┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌ 〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃      丁寧な対応、こだわりの品揃え、      ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の温もりを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その14)       山本ゆうじ
■ "Art" のはなし(上)                田村洋一
■ 翻訳業界雑記 第5回                 吉野 陽
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ〜謝恩セール開催!
■ O.E.D.を引こう!   <フリーター>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その14)
                                                      山本ゆうじ

用語管理の重要性――MultiTerm

 ご存じの通り、翻訳者は、辞書と用語集を使いわけます。翻訳者は、
なぜ辞書を引くのでしょうか。「意味を調べる、または確認するため」
という答えがまず浮かびます。しかし、用語集の場合は、意味を確認す
るだけでなく「調べた訳語が適切であれば、その語を訳文に適用する」
という手順が必要です。

 ところで、ファンタジーの古典 "The Lord of the Rings" の翻訳、
『指輪物語』/『ロード・オブ・ザ・リング』について、訳語について
さまざまな議論があったことをご存じの方も多いと思います。『指輪物
語』に出てくる人名・地名・固有名詞の数は、非常に多数におよび、訳
語の統一は簡単ではなかったでしょう。オックスフォード大学の言語学
教授であったトールキンが、言葉の力によってひとつの壮大な世界を構
築したといえます。

 ちなみにどれだけの言葉が出てくるか、ちょっと気になる方はこちら
をどうぞ。きれいなイラスト付きのデータベースです(日本語)。

 the Lord of the Rings Library
 http://www33.ocn.ne.jp/~papygallery/

 それにしても、トールキンの翻訳で、もし翻訳メモリや用語管理ツー
ルが使用されていれば、どれほど作業が楽になっただろうか、とつい想
像してしまいます。

 訳語の不統一は、読者の混乱を招くことになります。実務翻訳におい
ては、単に違和感を覚えるというだけではなく、「ユーザーが説明書を
理解できない」「言葉の範囲が文書によりまちまち」という、より現実
的な問題が発生します。説明書の各章で使われている訳語が異なるため
に、ユーザーの理解が不十分であると、満足度が下がる一方、その件に
ついて問い合わせがあればサポートコストは上がります。それがもしソ
フトウェアの特定の機能を指す言葉であれば、訳語が統一されていない
ばかりに、開発者が苦労して作り上げた機能がユーザーにまったく使わ
れないということもあるでしょう。ある会社の、翻訳メモリが導入され
る前の翻訳文書を目にしたことがありますが、原文では同じ単語が、訳
文では3つも4つも訳語が使われていました。この文書でよく意思が通じ
たものだと、人間の可能性に頭が下がったものです。ともあれ、本気で
コスト削減を考える企業にとっては、用語管理は極めて重要なはずなの
です。

 TRADOS には、用語を統一するための用語管理ツール MultiTerm があり
ます。私の個人的な印象としては、TRADOS を所有しているユーザーでも、
MultiTerm を使用されていない場合がかなりあるようです。MultiTerm 
の利点としては、翻訳メモリと Word に統合されている、強力なあいま
い検索が可能である、柔軟なフィールドの定義が可能である、などが挙
げられます。「Excel やエディタで間に合うのでは」と思われている方
もいらっしゃるかもしれません。しかし、Excel やエディタはデータベ
ースではないため(それに近い使い方をすることもできますが)、用語
の絞り込みやあいまい検索の点などで、専用の用語管理ツールである
MultiTerm には及びません。用語は長い文中では表記が微妙に違うこと
もありますが、特に Excel では "backup" と "back up" や、"fibre"
と "fiber" など、一字違うと見つけることができません。表計算ソフト
ですから、もともとあいまいな文章(とそれを構成する用語)を処理す
るようにはできていないわけです。どこが違うのかということは常に分
かるわけではないため、根気よく部分一致を確認するしかありません。
MultiTerm では、検索時にこのような表記の違いを自動的に吸収してく
れます。

 次回も MultiTerm の続きです。ご質問、ご感想、ご要望、ご意見があ
りましたら、tran@nichigai.co.jp までどうぞ。

【著者プロフィール】
 山本 ゆうじ(やまもと・ゆうじ)
 フリーランス実務翻訳者。国際学校 UWC イギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://transpc.cosmoshouse.com/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://cosmoshouse.com/
★『世界に通じる学校――国際学校UWCの異文化理解教育』発売開始★

┌[PR]―――――――――――――――――――――――――――――┐
|トラドスちょびっと値下げしました。 6月21日迄です。お見逃しなく|
└───────────────────────────────┘
『TRADOS 6.5 Freelance』特価120,750円(本体115,000円)好評発売中
 詳しくはこちら↓をご覧下さい。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/trados/trados65_free.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ "Art" のはなし(上)
                            田村洋一

