┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃   複数セットで最大30%off!CD謝恩セール実施中   ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃ こだわりの品揃え、親切な対応をモットーにしています ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームからお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
直接ご連絡くださっても手続きが可能です。


★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらでご覧いただけます。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html


━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 美國翻訳事情(その1) アウトソーシング      棟本ゆき
■ 転ばぬ先の杖 ― 無料でできるセキュリティ対策その2 高田祐樹
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その4)        山本ゆうじ
■ 電子辞書SHOPからのご案内
■ O.E.D.を引こう!     不思議〜wonder
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
営業マンの青木です。

先日、新聞に掲載された、奥克彦大使の先輩という方の弔辞を読んで泣
きました。 
息子(小5)にも友情とは何か感じてもらいたくて朗読をさせました。
で、横で聞いていて私はまた泣きました。

「翻訳」という作業のお陰で私たちは海外の文献を母国語で読むことが
出来ます。恐らくこのことは日本人が授かった希有な幸運だと思います。
しかしその半面、日本人の心情を海外に伝える努力となると、少々怠っ
てきたような気がします。 

願わくば日本で暮らす外国人の方が、奥氏のこと、井ノ上氏のこと、そ
してその家族・友人たちがどの様に悲しんでいるかを母国語で自国の人
に伝えてくれたらと思うのであります。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《新連載》美國翻訳事情(その1) アウトソーシング

                            棟本ゆき

<あれから2年>
シリコンバレーに来て2年半になる。NYで起きた9月11日の事件の3ヶ月前
である。景気は頂点を過ぎた感はあったが、サンフランシスコ郊外に広
がるシリコンバレーの住宅は2LDKなら日本円で20万円以下のアパートは
無かった。そんな中での予想だにしない事件の日は出張中だった。帰宅
した時に見上げたカリフォルニアの空は、真っ青に澄みわたり平穏その
もので不思議に感じた。

景気は予想通りの展開であったが、最近のシリコンバレーの経済は少々
上向きになったと報道されている。確かにジョブフェアや数々の求人広
告を出しているハイテク企業も、また現れている。しかし、翻訳業界は
どうだろう?ATA(American Translator's Association)の会議に参加
すると、「サンフランシスコやシリコンバレーは日英の翻訳者が世界的
にみて多い場所。」と何度も言われた。確かに永住権を持っている日本
人も多ければ、人種に関わらずハイテク系の専門職で着々とスキルと学
歴をつけた外国人が目立ち、その中から翻訳を始める人も珍しくない。

<歓迎>
この言葉が冒頭にきたファイルをもらったのは、2002年に入ってからだ
った。
「編集をおねがいします。日本支社からクレームがきてしまって」との
電話で入った仕事。お決まりの「ようこそ」や、製品名で始めるタイト
ル部分に「歓迎」。読み進めるうちに「自動翻訳ソフトを使ったのか?」
という推察から、すぐに「日本語ネイティブではない翻訳者」だと分か
った。大手ソフトウェア企業でローカライズに関する様々な作業をした
私は、クセのある翻訳の校正・編集も行った。また、練習のため恥か
しいような自分の翻訳も修正してみたりした。そんな理由で、フリーラ
ンスとなった現在も編集の仕事は数多くこなしている。しかし、こんな
奇妙な翻訳は初めて。外国人用の日本語教科書にある文章を貼り付けた
ような、奇妙なスタイルだった。シリコンバレーに翻訳者が存在するに
も関わらず、ここに本社を置くIT企業は海外へアウトソース(外注)を
始めたのである。

<アウトソーシング>
企業の技術部門を労働コストの低い国へアウトソースする記事は目にし
ていた。また、アウトソース先の国から、早々に引き揚げた企業も知っ
ている。アウトソースする最大の理由は、経済的なことであろう。技術
系の例を取ると、インド、中国へのアウトソースが目立つ。インドでは、
毎年、何十万人も工科系大学を卒業する。新しい知識を持ったこの新卒
達の給料は、時間給にするとアメリカの10分の1とも言われる。これら
の国の翻訳会社は景気の勢いに乗り、積極的にシリコンバレーの会社に
働きかける。「日本語−英語の翻訳もできます!」という謳い文句に、
翻訳会社は下請けに採用し、予算や決定権を握るIT企業のVP達は(各部
門の副社長)、すんなりと決定する。

