┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃<最大30%Off>【第2弾】翻訳ソフト割引パックセール開催 ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の温もりを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その10)        山本ゆうじ
■ 翻訳業界雑記                    吉野 陽
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ・・・翻訳ソフト割引パックなど
■ O.E.D.を引こう!   <cult>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その10)TRADOS の利点
                           山本ゆうじ

皆さんの中で TRADOS を使われている方は、かなり多いのではないかと
思います。使いこなしていらっしゃる方も多いと思いますが、なじみの
ない方のために説明しておきますと、TRADOS とは翻訳メモリの一種です。
翻訳メモリとは、翻訳済みの文章を文単位でデータベースとして管理す
るための仕組みです。翻訳対象に対して、以前に同じような文章を訳し
ていないか自動的にデータベースを検索し、その一致率に基づいて適宜
再利用します。完全に同じ文章や似た文章に対して翻訳作業を繰り返す
ことを避け、効率化が図れます。個人翻訳者が使う意義ももちろんあり
ますが、翻訳会社やクライアントでのコスト削減に有効で、IT 分野を
はじめとして翻訳業界に浸透しつつあります。翻訳メモリには、他にも
SDLX、Transit といった製品がありますが、特に IT 分野では TRADOS
が一般的なようです。

ただ、現状では翻訳メモリが十分に活用されない例、また逆に能率を下
げてしまっている例もあります。本来の能力を発揮するには、今後の理
解がさらに広まる必要がありそうです。

ごくまれにですが、ソフトウェアの翻訳で、手書きの赤字校正をいただ
くことがあります。クライアントさんが、数百ページにわたって、同じ
語句の訂正を、何度も何度も手書きで書き込まれているのです。ただ最
後のほうは根が尽きたのか、修正すら入っていません。ご苦労様であり
ます。私も人間ですから、もし何かの拷問としてこのような作業をさせ
られると(しかも短時間で完了せよとの条件付きで)、たぶん最後のほ
うでは疲労困憊すると思います。しかし、ここまで手間をかけていなが
ら、完全に直っているかというと、そうではないのです。クライアント
さんでの本来誤りを訂正するはずの修正段階でのもれや間違いを、再度
こちらで訂正する必要が出てしまいます。また修正されている語句が、
以前に頂いた指定と違うこともあります。これが意図的な変更で今回以
降はこれが正しいのか、修正者の手違いかは知るよしもありません。

このような場合に、翻訳メモリで一括して修正していれば、同じ語句の
訂正は一回で済み、また「校正」=>「反映」という二段階の手間をかけ
ることもなかったわけです。また用語が MultiTerm(TRADOS に含まれる
用語管理ソフト)で管理されていれば、作業にかかわる全員が、変更さ
れた用語を確実に反映できます。A さんが直した用語を B さんがさらに
直し、C さんが元に戻す……という、地獄で、転がり落ちる岩を未来永
劫、繰り返し押し上げるシジフォスの罰にも似た、ムダな作業をするこ
とはありません。膨大なコストと時間を即座に削減できたはずです。も
ちろん修正者の方も、徹夜残業せずにすんだはずです。

「校正は紙で」という考え方にも一理ありますが、もしそれが必要だと
すれば最終段階で行うべきでしょう。修正箇所が大量に予想される段階
では、パソコン上で処理した方が効率的です。

このケースは、翻訳メモリを作業に使用していながら発生した事態です。
もちろん、これは翻訳メモリを持っていない場合でも発生することでは
ありますが、仮に持っていても使い方をよく知らないのでは、持ってい
ないのと同じことです。「忙しいから」と勉強する時間を惜しむよりも、
使い方をしっかり身につけてうまく利用したほうが、結局は時間を節約
できるのではないでしょうか。

次回は、翻訳メモリの今後の課題についてです。

この連載に関するご質問、ご感想、ご要望などがありましたら、
tran@nichigai.co.jp までどうぞ。

【著者プロフィール】
 山本ゆうじ
 フリーランス実務翻訳者。国際学校 UWC イギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://purl.com/transpc/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://purl.com/cosmos/


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆メルマガ登録キャンペーン《書籍プレゼント》実施中!!
  『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒詳しくはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/database/present.html
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

◎にわかファン急増中『わが家にWebWHOがやってきた』
⇒フリーライター丸山タケシさんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ
  〜第8回は<“地元の有名人を探す”の巻>です〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳業界雑記

