┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃  複数セットで最大30%off!CD謝恩セール 2月29日迄  ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃  ネット上でも対面販売の温もりを大事にしています  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きができます。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 米国翻訳事情 特別篇
  日英翻訳者ジョン・ブレナン氏インタビュー      棟本ゆき
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その8)        山本ゆうじ
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ 好評発売中!日外書籍のご案内
■ O.E.D.を引こう!   <samurai>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 米国翻訳事情 特別篇

あまり知られていないかもしれないが、日本の書籍で英訳・出版される
タイトルは少なくはない。例えば、その衝撃的な半生と劇的な立ち直り
が話題となった、「だから、あなたも生きぬいて」(大平光代/著) など
が、英訳・出版されている。

今回、この「だから、あなたも生きぬいて」を英語に翻訳したジョン・
ブレナン氏へのインタビューが実現した。
インタビュアーは、氏と夫婦間で交流がある棟本ゆき氏である。

そんな時、桐野夏生の「OUT」(スティーブン・スナイダー/訳、講談社
インターナショナル)が、米国のエドガー賞にノミネートされたという
ニュースが飛び込んできた。

こと出版に関しては超貿易赤字国の日本だが、出版界にも「海外」という
市場が開けるのだろうか?

TranRadar では、日英翻訳の現場を今後も追い続けていきたいと考えて
いる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆日英翻訳者インタビュー    ジョン・ブレナン氏

  ┌──────────────┐
  │☆お相手:ジョン・ブレナン氏│
  │★インタビュアー:棟本ゆき │
  └──────────────┘

<ベストセラーだとは知らず...>

★まず、日本でベストセラーとなった「だから、あなたも生きぬいて」
 を英訳したきっかけは?
☆実はベストセラーだとは知りませんでした。以前から仕事をしていた
 講談社インターナショナルから話が来たので、すんなり受けたわけで
 す。丁度、私が東京から米国に生活拠点を移した頃にベストセラーに
 なっていたようで、その事実を知ってやる気が出ました。

★原作の著者、大平光代さんにはお会いになりましたか?
☆翻訳中に会うことはありませんでした。しかし、昨年、シカゴ日本商
 工会議所の催しで大平さんが講演をされました。その時に初めて会い
 ました。

★どのような印象でしたか?
☆話した時間は短かったのですが、本当にフレンドリーな方でした。再
 度、大平さんの本の仕事があれば受けたいですね。青少年を対象とし
 た本であれば、尚更やってみたいです。

★この本の翻訳中、苦労した点などを聞かせてください。
☆自分で創作するなら、まったく異なったトーン(ブレナン氏は「Voice」
 という言葉を使用)で書きますが、これは自叙伝の翻訳です。著者の
 声や感情を反映させたいと思いました。また、翻訳を始める頃には、
 この著者や本が、日本では地位やアイデンティティを築いていました
 ので、できるだけ原作と同じトーンで書く努力をしました。

★この本の原版では中高生も読みやすいように簡単な文章構成にしてあ
 りますが、翻訳でも同じようにされたと読み取れます。故意に簡潔に
 訳すのは難しいですか?
☆日本では学生に英語を教えていたこともあって、困難ではありません
 でした。しかし、関西弁を話す15歳の女子の会話や、当時の中高生の
 流行り言葉などを理解するのは、簡単ではありません。また、この本
 は会話が多く、「A が 〜と言った」という記述が無いまま話が展開
 するため、誰が発した言葉なのかを読み取るのに、少々、時間がかか
 りました。

★「So Can You」という題は、ご自分で決めたのですか?
☆そうです。最初の数ページを翻訳して、すぐに浮かびました。短くて
 簡単な題にしたかったので。現在、母校シカゴ大学で授業(Editing)
 を受けていますが、通常、アメリカでは題名は出版社のマーケティン
 グ部が決めるという話がありました。その点、講談社インターナショ
 ナルは自由にさせてくれます。不満があるとすると、私が期日に間に
 合わないことでしょうか(笑)。