 アートする…などという表現を目にしてゾッとすることがあります。
引っ越し屋さん、かつら屋さん、造花の名前、印刷用紙など、いろいろ
なところで「アート」に出会いますが、英語の "art" は広大で、捉えど
ころのない言葉です。ビアースの「悪魔の辞典」を開いてみると "This
word has no definition.(以下省略)"と書いてあります。かなりの難
物です。英語版ブリタニカ百科事典には "Philosophy of art" という
項があり、John Hospers 氏が長大な解説を書いています。その中で紹介
されている最も簡潔かつ包括的な定義は "art is anythingthat is man-
made" というものです。つまり「自然物ではない」という程度の意味し
かないのです。この定義では美学的な価値判断は排除されています。

 "art" の訳語は文脈で変わりますが、最も一般的なのは「芸術」ない
し「芸術作品」です。先ほどの "art" の定義とは随分開きがあるような
気がしませんか。大げさに言えば、"art" が「芸術」になった途端、後
光がさして祭壇に奉らなければ恐れ多い存在に変身し、ここに権威主義
的な匂いを嗅ぎ取る人も少なくないのではないでしょうか。その一方で、
本来 "art" に含まれる大衆的な音楽や芸能という娯楽的側面が欠落して
しまいます。文学を例にとれば「芥川賞」も「直木賞」も共に "art" に
違いないのです。言いかえれば、「芸術」は "art" の部分集合でしかあ
りません。

 日本には「芸術は心静かに鑑賞し理解すべき対象である」という一種
信仰めいた固定観念があり、理解できないことを悩む人(逆に、ありが
たがる人)、作品自体より解説を読むのに熱心な人、初めから敬遠して
しまう人が多いようです。しかし、最も大切なのはまず素直に「感じる」
ことであり「楽しむ」ことのはずです。作者の制作意図やテクニック、
作品の位置づけなどを深く理解するのはその後でよいのです。批評家が
付ける優劣のレッテルを気にせず、何か心に「引っかかるもの」を感じ
取ることが大切です。

 作品に自然体で接することを「芸術」という言葉が妨げているとすれ
ば大変不幸なことです。なんとなく違和感を持つ人が増えていると見え
て、最近は「アート」と書く例を目にすることが多くなりました。では
"art" にもっと近い漢語はないのでしょうか。それは「天工」に対する
「人工」です。でも、こちらは "artificial" の訳語として定着してい
るので「人工作品」などと書くと変です。いっそ「ひとわざ」とでもす
れば "art" に多少近づくでしょうか。「芸術劇場」に代えて「ひとわ
ざの家」とでもすれば大道芸も堂々と上演できそうです。これも立派な
"art" なのですから。


【著者プロフィール】
 田村 洋一(たむら・よういち)
 東京生まれ。幼稚園に入る前からFENを聴いて育った生粋のビートルズ
 世代。SEとして日米のコンピュータ会社に勤務し業界の栄枯盛衰を目
 の当たりにしてきた。現在はフリーの翻訳者、編集者。自分の眼を信
 じる美術愛好家でもある。

―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

◎大好評エッセイ『わが家にWebWHOがやってきた』
⇒フリーライター丸山タケシさんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ
  〜第12回<“ラジオ”の巻>です〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■翻訳業界雑記 第5回 出版分野             吉野 陽

さてこれまで実務分野、映像分野についてご紹介いたしましたが、今回
は出版分野について。

実務、映像にはトライアルというものが存在していますが、出版分野に
ついては皆無に等しいようです。出版社ではトライアルを実施する手間
や時間が取れないということもあるようです。

それでは新人はどのように参入していけばよいのか。ここでのキーワー
ドは「リーディング」です。

リーディングとは、出版社が出版の可否を判断する本の紹介文(シノプ
シス、レジュメ、梗概などと呼ばれています)を作成する仕事です。紹
介文といっても、読書感想文や評論ではありません。出版の可否を判断
するわけですから、作品のあらすじ、周辺情報、評価、所感などをまと
めます。順番に見ていきましょう。

●あらすじ
細部にこだわらず、全体(もちろん結末まで)が伝わるように書きます。

●周辺情報
作家のプロフィール、作品の版元、発表年、書評誌でのコメントなどを
簡潔にまとめます。

●評価
主観的な評価ではなく、同ジャンルの他作品と比較し、客観的・多角的
に評価します。

●所感
日本の読者に受け入れられるかどうかも考慮しながら、作家が作品を通
して訴えたいものは何か、そのために工夫されているものは何かなど客
観的な感想をまとめます。

