┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃   複数セットで最大30%off!CD謝恩セール実施中   ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃ こだわりの品揃え、親切な対応をモットーにしています ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡いただいても手続きが可能です。

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 翻訳学校/人気講座今昔                高田祐樹
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その6)ATOKとMS-IME  山本ゆうじ
■ 電子辞書SHOPからのご案内「ブリタニカ大百科事典2004年版」発売
■ O.E.D.を引こう!     spam
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 営業マンの青木です。

 このメールマガジンも今年で4年目を迎えることができました。
 感謝の言葉が(正月飲み過ぎたせいか)上手く思い浮かばないのですが、
 ひとえに皆様のお陰と、多謝、多謝でございます。
 
 今年も「翻訳」「辞書」「ツール」をキーワードに、ときどき馬鹿らし
 い記事をまじえて皆様にお届けしていきます。
 
 どうぞ宜しくお願い致します。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳学校/人気講座今昔

 翻訳講座の人気にも流行がある。
 10年前は、翻訳学校というと出版翻訳の講座ばかりだった。ノンフィク
 ション、フィクション、そのまた、SF、エンターテイメントと細分化さ
 れていて、今思えば、充実した教育を受けられた。受講者の中には、ご
 く少数だが、プロの翻訳家としてデビューしていく人も確かにいた。実
 務翻訳(当時は、産業翻訳という言い方はしなかった)の講座は申し訳
 程度にあった程度。

 その頃の主要な翻訳関連のメディアと言えば、月刊誌『翻訳の世界』や
 ムック本『翻訳事典』。いずれの誌面も出版系のアカデミックな記事が
 幅を利かせていたと記憶している。

 90年代半ば、イカロス出版から『通訳翻訳ジャーナル』が創刊されると、
 事情が一変する。産業翻訳を中心に、実際的な記事を中心に展開した同
 誌は、瞬く間に成功をおさめ、世間の関心も産業翻訳の方へ向くように
 なっていく。「翻訳の仕事を上手に獲得するためのマニュアル」のよう
 な『通翻ジャーナル』は、あっという間に学習者やプロの産業翻訳者に
 支持された。「お金を稼げる翻訳の仕事」という視点が受けたのだと思
 う。

 Windows パソコンとインターネットブームで、コンピュータ関連翻訳の
 需要が急増し、長期不況とあいまって、産業翻訳でもコンピュータ翻訳
 講座に人気が集中した。当時は、翻訳講座の花形だったと思う。だが、
 長くは続かなかった。ITバブル崩壊後、IT系翻訳講座の人気にかげりが
 見え始め、特許翻訳講座に主役の座を奪われる。この頃には、出版系翻
 訳講座の数が激減。翻訳学校や講座の絶対数が急増したが、そのほとん
 どが産業翻訳を教えるものだった。なかには、経営不振の翻訳会社が副
 収入目当てで翻訳学校をやっているようなところもあったという。

 最近では、特許やメディカルの講座に人気が集まっているという。メデ
 ィカル翻訳などは、素人が参入できる代物ではないとみなされ、学習者
 には敬遠されていたのだが、ハードルの高さが逆にライバルの少なさや
 安定性につながると考えられて、このごろでは、根強い人気があるよう
 だ。

 というわけで、これから翻訳の学習を始めたいみなさん、始めたばかり
 のみなさん。今需要が多いからという理由だけで翻訳講座を選ぶのはな
 く、自分が長くその分野の仕事を続けていけるかという視点をもった方
 が良いでしょう。

                            高田祐樹


 【著者プロフィール】
 高田祐樹
 元翻訳学校受講生。その後、大手翻訳学校2校で足かけ10年非常勤講師
 を勤める。10年続ける講師は珍しい存在らしい。


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆「人物」に関する話題がギュッと詰まった情報メールマガジン
  『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒お申込はこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

 ◎ 大好評連載中!『 わが家にWebWHOがやってきた』
 ⇒フリーライターの丸山さんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による面白エッセイ
  第4回は<おみくじの巻>です〜
 --------------------------------------------------------------
 ◆活用事例も WEB 公開中です【WebWHOを使ってみよう】◆
 ⇒クリック:http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その6)ATOK と MS-IME

 私は、IME としては MS-IME 2003 と ATOK16を使い分けています。精度
 の点では差はそれほど感じませんが、主観的な印象としては、ATOKの方
 が、一般的な候補がなかなか出てこないことがたまにあります。ただ使
 い勝手の点では、一長一短で、状況によって使い分けるほうが便利です。