★私は技術系の翻訳ばかりなので、期日に遅れるのは致命的だと解釈し
 ていますが、文芸翻訳の分野では期日に遅れることは、有り得るので
 すね。
☆出版の世界は技術翻訳より期日に関してフレキシブルかもしれません。
 文芸作品の場合、最初に6ヶ月の期間を与えられることが多いですね。
 しかし、翻訳者にすると6ヶ月間は仕事はあるものの、収入は無いわけ
 です。趣味で翻訳をしているなら別ですが、生活のためには他の単発
 の仕事も取る。しかし、どの仕事も手抜きはできなため、6ヶ月で終わ
 るはずの作品が遅れてくるわけです。ただ、文芸翻訳家や作家に多い、
 提出後の作品の修正は、私は行ないません。提出したら、作品のこと
 はあまり気になりません。


<最近の作品>

★最近の作品について聞かせてください。
☆乙武洋匡さんの「五体不満足−完全版」(英題:「No One's Perfect」)
 が翻訳されたのですが、その編集をしました。こちらの方は、文庫本
 も出るようです。また、「Common Japanese Phrases」という日本語を
 習得中の外国人向けに、職場でも使える日本語表現をまとめた本を出
 していますが、再版されているようです。

<嬉しいこと、残念なこと>

★翻訳という仕事をする中で嬉しかったこと、残念だったことはありま
 すか?
☆残念なのは、せっかく英訳した作品も米国の一般の本屋さんでは見か
 けないことです。「No One's Perfect」は最近見るようになりました
 が。嬉しいことと言えば、「Common Japanese Phrases」が世界の公立
 図書館や大学で語学習得用に置かれていることです。また、どの作品
 でも同様ですが書評などで第三者に好評だと分かった場合、勇気づけ
 られ自信になります。

★ありがとうございました。

================================
ブレナン氏の奥様、八代かおりさんも翻訳をしておられます。奥様の仕
事は主に産業翻訳ですが、ご夫婦で翻訳をされている利点を「和訳と英
訳の両方を受けられること」と述べておられます。これからのご活躍を
お祈りしております。(棟本)


***** For your reference *****
ブレナン, ジョン (Brennan, John)
 職歴・経歴:シカゴ大学と早稲田大学で日本語を学び、東京で15年間
 暮らした経験を持つ。日本でベストセラーとなった大平光代の著書の
 翻訳を担当。「英文版 だから、あなたも生きぬいて (So Can You)」
 として出版される
 
大平 光代 (オオヒラ, ミツヨ)
 中学時代、いじめを受けて自殺を図る。その後非行に走り、16歳で暴
 力団の組長と結婚、背中に入れ墨も彫る。22歳の時、現在の養父と出
 会い、立ち直り、独学で宅建や司法書士の資格を取得。平成6年司法試
 験にも合格し、少年事件を中心に担当する弁護士となる。傍ら、少年
 たちの非行を思いとどまらせ、人生のやり直しを支援したいと法廷外
 でも講演などの活動を続ける。12年体験記「だから、あなたも生きぬ
 いて」を出版、話題となる。15年大阪市助役に就任

棟本ゆき
 ローカリゼーション・スペシャリスト
 96年から米国の大手ソフトウェア企業のローカリゼーション部門に
 勤務。その後、シリコンバレーでフリーランスとして業務を開始し、
 現在は翻訳・製品テストを中心に IT 関連の通訳業務も行なう。

―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆登録キャンペーン《書籍プレゼント》実施中!!
  『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒詳しくはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/database/present.html
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

◎にわかファン急増中『わが家にWebWHOがやってきた』
⇒フリーライター丸山タケシさんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ
  〜第6回は<痔の巻>です〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その8)スペルチェックと文章校正

翻訳をしていて、原文のスペルミスの多さに、閉口されたことはありま
せんか?また受け取った英文メールがスペルミスだらけのことはありま
せんか?(ちなみに、私の翻訳作業ワークフローでは、その原理上、原
文にスペルミスがあれば必ず分かるようになっています。)また、「こ
んにちわ」または「こんばんわ」と書かれたメールはこれまで何回ご覧
になったでしょうか?