これらを盛り込んだシノプシスを作成するには作品を読み込む力やスピ
ード、出版業界の動向、出版物の背景知識、そして説得力のある日本語
力が必要になります。もちろん業界の動向をつかんだり、他作品との比
較を行うためには読書量の多さが物を言います。一昔前まではリーディ
ングは新人に、翻訳はベテランにという傾向が強かったのですが、現在
では優れたリーディングをした新人にそのまま翻訳もお願いするという
ケースも増えているようです。

しかし翻訳の依頼を狙って作品をベタ褒めするのは考えものです。シノ
プシスは一般読者が読むのではなく、出版社の方が読むわけです。出版
社にとって読み応えのある面白いリーディングとは、作品のベタ褒めや
中傷ではありません。たとえ面白くない作品でも、客観的な視点で分析
し、説得力を持たせたシノプシスが出版社にとって価値のある情報にな
ります。翻訳に繋がらなかったとしても、説得力のある優れた日本語力
や業界を熟知した深い調査能力が評価されて次のリーディングや翻訳に
繋がっていきます。

◆さりげなくアメリア 
リーディングのより詳しい内容は以下のページで一般公開されています。
編集者やベテラン翻訳家の生の声も読むことができます。会員以外でも
閲覧可能ですので是非ご一読ください。

 http://www.amelia.ne.jp/user/reading/paper02_01.jsp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

【CD-ROM & 翻訳ソフト割引謝恩セール開催】
日頃のご愛顧に感謝して、2004年7月20日迄の期間限定の割引セールを
開催します。この機会をお見逃しなく。

・日外アソシエーツの CD-ROM 辞書 ⇒20%Off
・クロスランゲージの翻訳ソフト  ⇒15%Off
・CD-ROM 世界大百科事典 第2版&マイペディア ⇒15%Off
・TRADOS 6.5 ⇒謝恩特価120,750円(本体115,000円)※6月21日迄

  http://www.nichigai.co.jp/translator/

     *     *     *     *     *

一色「電子辞書SHOP以外にも、日外関係には面白いサイトありますよね」
番頭「うそうそ、ホンマ?」
一色「例えば、レファレンスクラブ。どんな事典、名簿、年鑑があるか
   引ける『参考図書情報』なんて、とってもためになります」
番頭「ほうほう。他には?」
一色「点辞館も面白いですよ。朗読CDの品揃えはかなり充実しています」
番頭「ふ〜ん。まだありまっか?」
一色「Web WHOメールマガジンですね。はまると抜け出せない、独特な世
   界が広がっています」
番頭「それにしても、よう知ってはりまんなぁ〜」
一色「というよりも、何故そこまで知らないんですか?普段何を…」

★レファレンスクラブ http://www.reference-net.jp/
 全国の図書館レファレンサー支援を目指した会員制情報サイト。
 日本で刊行された様々なジャンルの参考図書が検索できる「参考図書
 情報」は、誰もが利用できる。
 
★点辞館 http://www.nichigai.co.jp/yomikata/
 音訳、点訳ボランティア活動を支援するサイト。地名、人名などの読み
 方辞典や朗読CDなどを販売している。
 朗読CDについては、「金子みすゞ大全集」「宮沢賢治の魅力セット」
 「宮本武蔵セット」など、名作を名優の朗読で味わえます。
 
★Web WHOメールマガジン『インターネットで検索できる人物情報WHO』
 http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html
 〈人物にまつわる〉肩のこらない読み物が売り物。日外アソシエーツの
 オンラインデータベース会員向けメールマガジンですが、ご希望の方に
 無料でお届けしています。
 
★「CD-ROM 世界大百科事典 第2版 & マイペディア」好評発売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 知の最高峰、平凡社の「世界大百科事典」と、同じく平凡社の小百科
 事典「マイペディア」を収録した新商品です。
《収録コンテンツ》
 「世界大百科事典 第2版」 
 「マイペディア」(2003年6月最新のデータ改訂・項目追加)
 「デジタル月刊百科」(2001年8月号〜2004年1・2合併号)
 「デジタル地図帳」(2004年改訂版)
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ency2.html

★「翻訳力錬成テキストブック―柴田メソッドによる英語読解」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〈翻訳者の実力養成と訓練に最適の100講です〉
  柴田耕太郎〔著〕 日外アソシエーツ〔刊〕
  定価10,290円(本体9,800円) 2004年4月20日刊行

《推薦の言葉》英語を学びなおしたい人のための絶好の再入門書だ!
                          ――山岡洋一
「日本の英語教育は読解偏重、文法の詰め込みだから良くないといわれ
ている。柴田耕太郎著『翻訳力練成テキストブック』を学べば、この常
識がいかに間違っているかを実感できるだろう。読解も文法もまともに
は教えられてこなかった。だから英語を何年学んでも、読み書きも会話
もできるようにならないのだ。『翻訳力練成テキストブック』は英語を
学びなおしたい人のための絶好の再入門書だ。」