<結果は如何に?>
私はその仕事を受け作業を進めた。しかし、用語は普段見かけない訳し
方で、カタカナが多いソフトウェア分野だが綴りの多くが間違っている。
クレーム付だったこともあり、一字一句逃さないように読む作業を2度
繰り返した。日本語ネイティブが訳していないと気付いた時点で、電話
をして「作業時間が予測しづらい」ことを知らせた。担当者は日本語に
は無縁のアメリカ人で、翻訳の質に関して印象を伝えると、やはり日本
でも英語圏でもない国にアウトソースしたと語った。私に支払う賃金は
予想外の出費であり、賃金が安い国にアウトソースした意味がなくなる。
担当者は困っていたが、仮設定された時間では足りるわけもなく、まだ
1日目だったこともあり「断るべきか?」と頭によぎった。結局、2倍の
時間をもらった。

和訳は日本語ネイティブが一番だとは限らないし、外国語に臨む翻訳者
のために市場をオープンに保つことは、まさに「歓迎」である。実際に
完璧なバイリンガルも身近にいる。しかし、米国企業のアウトソースは
技術系の職業のみでなく、他の業種にも及んでいる。翻訳もその1つで
あるが、雇用の面を考えると回復が遅い現在の経済に影響する。そして
質が安定しないという課題を、どのように克服するのか観察していきたい
ところである。海外への雇用アウトソースはいつまで続くのか?
その結果はいかに?


【著者略歴】
棟本ゆき
 ローカリゼーション・スペシャリスト
 96年から米国の大手ソフトウェア企業のローカリゼーション部門に
 勤務。その後、シリコンバレーでフリーランスとして業務を開始し、
 現在は翻訳・製品テストを中心にIT関連の通訳業務も行なう。


―[PR]―――――――――――――――――――――――――――――
☆「人物」に関する話題がギュッと詰まったメールマガジン
  『インターネットで検索できる人物情報WHO』(無料配信中)
   ⇒お申込はこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/request_form.html
   ⇒メールマガジンのバックナンバーはこちら
    http://www.nichigai.co.jp/web_who/mail_mag/index.html

 ◎ いよいよ連載スタート!『 わが家にWebWHOがやってきた』
 ⇒フリーライターの丸山さんちに“WebWHO”がやってきた!
  朝日新聞夕刊コラム「TV構造改革」の著者による連載エッセイ第1回
 --------------------------------------------------------------
 ◆活用事例も WEB 公開中です【WebWHOを使ってみよう】◆
 ⇒クリック⇒ http://www.nichigai.co.jp/database/who-guide.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 転ばぬ先の杖 ―― 無料でできるセキュリティ対策その2

◆ シマンテックセキュリティチェック

自分の使用しているパソコンの安全性を、ネットで簡単にチェックできる
便利なサイト。セキュリティリスクのスキャン(不正アクセス)と、ウィ
ルス(ワーム)感染のリスクを別々に測定できる。不安がある人はまず
ここでチェックしよう。

 http://www.symantec.co.jp/region/jp/securitycheck/

◆ 診断君

ネット上のサイトにアクセスすると、アクセスした人のアクセス情報
(利用しているプロバイダ、OS、ブラウザの種類、アクセスしている
地域など)が環境変数という形でサーバーに記録される。そのため、
サイトの管理者にはある人物にどのようなアクセス習慣があるかがわ
かってしまう。

技術的には、プロバイダのログデータとつき合わせることで、アクセス
者個人の身元を完全に特定することも可能である。ただし、実際にその
ような処置のできる法的権限があるのは、警察や裁判所だけなので、他
者の権利を侵害するような不法行為をしない限りは、個人の身元を特定
されることはまずない。

