、通
信講座を受講する手段もあります。通信講座は通学講座と違い、実際の
仕事に似ている部分が多くあります。在宅フリーランスを考えているの
であれば、課題提出までのスケジュール管理や自己管理、そして課題提
出期限は実際の仕事の「納期」にあたると言えます。このようなことも
意識して取り組めば、プロ意識も確立されるでしょう。

翻訳未経験者に限らず、既に翻訳を受注して実際に仕事をしている方も
ステップアップの手段として翻訳の講座を活用してみても良いかもしれ
ません。講座は翻訳学校だけでなく翻訳会社などでも行っており、講座
の内容は多岐に渡っています。プロを対象としたものもあるようです。

独学に限界を感じている方、ステップアップを考えている翻訳者の方も
翻訳学校での学習を一度考えてみてはいかがでしょうか。

◆さりげなくアメリア

一部読み物コンテンツが一般の方にも読めるようになりました。「一般
公開」の表示があるのものはこの画像をクリックしてご覧いただけます。
翻訳の学習や実際の仕事にお役立てください。

「翻訳の道具箱」
 http://www.amelia.ne.jp/user/reading/transtool_top.jsp

「伝近藤のトライアル現場主義」
 http://www.amelia.ne.jp/user/reading/den_trial_top.jsp

「検索の鉄人」
 http://www.amelia.ne.jp/user/reading/search_top.jsp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

◆三省堂の新刊 CD-ROM 辞書4点、取り扱い開始しました!!

三省堂の定番辞書4点の CD-ROM の取り扱いを始めました。いずれも動作
の軽快な BTONIC 版(Windows専用)で、大変使いやすい仕様になってい
ます。 勿論、トランレーダー特価=10%Offにてご奉仕いたします。 

 CD-グランドコンサイス英和辞典・グランドコンサイス和英辞典
  \13,986(税込)
 CD-クラウン仏和辞典・コンサイス和仏辞典 \7,371(税込)
 CD-クラウン独和辞典・新コンサイス和独辞典 \7,371(税込)
 CD-スーパー大辞林・コンサイスカタカナ語辞典 \7,371(税込)

     *     *     *     *     *

★「翻訳力錬成テキストブック―柴田メソッドによる英語読解」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〈翻訳者の実力養成と訓練に最適の100講です〉
  柴田耕太郎〔著〕 日外アソシエーツ〔刊〕
  定価10,290円(本体9,800円) 2004年4月20日刊行

送料無料で絶賛発売中です。詳しくはこちら↓をご覧ください。
 http://www.nichigai.co.jp/sales/shibata-method.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!   <名言の検索>

使い古されたジョークに「シェイクスピアを読んだけど、登場人物が諺
ばかり喋っていてどうもねえ」というのがあります。16世紀ルネサンス
期の英国は、ラテン語をつなぎ合わせて新語が大量に生産された時代で
す。シェイクスピア(1564-1616)自身も実に 2,000 語もの新語を作り
出しています。また、前例のない自由なやり方で名詞を動詞化、副詞化、
形容詞化して、激動の時代・世相を巧みに表現し、数知れない新しい成
句や名文句を残しました。そう、シェイクスピアが今日の諺を作り出し
たのです。

近代英語史におけるパイオニア的存在であるシェイクスピアの作品は、
歴史的記述主義を貫くO.E.D. にも初出用例として数多く採用されて
います。今回は少し趣向を変えて、シェイクスピアその他の著名な文学
作品からの用例文中より、名言・金言の類をピックアップしてみたいと
思います。この時、CD-ROM ならでは、の強力な検索機能が役立ちます。
「ADVANCED SEARCH」ならば3つまでのキーワードによる複合検索が可能
です。

最初に「ADVANCED SEARCH」画面を呼び出して二択のうち[QUOTATIONS] 
ボタンをクリックします。これで入力画面中の選択 BOX のデフォルト
値が切り替わります。取り敢えず、このままでOKです。


「恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れもしない♪」と歌ったのは
小椋佳ですが、シェイクスピア劇にもよく似たフレーズがあります。

●検索条件: [Shakes.] + [world] + [stage]

1)冒頭の空欄に「Shakes.」と入れます。この時、著者名に略称を使う
 ところがポイント。通常は姓(surname)のみでよいのですが、シェイ
 クスピアの場合、「Shakespeare」ではヒット件数がぐっと減ります。

2)2つ目の空欄に「world」と入れます。

3)3つ目の空欄に「stage」と入れて、[START SEARCH] をクリック。

player,
 1600 Shakes. A.Y.L. ii. vii. 140 All the world's a stage, 
 And all the men and women, meerely Players.
 (この世はすべて舞台、男も女も役者に過ぎない。)

この名台詞は、『お気に召すまま』(A.Y.L.=As You Like It)第二幕
第七場に出てきます。


●検索条件: [Shakes.] + [spring] + [Aprill]
spring, n.
 c. fig. The first or early stage or period of life, youth, etc.