みなさんはワープロソフトのスペルチェックや文章校正機能をお使いで
しょうか。これらの機能は、ワープロソフトを使う意味の中でも重要な
ものですが、使われていないことも多いようです。なまじ自分の文章に
自信のある方ほど、これらの機能に抵抗をお持ちのようです。

現在のスペルチェックと文章校正機能はもちろん完全とは言えません。
しかし、特に大量の文章でケアレスミスを防ぐには必須の機能であり、
使っていない方はぜひ試してみることをお勧めします。「人間様にあれ
これ文句をつけるな」という気持ちでパソコンとけんかしてもしかたあ
りません。「パソコンは何でもできる」「パソコンでは何もできない」
という両極端な考えから抜け出し、「パソコンで何ができて何ができな
いか」を冷静に見極める必要があります。

Word 2003 までの日本語チェック機能は、英文スペルチェックほど確実
ではありません。ユーザーインターフェイスの翻訳やコマンドや関数名
などが多数ある場合は、確認する項目は増えてしまいます。しかし、や
はり入力間違いだった、ということがきちんとチェックできることもあ
ります。また Word には「表記ゆれチェック」機能があります。こちら
のほうは、送りがな、音引きや中黒、全角半角、「インターフェイス」と
「インタフェース」などの表記の統一には大変便利です。校正ツールが
的はずれの指摘をまったくしなくなるには、まだ技術の進歩が必要かも
しれませんが、現時点でも使うと使わないでは差が出るのは事実です。

Word の文章校正でチェックできる項目を確認してみましょう。[ツール]
メニューから、[オプション] ダイアログボックスを開き、[スペルチェッ
クと文章校正] タブの文章校正の [詳細設定] ボタンをクリックします
(Word 2003 の場合)。この設定は触ったこともないという方は、結構
いらっしゃるかもしれません。いろんな設定がありますね。とりあえず
全部にチェックを入れておいて、必要ないものを少しずつ外すというの
もいいかもしれません。最初は「お節介」かもしれませんが、「チェック
しといてよかった」という場面にそのうち出会うはずです。また、この
[文章校正の詳細設定] からは、校正語の登録ができます。MS-IME のイン
ターフェイスですが、Word から操作しないと出てきませんので注意。
ここに事前に校正用の単語を登録しておくと、「使用すると問題がある
単語」をチェックするという使い方もできます。

なお TRADOS 6.5 を使用していると、Word で日本語の文章校正が機能
しません。Word の startup フォルダにある trados6.dot を一時的に
名前変更するなどして、起動時に読み込まないようにする必要があります。

ところで、「こんにちわ」「こんばんわ」という表記は、電子メール、
チャット、掲示板などリアルタイムのコミュニケーション形態の普及に
より、特に広がったと思われます。このような挨拶は、手紙ではあまり
使わないでしょう。10年前に「こんにちは」と「書く」必要がある場面
がどれだけあったでしょうか。近年の「話し言葉的な書き言葉」の急速
な普及に伴い、「こんにちわ」と、発音のまま表記する人が増えたと思
われます。すぐに相手に届く電子テキストでやり取りする機会が増えた
からこそ、誤変換などだけでなく、このような点にも気をつけたほうが
いいかもしれません。

なお、ジャストシステムから一太郎2004 の校正機能を独立させた文章校
正支援ツールである、Just Right! という製品が2月末に発売されます。
ATOK 17、一太郎2004 と合わせて、バベルの「eとらんす」4月号(3月上
旬発売)で、詳しいレポートをお届けする予定です。

この連載に関するご質問、ご感想、ご要望などがありましたら、
tran@nichigai.co.jp までお気軽にどうぞ。


 【著者プロフィール】
 山本ゆうじ
 フリーランス実務翻訳者。国際学校 UWC イギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://purl.com/transpc/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://purl.com/cosmos/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ

「番頭さん、最近日外から、結構よみ物系の本がでてますよね」(一色)
「せやでぇ、なかなか本屋ではお目にかかれない貴重な本や」(番頭)
「本屋さんにないって、それ、自慢になるんですか?」(一色)
「・・・・・・」(番頭)

《日外アソシエーツの書籍》
◆最近刊行の書籍
「電気・電子・情報17万語英和辞典 CD-ROM付」
 日外アソシエーツ辞書編集部〔編〕【本体価】32,000円 2004.2刊/
 B5・1,030p
 http://www.nichigai.co.jp/sales/denki17.html

「電子記録のアーカイビング  電子記録の長期保存について、現状と
 見通し」 
 小川千代子〔著〕【本体価】2,800円 2003.12刊/A5・230p

「レポート作成法―インターネット時代の情報の探し方」
 井出翕,藤田節子〔著〕【本体価】 2,000円 2003.11刊/A5・160p
 http://www.nichigai.co.jp/sales/report.html

「図書館に行ってくるよ―シニア世代のライフワーク探し」 
 近江哲史〔著〕【本体価】 1,900円 2003.11刊/四六判・270p
 http://www.nichigai.co.jp/sales/lets_go_lib.html