はじめまして、こんにちは。翻訳者のメンバーズクラブ「アメリア」の
スタッフ吉野と申します。この「翻訳業界雑記」では事務局に日々入っ
てくる情報や、翻訳に関する様々な話題を、時には硬く、時には柔らか
くお伝えしようと思っております。「読んで得する翻訳情報」をお届け
できるように頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さて第1回目は猫を被りつつ、硬めに TRADOS の話題から。

最近アメリアに寄せられる求人案件の条件に「TRADOS が使える方」と
あるものが増えてきており、特にローカライズの分野では顕著です。ア
メリア会員向けに無料で開催している TRADOS セミナーも予約受付後、
すぐに満席という状態で業界全体的に TRADOS への関心が高まっている
ようです。一昔前までのローカライズの現場では翻訳の品質よりも効率
化を重視するがために、翻訳メモリにある不自然な日本語をそのまま採
用してしまう、採用せざるを得ないということがあったようです。ただ
最近はこのような風潮に変化の兆しが見え、あるローカライズ翻訳会社
の方からは「これからは効率化よりも翻訳の品質を重視していく傾向が
強まっていく」と伺いました。翻訳業界全体としてもこの傾向は嬉しい
ことですが、もう一歩踏み込んで考えてみると、「ローカライズ翻訳者
は TRADOS が使えて当たり前になりつつある」ということも言えるよう
です。

◆さりげなくアメリア
翻訳者を応援するメンバーズクラブ「アメリア」では、会員向けに各種
セミナーを開催しております。次回 TRADOS セミナーも3月20日に開催
予定。

セミナー一覧 → http://www.amelia.ne.jp/user/sp/event_001.html

ご興味のある方は info@amelia.co.jp までお問い合わせください。

アメリア事務局 吉野 陽
  http://www.amelia.ne.jp/userTop.do

┌───────────────────────────────┐
│【TRADOS 6.5 Freelance のご紹介】               │
│トラドスについて簡単にまとめたWEB案内です。ご参照ください。  │
│モチロン電子辞書SHOPにて好評発売中です。         │
│http://www.nichigai.co.jp/translator/trados/trados65_free.html│
└───────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

「主婦」の鑑かどうかは、私の妻でも母でもないので知らないが、主婦・
一色は、まぎれもなく「店員」の鑑である。
ふと見ると『TRADOS6 Freelance―翻訳支援ソフトの世界標準+「翻訳メ
モリ」活用法』(中山洋一著)なる本を読んでいたりする。初の TRADOS
攻略本なんだとか。
聞くと、「お客様のお問い合わせにキチンとお応えしたいからです」と
いう。泣かせるではないか。
しかし、まだそれほど TRADOS に詳しいわけではないのだそうだ。
従って、これを読んで一色に TRADOS について、鋭い質問を浴びせたり
しないで欲しい。
何故なら、私が怒られるからである。            (番頭)


★〈好評第2弾〉翻訳ソフト割引パックセール開催中!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 クロスランゲージ社の新しい翻訳ソフトを組み合わせて買うと、最大
 30%引き!特許/医学/総合/中⇔日/韓⇔日、組み合わせは自由で
 す。3月31日までの割引パックセール―お申込みはこちら↓

 http://www.nichigai.co.jp/translator/software/pack-sale.html


★SDメモリーカード=拡張性を備えたカシオ電子辞書の発売開始!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
EX-word DATAPLUS はコンテンツを追加することができる電子辞書です。
追加できるコンテンツは CD-ROM で提供されます。CD-ROM の内容を一旦
お使いのパソコンへインストールし、付属の USB ケーブルを使ってパソ
コンから EX-word DATAPLUS へコンテンツを転送します。

◎EX-word DATAPLUS XD-CP200+LECのC-Book 特価44,800円(税別)
  ・LEC東京リーガルマインドの司法試験用テキスト「C-Book」イン
   ストール済みモデル。
  ・広辞苑・マイペディア・漢字源・ジーニアス英和・和英など23
   冊分収録
  ・付属CD-ROM「現代用語の基礎知識2003」

http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/c-book.html#01

◎EX-word DATAPLUS XD-CP500+LECのC-Book 特価49,800円(税別)
  ・LEC東京リーガルマインドの司法試験用テキスト「C-Book」イン
   ストール済みモデル。
  ・リーダース英和・ロングマン英英・ジーニアス英和和英など収録
  ・付属CD-ROM「現代用語の基礎知識2003」「ロングマンロジェシソ
   ーラス」「ロングマン英語アクティベータ」「アルクの今日から
   使えるビジネス英会話」 

http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/c-book.html#02

◎LECのC-Book (CD-ROM) 特価19,800円(税別)
  ・カシオの電子辞書専用のデータ CD-ROM です。LEC東京リーガル
   マインドの司法試験用テキストを電子化したものです(図・表は、
   一部のみ収録)。

http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/c-book.html


★セイコー電子辞書の新商品も発売を始めました!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎SR-T4120 特価24,800円(税別)
  大修館書店「明鏡国語辞典」や「百科事典マイペディア」など高校
  での学習にも役立つ基本辞書をカバーした全方位型の電子辞書です。

http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-t4120.html

◎SR-T7000 特価32,800円(税別)
  「ジーニアス英和大辞典」+「リーダーズ+プラス」の初カップリ
  ング。詳しい解説と豊富な語彙を両立!