 ATOK には、携帯電話のように最初の数文字を入力しただけで入力候補が
 出る、推測変換機能があります。これは翻訳者には手放せない機能です。
 多用する語句を短い読みで呼び出せるように IME に辞書登録している方
 は多いと思います。ですが、推測変換では登録の必要なしに、IME に自
 動的に学習させて、多用する語句を再度入力できます。何文字めで必要
 な候補が出るかは、学習の状況により異なります。たとえば「インター
 フェイス」という語は普通は8文字の入力が必要ですが、今の私の環境
 では「インタ」と入力した時点で候補として出てきます。なお最新版の
 ATOK17 では、類義語辞典のように、入力した語句に似た表現も候補と
 して出る、連想変換機能というものがあるそうです。発売はまだ先です
 が、翻訳者に役立つ機能かもしれません。

 推測変換のための単体のソフトウェアとして、携帯電話で使われている
 POBox の Windows 版もあります。
 http://www.pitecan.com/OpenPOBox/Windows/
 Windows 上では、推測変換は IME と統合されたときに利便性があるため、
 これだけではやや使いにくいかもしれません。

 またカタカナ英語辞書は、ちょっとした翻訳作業で結構便利なもので、
 MS-IME にも ATOK にもあります。ただ ATOK では、カタカナから英語
 には変換できるのですが、英語からカタカナに変換することはできませ
 ん。MS-IME ではどちらでもできます。実際には英語からカタカナに変
 換する場面のことのほうが圧倒的に多く、特に英日翻訳では、IME だけ
 ですぐに変換できるのは非常に便利です。

 MS-IME2003 では、特に Word 上での再変換と、音声認識との親和性に
 利点があります(ちなみに Outlook の Word メール機能を使えば、メー
 ルの作成時にも Word の機能を活用できます)。MS-IME 2002 から採用
 された新しい入力方式であるナチュラル・インプットには、慣れないう
 ちはてこずりましたが、いったん慣れると、語句を選択せずに任意の箇
 所で右クリックするだけで再変換できるのがなかなか便利です。たとえ
 ば、英語からカタカナへの変換と組み合わせると、「Ethernet」という
 語の任意の箇所を1度右クリックして候補を選択するだけで「イーサネッ
 ト」に変換できます(もちろん逆も可能)。また MS-IME と Word の組み
 合わせでは、音声認識を使用している場合、音声認識のデータが文書内
 に保存されます。このため音声認識の候補の選択を、IME の再変換と似
 た感覚で、あとでまとめて行うことができます。ATOK と VoiceATOK の
 組み合わせではこれはできず、確定した後でも候補を選び直せるように
 するには、重たい ViaVoice の機能を使う必要があります。とはいえ、
 前回でも説明したように、VoiceATOK はそもそも認識精度が Microsoft
 音声認識よりやや優れているので、変換候補の一括修正ができないとし
 ても、訂正の手間が少なくて済みます。まさに一長一短です。

 この連載に関するご質問、ご感想、ご要望などがありましたら、
 tran@nichigai.co.jp までどうぞ。


 【著者プロフィール】
 山本ゆうじ
 フリーランス実務翻訳者。国際学校UWCイギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://purl.com/transpc/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://purl.com/cosmos/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのご案内

★大好評!CD-ROM「割引パック」謝恩セール実施中!!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「紅茶好き通販サイトで、A茶+B茶の組み合わせで30%引きなんてプロ
  モーションやってますね」(一色)
 「よっしゃ、それや、パクッたれ」(番頭)

 という真摯な販促会議によって生まれた「割引パックセール」です。
 どうぞ御贔屓に。

――――――――――――――――――――――――――――――――
★ブリタニカ大百科事典2004年版(英語版 DVD/CD)発売中(各\15,000)
最新版『Encyclopaedia Britannica Ultimate Reference Suite 2004
DVD/CD』の取り扱いを始めました。世界最大の項目数を誇るブリタニカ
大百科事典(32巻)をはじめ、ウェブスター国際英英辞典・類語辞典、
ブリタニカ・ワールド・アトラスなどの膨大な情報をひとつのソースで
得ることができます。Win/Macハイブリッド版。

 http://www.nichigai.co.jp/translator/britannica.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
★好評「読んで得する翻訳情報マガジン〈ペーパー版〉」第二弾!
本メールマガジンで以前に連載しました『NEW斎藤和英大辞典を引こう!』
のペーパー版を作りました。メールマガジンを配信していながら何です
が、「読み物の媒体には紙が一番」というのが実感です。
ご希望の方には無料でお送り致します。お名前、郵便番号、住所を明記
の上、tran@nichigai.co.jp 宛に「斎藤ペーパー版希望」とお申込み下
さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!     spam

新年、明けましておめでとうございます。

1週間の正月休みを終えて会社のメールBOXを開くと、ドカンと届いて
頭が痛いのが「スパムメール」です。ウイルスメールとは違い、実害は
ないものの、「バイアグラがどうしたこうした」とまったく関心のない
広告を一方的に送りつけられると腹立たしいものがあります。

さて、今回はこの「spam」を取り上げてみたいと思います。「spam」の
定義ですが、一般に「不特定多数へ大量送信される広告や勧誘など営利
を目的としたメール」を指します。広義には複数のメーリングリストへ
同一内容のメッセージを送信することや通信サービスの誤用による帯域
の浪費も含まれるそうです。

では、O.E.D.ではどのように説明されているのでしょうか。

Spam
[App. blend of SP(ICED ppl. a. + H)AM n.1, but see also quot. 
1937 1.] 
 1. The proprietary name of a type of tinned meat consisting
 chiefly of pork; also (with lower-case initial) applied loosely
 to other types of tinned luncheon meat.