自分がネットサーフィン時にどのくらいの情報をアクセス先のサーバー
に残しているかは、次のサイトで簡単にわかる。

 http://www.ugtop.com/spill.shtml

◆ FreeMailLookup

ネット上にある各種の翻訳者求職サイトに登録していると仕事のオファ
ーがよく来る。見ず知らずの相手から、仕事を依頼された場合、最初の
取引に踏み切るにはどうしても不安がある。
そんなとき、相手の信用度をはかる手段の一つに、メルアドのドメイン
名がある。co.jp ようなJPNICの管理下にある自社ドメインを使用して
いれば、会社のサイトをチェックできる。JPNICはドメインの割り当て
に厳格な管理をしているので、jpドメインには安心感がある。住所や
電話番号を調べることも可能だ。

・ JPNIC Whois Gateway
 http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw

そうでなくても、有名プロバイダのドメインであれば、いざというとき
(不法行為があったとき)には、身元をおさえることもできる。

だが、フリーメールは身元が不確かなので、敬遠するという人も少なく
ないだろう。
実際、フリーメールのメルアドは、身元を隠して(偽って)簡単に作成
できてしまうので、悪用されるリスクもある。

あるメルアドがフリーメールであるかどうかをチェックするには、この
サイトがオススメ。

・FreeMailLookup
 http://www.web110.com/fmchecker/form.html

                          文 高田祐樹


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「山本ゆうじの翻訳道具箱」(その4)入力環境2

今回は入力環境の続きです。

◆よいキーボードを選ぶ

キーボードは長時間使うものですので、良いものを選びたいものです。
好みもあるでしょうが、キータッチが重いものは疲れやすくなると思い
ます。店頭で少し触った程度では違いがすぐにわからないかもしれません。
しかし、数年間は毎日のように使うことを考えれば、負担の軽いものが
よいように思います。東プレ〈http://www.topre.co.jp/〉の RealForce
シリーズは、高価なキーボードですが、静電容量という独特の方式で
タッチが軽いため、一部の方に人気が高いようです。また横幅がコン
パクトなキーボードは、マウスなどをより手元に近づけて自然な姿勢で
操作できるため、負担が減ります。

◆複数の入力デバイスを使い分ける

最近、IBM の USB キーボード(ウルトラナビ付き)を購入しました。
ノートパソコンのキーボードをベースにしたもので、スティック型のト
ラックポイントとタッチパッドの2つのポインティングデバイスを備えて
います。RealForce もずっと気になっていたのですが、タッチパッドの
魅力にこちらを選びました。キーボードを主として操作する場合、マウ
スに手を伸ばす必要がなく、そのままの姿勢でポインタを移動できます。
タッチパッドは ThumbSense
〈http://www.csl.sony.co.jp/person/rekimoto/tsense/soft/indexj.html〉
というホットキー機能を持たせるソフトを使用することで、さらに便利
に使用できます。ひとつの入力デバイスだけを使い続けていると、指や
腕などの特定の個所に負担が集中してしまいますが、複数の入力デバイ
スを時々使い分けることで、負担を分散することができます。操作の選
択肢を増やすという意味ではユニークなキーボードですが、人によって
は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

◆タブレットを使う

タブレットは、CAD や、絵を描くためだけのものではありません。一字
単位で細かく語句を選択して順番を入れ替えたり、編集したりする翻訳
作業でも非常に便利です。慣れればマウスやトラックボールより細かい
選択がしやすく、また語句を選択する時やドラッグ&ドロップする時に、
すばやく自然にポインタを動かすことができます。キーボードから文字
を入力する場合にはペンをそのつど置いたり持ったりするのは手間なの
で、ペンを親指と人さし指の間にはさんだままキーボードから入力する
ことになります。右手の親指が使えないだけですので、慣れればそう難
しいことではありません。音声認識と併用すればキーボードに触る回数
が減り、ペンを持ったままでもどんどん入力できるのでさらに実用的です。