http://www.nichigai.co.jp/translator/ic-dictionary/sr-t7000.html


★「読んで得する翻訳情報マガジン〈ペーパー版〉第3弾」頒布開始
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当メールマガジンで現在連載中の『O.E.D.を引こう!』をまとめた
ペーパー版〈第3弾〉が出来ました。ご希望の方に無料でお送りいたし
ます。No.18〜40 に掲載した内容に少し加筆補正したものです。
お名前、郵便番号、住所を明記の上、tran@nichigai.co.jp 宛に「OED
ペーパー版希望」とお申込み下さい。


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
◆ご存知ですかア?「Bitway」の法人サービス
 日外アソシエーツの『コンピュータ用語 英和・和英辞典』(第3版)が
 インターネットで利用可能。凸版印刷「Bitway」にて法人サービスを
 提供中です。企業の翻訳者、技術者、テクニカルライターの方々に
 お勧めします。詳細はこちら↓

http://books.bitway.ne.jp/org/index.cgi?rm=detail&cont_id=00590003


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!   <cult>

先日、オウム真理教の麻原彰晃に極刑の判決が下されました。1995年3月
20日の地下鉄サリン事件は、日本犯罪史上、稀にみる凶悪な無差別テロ
であり、当然の結末でしょう。教祖は黙して語らず、事件の真相は闇の
中ですが、背後に深い思想や宗教があったとは思えないところが、かえ
って不気味ですよね。

旧オウム真理教は「カルト教団」と呼ばれました。今回はこの「cult」
をOEDで引いてみます。

cult
 [ad. L. cultus worship (f. colere to attend to, cultivate, respect,
 etc.), and its F. adaptation culte (1611 Cotgr.). Used in 17th c.
 (?from Latin), and then rarely till the middle of the 19th, when
 often spelt culte as in French.] 
 *1. Worship; reverential homage rendered to a divine being or
 beings. Obs. (exc. as in sense 2).

 2. a. A particular form or system of religious worship; esp. in
 reference to its external rites and ceremonies.

 b. Now freq. used attrib. by writers on cultic ritual and the
 archaeology of primitive cults.

 3. transf. Devotion or homage to a particular person or thing,
 now esp. as paid by a body of professed adherents or admirers.


元々はラテン語の「cultus」(崇拝)からフランス語の「culte」<コ
トグレイヴ仏英辞典(1611)より>を経て来ており、それは「colere」
(耕す、世話する)を語源とするとのこと。ちなみに culture(文化)
も同根で、colere の過去分詞から来ています。「耕す」→「手入れを
した土地」→「手入れされた生活」→「文化」と転じるわけですね。
そう言えば、『スズキ・カルタス』という車がありますが、これは「思
想のあるクルマは文化だ」という主張と、現代の車文化に貢献したいと
いうスズキの願いが込められているんだとか。

ところで、occult(オカルト)は似て非なる別の言葉。こちらは cover
over, hide, conceal という意味のラテン語 occultus(occulere の過
去分詞形)が語源です。


カルトとは、元々、神への崇拝や宗教儀礼を意味するものです。つまり、
宗教そのものを表すと言えるでしょう。転じて、小規模な熱狂的信者の
集団による特定の人物・事物への絶対的帰依を表すようになりますが、
そこにはまだ、現代のカルトに見られる強い否定的なニュアンスは含ま
れていないようです。

そもそも、世界宗教であるキリスト教もその黎明期には、(今日で言う
ところの)社会不安を煽る怪しげなカルト宗教に近かったのでしょう。
ネロ帝の大迫害(AD 64)などの悲劇がそのことを物語っているではあり
ませんか。

歴史上、新興の宗教活動は、為政者(既成秩序)の側からは「公序良俗
を乱す危険な集団」とみなされる傾向にあるようです。イエスは、当時
のヘブライ人(ユダヤ人)のみが救われるという選民思想を廃し、神の
愛(アガペー)による救済を唱えて、誰でも平等に救われるという教え
を説きました。こうした「平等」思想は、下々の虐げられた平民には有
り難いものの、階級制度の上に立つローマ帝国にとっては、その社会の
根底を覆す危険思想に他ならなかったわけです。