◆翻訳関連書籍
「英和翻訳の原理・技法」
 中村保男〔著〕【本体価】3,800円 2003.3刊/A5・280p
 http://www.nichigai.co.jp/translator/book/sun-flare.html

「翻訳とは何か―職業としての翻訳」 
 山岡洋一〔著〕【本体価】1,600円 2001.8刊/四六判・290p
 http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/yamaoka/yamaoka.html

全国主要書店絶賛取扱中!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でも、店頭にない場合は、tran@nichigai.co.jp までお申しつけ下さい。
直販、承ります。


★第2弾「読んで得する翻訳情報マガジン〈ペーパー版〉」頒布中!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当メールマガジンで以前連載しました『NEW 斎藤和英大辞典を引こう!』
のペーパー版をご希望の方に無料でお送りしています。
斎藤秀三郎(1866-1929)、渾身の作である和英辞典を題材にした読み物
です。拾い読みしてこんなに楽しい辞書は少ないでしょう。
お名前、郵便番号、住所を明記の上、tran@nichigai.co.jp 宛に「斎藤
ペーパー版希望」とお申込み下さい。
 http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
ご存知ですかア?
 『コンピュータ用語 英和・和英辞典』(第3版)がインターネットで
 利用できます。凸版印刷「Bitway」にて法人サービスを提供中です。
 企業の翻訳者、技術者、テクニカルライターの方々の実務の強い味方!
 詳細はこちら↓

http://books.bitway.ne.jp/org/index.cgi?rm=detail&cont_id=00590003

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!   <samurai>

映画『ラスト・サムライ』が大ヒットしていますね。渡辺謙さんが、主
役のトム・クルーズを食わんばかりの名演技だそうですが、私はウカツ
にもまだ観ておりません。この際、ぜひアカデミー助演男優賞を取って
欲しいものです。

さて、samurai は英語としても定着しています。O.E.D.では次のよう
に載っています。初出例はドイツ人医師エンゲルト・ケンペルの『日本
誌』(The History of Japan, 1727) で、ラフカディオ・ハーン(小泉八
雲)の『心』(1896)も用例中にありました。

samurai
 In Japan during the continuance of the feudal system, one of the
 class of military retainers of the daimios; sometimes in wider
 sense, a member of the military caste, whether a samurai proper
 or a daimio. Also applied to any Japanese army officer.

 1727 J. Scheuchzer tr. Kaempfer's Hist. Japan II. i. 396 'Tis
 from thence they are call'd Samurai, which signifies persons who
 wear two swords.

 1896 L. Hearn Kokoro x. 172 The fear of the dead was held not
 less contemptible in a samurai than the fear of man.


ちなみに Merriam-Webster's Unabridged Dictionary では以下ように
説明されてます。二番目の記述で samurai の意味が拡大普及したこと
がわかりますね。

samurai
 1 a : a military retainer of a Japanese daimyo practicing the
 chivalric code of Bushido, privileged to wear two swords, and
 having the power of life and death over commoners
 b : the warrior aristocracy of Japan ― see SHIZOKU
 2 : a professional soldier<used by the militarists to spread
 the idea of Japan as a nation of samurai―D.C.Buchanan>


1860年まだ明治政府が誕生する少し前のこと。江戸幕府が日米修好条約
の批准のためにアメリカに「遺米使節団」(The Japanese Embassy of
1860)を派遣しました。当時の大統領ブキャナンとの会見後、使節団は
四輪馬車に乗り、紋付き袴に日本刀を下げた正装で、ニューヨークの
ブロードウェイ通りの歓呼の中を粛々と行進したそうです。

アメリカ人が日本人を見るのはこれが初めて。顔をまっすぐ正面に向け、
背筋をピンと伸ばしたサムライの姿に、アメリカの人々は他の東洋人に
はない「気品」を感じたとか…。詩人ウォルト・ホイットマン (Walt
Whitman, 1819-1892) が詩集『草の葉』(Leaves of Grass, 1871)の
中に「ブロードウェーの華麗な行列 」(A Broadway Pageant)と題する
詩を書き残しています。元は1860年6月27日付の「ニューヨーク・タイ
ムズ」紙に「使命を帯びた者たち」 (The Errand-Bearers)として掲載
されたものです。


 Over the Western sea hither from Niphon come,
 Courteous, the swart-cheek'd two-sworded envoys,
 Leaning back in their open barouches, bare-headed, impassive,
 Ride to-day through Manhattan.