◆左手入力デバイスを活用する

「ショートカットキーなら全部覚えている」という方には、左手入力デ
バイスをお勧めします。翻訳での置換作業や、TRADOS での作業などでは、
場合によって単純な繰り返し作業が続くこともあります。ショートカッ
トキーを覚えるのはもちろんですが、カスタマイズ可能な「専用キー」
を備えた左手入力デバイスを使用すれば、2つ、3つのキーの組み合わせ
を両手の指をいっぱいに伸ばして押す代わりに、キー1つで特定の機能を
呼び出すことができ、作業が大変楽になります。さらに高度な使い方と
して、複数の機能を連携させる自作スクリプトを呼び出すのにも使えます。
たとえば TRADOS で「分節を開いて、原文をコピーして、分節を閉じる」
という一連の作業では、合計2つのキーの組み合わせを3回押す、つまり
6つのキーストロークの必要があります。マクロやスクリプトを作成し
て、左手入力デバイスで呼び出せば、この作業がキー1つでできるように
なります。左手入力デバイスには
Belkin〈http://www.belkin.com/〉の Nostromo n50/n52 SpeedPad、マ
イクロソフトの SideWinder Strategic Commander、ワコムのスマートス
クロールなどがあります。Nostromo と Strategic Commander は、本来は
ゲーム用なのですが、仕事の道具としても優秀です。左手入力デバイス
を活用することで、パソコンを「翻訳専用機」として使うことができます。
ただこれらを上手に使いこなすには時間が必要です。どのキーをどのよう
に設定するか、じっくり腰をすえて試行錯誤し、使いやすい環境にして
いく必要があるようです。

◆音声認識を活用する

マイクのついたヘッドセットも入力環境のひとつです。ヘッドセットに
は安いものもありますが、種類によって性能がずいぶん違うようです。
あんまり安物のマイクだと音声認識ソフトの本来の性能が発揮できない
かもしれません。音声認識は、周囲の騒音がある会社で働かれている方
はともかく、自宅で作業する方には現実的な手段です。これも慣れるに
はやや時間がかかりますが、入力時に声に出すことで、不自然な表現に
気づきやすいというメリットもあります。音声の利用に関しては「読み
上げ機能」も利用価値があります。自分で音読して訳文をチェックする
のもいいのですが、パソコンに読み上げさせれば、より客観的にチェッ
クできます。このコラムの「執筆」にも音声入力を併用しており、また
入力後はパソコンに読み上げさせてチェックしています。

この連載に関するご質問、ご意見、ご要望などがありましたら、
tran@nichigai.co.jp までお送りください。


【著者略歴】
山本ゆうじ
 フリーランス実務翻訳者。国際学校UWCイギリス校で二年間学び、
 筑波大学を経て、シカゴ大学人文学修士号を取得。
 日英仏語で、美学・比較文学・芸術学・文章技法などを学ぶ。

 transPC  【実務翻訳】	 http://purl.com/transpc/
 秋桜舎  【文芸談義/文芸翻訳】http://purl.com/cosmos/


[PR]==============================
日本最大級の人名事典「現代日本人名録」のCD-ROM最新版〈EPWING〉
2004年1月20日発売『CD-現代日本人名録2004』(記念特価\85,500+税)
 ★ ご予約特典として『CD-科学技術略語大辞典』(\19,800)
   または『CD-日本史人名よみかた辞典』(\12,000)のいずれか
   を申込者全員に無料プレゼント。ぜったいおトクです!
    ↓↓今すぐご予約ください!予約ページはこちら↓↓
   http://www.nichigai.co.jp/sales/jinmeiroku2004.html
==============================[PR]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 電子辞書SHOPからのご案内

◆CD-ROM「割引パック」謝恩セール開催のお知らせ
 日頃のご愛顧に感謝して、CD-ROM辞書の「割引パック」セールを開催
 中です。
 2004年2月29日(日)までの期間限定で、対象CD-ROMを複数本お買い求め
 の際、最大30%まで割引いたします。この機会をお見逃しなく。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/pack_order.html
 
◆TRADOS 6.5 Freelance 出荷はじめました!
 電子辞書SHOPでは引き続き〈15%Off〉で販売中です。

  一色「番頭さん、6.5になってどう変わったんですか?」
  番頭「トラドスのホームページをよう見なはれ」
  一色「よく見たつもりなんですが、フリーランス版についてはよく
     分からなくって」
  番頭「そんなはずは・・・ん?・・・ホンマや」

 ※ 現在トラドスさんに色々と質問中です。
 6.5 の簡単な概要ページを作りましたので、ひとまずご容赦ください。
  http://www.nichigai.co.jp/translator/trados/trados65_free.html
  