奇しくも、日本の戦国期における「本願寺」教団も同様です。宗祖・親
鸞(1173-1262)から数えて8代目の蓮如(1415-1499)の時に日本全国
に広まった一向宗(浄土真宗)は、「南無阿弥陀仏」と唱えさえすれば、
誰でも極楽浄土へ行けると説き、過酷な生活を強いられた農民たちの間
で絶大なる支持を集めます。しかし、封建社会にあって、自国の領主に
仕えるべき農民が御仏に仕えるとなると「体制」側にとっては由々しき
事態です。天下統一を掲げ、自らを頂点に置いた新しいヒエラルキーを
作ろうとした信長(1534-1582)も、思いのままにならぬ怪しげな武装
カルト教団・本願寺派を恐れ、忌み嫌い、石山本願寺合戦(1570-1580)
へと突き進んだのです。

新興宗教が、現世に満足できない、抑圧された人々の心の解放を目指す
ものであれば、時の為政者(=抑圧者)との対立は必然なのかもしれま
せん。しかしまあ、本願寺派を容赦なく徹底的に迫害した信長が、他方
で基督教を容認し、南蛮文化の摂取に努めたという事実も何やら興味深
いですねえ。やはり、信長は相当の合理主義者だったのでしょうか!?


さて、カルトという言葉は、戦後アメリカにおいて、急速に否定的ニュ
アンスを帯びるようになります。その契機となったのが、1969年、チャ
ールズ・マンソンを中心とする宗教集団が女優シャロン・テートとその
友人を惨殺した事件や、1978年南米ガイアナで900人以上が集団自殺した
人民寺院事件です。以降、カルト=「反社会的な行為を組織的に行なう
新宗教」というマイナス・イメージが定着したようです。

Merriam-Webster's Unabridged Dictionary でも引いてみましょう。4
番目の意味が、今日では一般的ですね。

cult
 Etymology: French & Latin; French culte, from Latin cultus care,
 cultivation, culture, adoration, from cultus, past participle of
 colere to till, cultivate, dwell, inhabit, worship
 4 : a religion regarded as unorthodox or spurious〈the exuberant
 growth of fantastic cults〉; also : a minority religious group
 holding beliefs regarded as unorthodox or spurious : 
 SECT〈provided a haven for persecuted cults〉


信者の家族関係を崩壊させたり、経済破綻をもたらしたり、内外に暴力
的・攻撃的であったりと、現代のカルトの反社会性には目に余るものが
あります。旧オウム真理教は、その最たるものと言えるでしょう。

しかし、カルトが声高に非難される硬直化した社会状況こそ、逆に人々
をカルトに向かわせる動因になり得るとのこと。その意味でオウム事件
はまだ終わっていないわけです。映像作家の森達也さんが朝日新聞にオ
ウムに関する論評を寄せていますが、その中に次の下りがありました。

 オウム事件以降、他者への寛容さを失った日本は、そのまま9・11
 以降の米国に重複し、パナウェーブで狂奔しながら拉致問題で憎悪と
 排斥感情をむきだしにする現在へと直結する。 <2004.2.28 朝日>

正義の旗印の下、テロリスト攻撃に転じたアメリカを批判する日本も、
実は同じ構造に捕らわれているというわけです。そして私たちの無自覚
な思考停止、異物排斥の感情に警鐘を鳴らしています。現アーレフ信者
に対する差別・偏見が現代の「魔女狩り」へとエスカレートしないこと
を祈るばかりです。臭いものにフタではなく、事件の動機部分の徹底解
明、妄信に至る過程の客観的な分析が必要不可欠だということですね。
私たちがオウム事件から学ぶべき教訓があるとすれば、不可解な相手を
知る努力に尽きるのではないでしょうか。


ところで、『NEW 斎藤和英大辞典』の「宗教」の項には、こんな例文が
載っていました。ある意味、宗教の本質を突いた言葉ではありませんか。

◆宗教は宇宙に対する我が身の関係の告白である
 A religion is a man's confession of his relation to the
 universe.
◆それゆえに宗教の無い人は無い
 Therefore no man is without a religion.


                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html

【CD-NEW斎藤和英大辞典のガイド】
 →http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html

【NEW斎藤和英大辞典 普及版(書籍)のガイド】
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/book/saito_popular.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.44 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る