 西の海を越えて遙か日本から渡米した、頬が日焼けし、刀を二本たば
 さんだ礼儀正しい使節たち、無蓋の馬車に身をゆだね、無帽のまま、
 動ずることなく、きょうマンハッタン街路をゆく……
  <志村史夫『いま「武士道」を読む』(丸善ライブラリー)より>


同詩の中でホイットマンは、初めて見るサムライの印象を以下のように
述べ、最高の賛辞を贈っています。

 Florid with blood, pensive, rapt with musings, hot with passion,
 Sultry with perfume, with ample and flowing garments,
 With sunburnt visage, with intense soul and glittering eyes,
 The race of Brahma comes.


O.E.D.の情報だけじゃ物足りないので、日本文化を英語でどう表す
かに主眼を置いて編纂された『斎藤和英大辞典』(1928) を引いてみま
しょう。samurai がどのように紹介されているか調べたところ、なんと
も呆気ないほど簡単な記述でした。

さむらい〔武士〕〈名〉A samurai
 ◆お座敷さむらい a carpet knight

a carpet knight とは「実践経験のない騎士 (兵士)」のことで、転じて
「遊び人」「やさ男」の意味に使われます。サムライの用例がこれじゃ
あんまりです。と思ったら、実は「ぶし」という項目にちゃんと載って
いました。

ぶし〔武士〕〈名〉A samurai; a knight; a warrior: (総称すれば)
 Japan's chivalry
 ◇武士は食わねど高楊枝 The samurai glories in honourable
  poverty.
 ◆武士は生命よりも名を尚ぶ The samurai values honour above
  life.
 ◆武士は死すとも恥をかかぬ The samurai would rather die than
  live in dishonour―The samurai prefers death to dishonour―
  The samurai chooses death before dishonour.
 ◆武士は相身互い The samurai should feel for each other.
 ◇武士に二言無し A samurai's word is sacred.
 ◆さすがは武士だけあって子の死にも泣かぬ Like the samurai
  that he was, he did not weep over the death of his child.
 ◆武士のたしなみ the self-discipline and necessary
  accomplishments of a samurai
 ◆野武士 a lordless samurai―a free lance
 ◆武士の鞘当て挨拶さっしゃい A samurai should apologize for
  this breach of etiquette.

ほほう、フリーランスには「野武士」「傭兵」といった意味もあるん
ですね。念のためにO.E.D.でも引き直してみます。

free lance
 1. A term used by writers denoting one of those military
 adventurers, often of knightly rank, who in the Middle Ages
 offered their services as mercenaries, or with a view to plunder,
 to belligerent states; a 'condottiere' a 'free companion'.

『勘定奉行』なんていう財務会計ソフトがあるご時世、あの『TRADOS
6.5 Freelance』も『とらどす 改訂六半 野武士版』なーんてした方が
インパクトあるんじゃないでしょうか・・・信用なくしますかねエ(笑)。


「武士の鞘(さや)当て」も今となっては死語ですが、なかなか面白い
表現です。また『斎藤和英』で引き直してみましょう。

さやあて〔鞘当て〕〈名〉
 1. A striking together of scabbards in passing by each other
 (a breach of etiquette)
 ◆武士の鞘当て挨拶さっしゃい This is a breach of etiquette on
 your part. You owe me an apology.

武士の作法によると、刀は左腰に差して右手で抜くものと決まっており、
そのために武士は道の左側を選んで歩いたそうです。右側では刀が抜き
にくく、しかも、狭い道ではお互いの刀の鞘同士が当たってしまうから
です。「鞘当て」は決闘になりかねないくらい極めて無礼な行為なので、
それを避けるために武士が左側通行を始め、やがて庶民や荷馬車もこれ
に倣ったとのこと。1900年その習慣に基づいて「人・車・馬は左側通行」
という内容の交通法が実施されますが、現代の「車は左側通行」もその
名残。実は、武士道精神から来ているわけです(→72へえtrivia!?)。


                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
 → http://dictionary.oed.com/index.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
 → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html

【CD-NEW斎藤和英大辞典のガイド】
 →http://www.nichigai.co.jp/newhp/whats/saito.html

【NEW斎藤和英大辞典 普及版(書籍)のガイド】
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/book/saito_popular.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.42 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る