送料無料で絶賛発売中です。詳しくはこちら↓をご覧ください。

 http://www.nichigai.co.jp/sales/shibata-method.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!   <フリーター>

平成15年版の国民生活白書によると、働く意思があっても正社員として
の職を得ていない、15〜34歳のいわゆる「フリーター」は417万人に達
するそうです(学生・主婦を除く)。これは団塊世代のサラリーマン(約
500万人)に匹敵する数で、若年人口の5人に1人がフリーターと言われ
ます。

フリーターは、1987年リクルートのアルバイト情報誌『フロムエー』の
編集長・道下裕史氏により作られた造語で「フリーアルバイター」すな
わち、free(英)+Arbeiter(独) の略です。同年リクルート製作の『フリ
ーター』というタイトルの映画も公開され、一気に普及しました。道下
氏によると「文筆業など、すぐには生活基盤の安定しない目標を追いか
けながら、生活のためアルバイトをする若者への応援の気持ちを込めて」
作った言葉だそうです。でも、今やそういう志を持った若者は少数派で、
逆に無気力で安易なモラトリアム・タイプが多数を占めているという印
象です。ちなみに首都圏のフリーターのうち、2/3 が親と同居している
とのこと。納得ですね。

ところで、フリーターにおけるフリーとは、どういう意味なのでしょう。
free の語源をOEDで調べてみたところ、friend と同根で、古英語の 
freo(親愛な)から来ていることがわかりました。愛情→束縛されない
自由なもの、という意味の変転でしょうか。

しかし、この場合のフリーはむしろフリーランスの意味合いが相応しい
ようです。Webster で引いてみると、次のようにありました。

free lance
 1 a : a knight or roving soldier available for hire by a state
 or commander : FREE COMPANION, CONDOTTIERE
 b : one who acts on his own responsibility without regard to party
 lines or deference to authority
 2 : one who pursues a profession or occupation usually in the arts
 under no long-term contractual commitments to any one employer or
 company

フリーランスは元々、中世の傭兵(lance は槍の意味)を表しますが、
そこから転じて、特定の組織に属さない仕事請負人を表すようになります。
肝心なのは、profession (専門職)に従事する者というところ。ちなみに
SOD(Shorter Oxford English Dictionary)では、specialist の領域
で働く者と説明されています。

freelance
 2. A person operating without permanent commitments in a particular
 sphere of activity; spec. a person who works, usu. in a specialist
 area, for no fixed employer. M19.

つまり、ある専門的な職能を持つ者が「フリーランス」と呼ばれるわけ
です。実力ある者だけが対等な立場で「自由」に雇い主を選べるという
ことでしょうか。

また、ドイツ語の Arbeit(アルバイト)の原義は「労働・仕事・研究」
(labor) だそうです。そこには、日本語で言うところの part-time job 
という軽いニュアンスは見当たりません。こうして語源を辿ってみると
フリーランスのアルバイター=「フリーター」は、図らずもなかなか重
みのある positive な言葉なんですね。

ところが現実には、フリーターは、雇い主が雇用も解雇も「自由」にで
きて、労働条件の改善や社会保障の負担もしなくて済む、非常に都合の
よい安価な労働力という低い扱いを受けています。要するに使い捨て可
能な単純労働力に他ならないわけです。このような negative なフリー
ターの増加による日本の伝統的な技術力の低下を危惧する声も高まって
います。

また、一般に所得の低いフリーターの増加は、フリーター本人が生活に
困るだけでなく、消費を抑制することなどから日本経済全体の活力が損
なわれる恐れもあると言われています。

但し、昨今の女子高生たちにとっては、カレシにしたいナンバーワンが
フリーターなんだそうです。理由は簡単で「いつでもどこへでもすぐに
来てくれるから」だとか。なるほど、時間と場所に束縛されないフリー
ターが、日常の思わぬところで歓迎されているんですねえ. . . Sigh!


米国では、日本より若者のフリーター率が高いと言われます。しかし、
勤続年数で給料が上がっていくことのない厳しい実力社会のアメリカに
おいては、学歴と資格、そして自己アピールが物を言うそうです。自分
に合わない仕事にはさっさと見切りをつけ、キャリアアップを目指して
切磋琢磨するアメリカの若者にはダラダラと無駄に時間を過ごしている
暇はないようです。それが語義本来のフリーター像なのかもしれません
ね。


【平成15年版 国民生活白書のページ】
 http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h15/honbun/index.html


                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Shorter Oxford English Dictionary on CD-ROM Version 2.0 案内】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/soed_v2.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.48 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る