 1591 Shakes. Two Gent. i. iii. 84 Oh, how this spring of loue
 resembleth The vncertaine glory of an Aprill day.
 (恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ。)

こちらは『ヴェローナの二紳士』(Two Gent.=The Two Gentlemen of 
Verona)第一幕第三場の台詞です。検索時に「April」ではなく、中世
英語の「Aprill」を使うところがミソ。用例文の全文検索なんですが、
単語の完全一致となるようです。一字一句違わないように指定しなけれ
ばなりません。

┌───────────────────────────────┐
│April                             │
│ Forms: a. 3-4 averil, 4-5 averel, -ylle, avyryle. b. 4-5   │
│ aprille, -yll, apprile, -ille, 5 apryle, -el, 6 -elle, -ill, │
│ 7―April.                           │
│                               │
│[SPELLINGS] ボタンでこの記述が現れます。数字は10世紀以降の下一│
│桁の世紀を表します。従って aprill は16世紀に使われた表記である│
│ことがわかります。17世紀以降に April となったようです。    │
└───────────────────────────────┘


●検索条件: [Shakes.] + [life] + [twice]
twice-told, a.(adv.)
 2. Narrated or related twice.

 1595 Shakes. John iii. iv. 108 Life is as tedious as a twice-told
 tale.
 (人生は二度繰り返されるような退屈な物語)

こちらは『ジョン王』(John=King John)第三幕第四場の台詞。


●検索条件: [Shakes.] + [life] + [shadow]
walking, ppl. a.
 5. That goes about in the semblance of a human being. Often in
 figurative or similative expressions;...

 1605 Shakes. Macb. v. v. 24 Life's but a walking Shadow, a poore
 Player, That struts and frets his houre vpon the Stage, And then
 is heard no more.
 (人生は歩く影にすぎない・・・)

有名な『マクベス』(Macb.=Macbeth)第五幕第五場の台詞です。


この他、有名な詩人たちの名言を検索してご紹介しましょう。

◎Alexander Pope(1688-1744)詩人
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●検索条件: [Pope] + [forgive] + [divine]
divine, a. and n.
 1. Of or pertaining to God or a god.

 1709 Pope Ess. Crit. 525 To err is human, to forgive, divine.
 (過ちを犯すのは人間、許すのは神。)

ポウプ『批評論』(Essay on Criticism)の中の一節です。


◎William Wordsworth(1770-1850)詩人
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●検索条件: [Wordsw.] + [child] + [father]
father, n.
 b. fig. (Quots. 15972 and 1802 have given rise to proverbial
 phrases.)

 1802 Wordsw. Rainbow, The child is father of the man. 
 (子どもは大人の父親である。)

ワーズワース『虹』(The Rainbow)という詩の中の一節です。検索時、
略称「Wordsw.」を用いる点にご留意ください。


◎George Gordon Byron(1788-1824)詩人
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●検索条件: [Byron] + [happy] + [boy]
boy, n.
 1. A male child below the age of puberty. But commonly applied
 to all lads still at school, as such; and parents or sisters
 often continue to speak of their grown-up sons or brothers as
 'the boys'.

 1812 Byron Ch. Har. ii. xxiii, Ah! happy years! once more who
 would not be a boy?
 (ああ、幸せな年月よ。再び少年に戻ることを望まぬ者がいるだろうか。)

バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(Childe Harold's Pilgrimage)
の中の一節です。


◎Alfred Lord Tennyson(1809-1892)詩人
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●検索条件: [Tennyson] + [better]+ [lost]

lose, v.
 4. absol. or intr.  a. To suffer loss; to cease to possess
 something; to be deprived of or part with some of his or its
 possessions, attributes, or qualities; to become deteriorated
 or incur disadvantage.

 1850 Tennyson In Mem. xxvii, 'Tis better to have loved and lost
 Than never to have loved at all. 
 (愛して失うことのほうが、まったく愛さなかったことよりはまし。)

テニソン『追憶の詩』(In Memoriam)の中の一節です。


このように知っている「名言」の英文を想像し、簡単な英単語を組み合
わせて検索すると原文と出典情報を引き出すことができます。検索時の
ポイントは、著者名の略称をきちんと押さえる点でしょう。凡例をよく
読まないと難しいですね。お試しあれ。


【シェイクスピア作品の全文検索データベース】* ご参考までに。
  http://www.cs.usyd.edu.au/~matty/Shakespeare/


                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Shorter Oxford English Dictionary on CD-ROM Version 2.0 案内】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/soed_v2.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.52 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る