 1937 Squeal 1 July 1/2 In the last month Geo. A. Hormel & Co...
 launched the product Spam... The 'think-up' of the name [is] 
 credited to Kenneth Daigneau, New York actor... Seems as if he 
 had considered the word a good memorable trade-name for some time,
 had only waited for a product to attach it to.


ん? 「Spam」は、元々「Spiced + Ham」から来ており、豚のひき肉の
缶詰の商標のようです。用例に拠ると、Hormel 社が1937年に販売を始
めた商品だそうですね。

これだけではよくわからないので、新しい言葉も収録したS.O.D.
(Shorter Oxford Dictionary)を再度引いてみました。

spam
slang. L20. Computing.
[from SPAM noun1, app. with ref. to a sketch in the TV comedy series
Monty Python's Flying Circus, set in a cafe where Spam was the main
ingredient of every dish and featuring a song containing the word
'Spam' repeated many times.]

 A. verb trans. Infl. -mm-. Send the same message indiscriminately
 to (a large number of newsgroups or users) on the Internet. L20.

 B. noun. Irrelevant or inappropriate messages sent on the Internet
 to a large number of newsgroups or users. L20.


ありました。ここにはO.E.D.には未掲載の新しい見出しが立っていま
した。もう一つおまけに Webster も引いてみましょう。

spam
 noun
 from a skit on the British television series Monty Python's Flying
 Circus in which chanting of the word Spam (trademark for a canned
 meat product) overrides the other dialogue

 : unsolicited usually commercial e-mail sent to a large number of
 addresses


スパムの語源はメールのスパムとは何ら関係がなく、英国の人気コメディ
番組「モンティパイソン」のカフェの寸劇で SPAM を連呼する迷惑な集団
の話が取り上げられ、それが今日の迷惑メールと結びつけられて広まった
ようです。当の Hormel 社も、自社商品「スパム」が迷惑メールの代名詞
扱いされて、さぞ“迷惑な”思いをしていることでしょう。

		*		*		*

最近シマンテック社の「Norton AntiSpam 2004」など、迷惑メールを排除
するスパム対策ソフトが出回っていますが、受信者サイドで抜本的なスパ
ムメール対策は困難と言われています。発信者サイドがどのように配信先
アドレスを収集しているのか不思議ですね。

たとえば、アドレスのユーザ名部分に英数字を使用している場合、ラン
ダムな英数字を組み合わせるメールアドレス自動生成プログラムでスパム
メールを送信されることがあります。また、アドレス収集用に検索ロボッ
ト(HomePage上の@ を含む文字列を検索)を利用するスパム業者もいる
そうです。

【スパムメール対策の基本】
●スパムメールには絶対返信しない!
 返信すれば、そのアカウントが“生きている”証拠になってしまい、
 業者の思うつぼです。

●ホームページ上にメールアドレスを不用意に掲載しない!
 アドレスを掲載する場合、検索ロボット対策として、ハイパーリンク
 を張らない、アドレスの一部を全角文字にしておくなどが有効です。
 (一時的な対処かもしれませんが・・・。)

尚、「読んで得する翻訳情報マガジン」はスパムではありません。必要
な方に必要な情報を逸早くお届けするべく、奮闘努力しております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
  → http://dictionary.oed.com/index.html

【Shorter Oxford English Dictionary on CD-ROM Version 2.0 案内】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/soed_v2.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html


[Information for owners]----------------------------------------
OED on CD-ROM のアップデーターが公開されています。現在の最新バー
ジョンは、「Version 3.01」になります。データ内容的には全く同じ
ですが、以下の検索プログラム上のバグが fix されているようです。

・「news n, (pl.)」 の語義を保存する時、また用例文を非表示にする
 時、強制終了する。
・「juice」の検索結果(3つ)のいずれかをクリックすると、エラー
 が起きる。
・クリップボード検索がオンの時、Ctrl+C キーで OED から他のプロ
 グラム(Word2000)にコピー&ペーストする場合、一般保護違反の
 エラーが起きる。
・Date Chart option がオンの時、検索障害が起こる。
・OED を閉じる時、デスクトップ上に OUTPUT.HTM が勝手に創成される。

*Updater のダウンロードはこちら↓から。
 http://www.oup.co.uk/ep/prodsupp/ref/oed2v3/#Q10

一時ファルダ上で解凍した後、全ファイルを「C:\PROGRAM FILES\OED\
OED CD V3\BIN\」にコピー(上書き)すればOKです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.40 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2004 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る