◆コウビルド英英辞典 改訂第4版 CD-ROM リソースパック版 発売
 お待たせしました!長らく品切状態が続いていた大人気のコウビルド
 の新版『コウビルド英英辞典 改訂第4版 CD-ROM リソースパック版』
 の取り扱いを始めました。Win & Mac 両対応です。
 標準価格\5,700円 → 特価\5,130(税別)
  http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-cobuild.html
 
◆当SHOP一押しの業務用翻訳ソフト「Transer シリーズ」の新作
 専門分野の翻訳実務に応える新商品です。Mac(OS X)ユーザーの方
 には朗報!? 各10%Offです。 
【特許】PAT-Transer V6 for Windows \178,200
【医薬】MED-Transer Professional V2 for OS X \133,200
【一般】Mac-Transer for OS X \88,200
 http://www.nichigai.co.jp/translator/software/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
☆「読んで得する翻訳情報マガジン」(ペーパー版)進呈
『〈超人〉井口耕二氏に聞く辞書活用術』&『DDwinで辞書検索』を
印刷しました。引き続き、ご希望の方には無料でお送り致します。
お名前、郵便番号、住所を明記の上、tran@nichigai.co.jp 宛に
「ペーパー版希望」とお申付け下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――
☆CD-ROM〈EPWING〉辞書体験サービス実施中
日外アソシエーツでは、ViewIng、DDwin などを使いCD-ROM〈EPWING〉
辞書を実際にお使いいただく辞書体験サービスを随時行っています。
東京・大森まで足をお運びいただくことが条件となりますが、ご希望が
ございましたら、tran@nichigai.co.jp まで「辞書体験希望」とご連絡
ください。

DDwinで辞書検索
 ⇒http://www.nichigai.co.jp/translator/ddwin/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!     不思議〜wonder

African English では、事の良し悪しにかかわらず、驚くべき出来事
にはすべて "Wonderful!" と答えるそうです。たとえば、こんな会話
が成立するわけです。

  A) She died yesterday morning.
  B) Wonderful!

「wonderful=素晴らしい」という positive な語感に慣れ親しんだ身
には奇異に感じられますが、「wonder」は第一義的には「驚き」「驚嘆」
を意味するので、まあ、こんな用法もあり得るのでしょう。


もう一つ、英語の「wonder」の対訳語としてよく当てられる日本語に
「不思議」がありますね。語源的にはしっくりくるのですが、ずっと
気になっていることがあります。それは「不思議」よりも「wonder」
の語義の方が本来、幅広いのではないか、ということです。

まずは OED on CD-ROM で「wonder」を引いてみましょう。

【wonder, n.】
I. Something that causes astonishment.
1. a. A marvellous object; a marvel, prodigy.

 the seven wonders of the world (= L. septem mira, miracula,
 or spectacula), the seven monuments regarded as the most
 remarkable structures of ancient times;

b. Marvellous character or quality; wonderfulness; marvels
 collectively.

やはり「驚き(astonishment)」を引き起こさせる何か、というのが
「wonder」の原義です。最初に「世界の七不思議」という有名なフレ
ーズが出ていますね。世の中にはいろいろな七不思議が存在するよう
ですが、元々は紀元前2世紀のギリシア人技師フィロンが書いた、次の
7つを指すようです(語源的には「驚異」というよりも、ラテン語の
「眺めるべきもの」から来ているみたいですが・・・)。

 1) バビロンの空中庭園
 2) メンフィスの3大ピラミッド
 3) オリンピアの巨大ゼウス像
 4) ロードス島の青銅巨人像
 5) バビロンの城壁
 6) エフェソスのアルテミス神殿
 7) ハリカルナッソスの霊廟


七不思議という言葉は、日本においても「本所の七不思議」などの怪奇
話で昔から使われていました。明治期に海外から「the seven wonders
of the world」が伝わった時、その訳語として当てられ、現在に至った
ようです。


さて、OED の「wonder」の説明はさらにこう続きます。

c. (transf. from 7.) The object of astonishment (usually
 implying profound admiration) for a particular country,
 people, age, or the like.

 world's wonder: the Marvel of Peru. wonder of the world,
 the ginseng, Panax Shinseng (Treas. Bot. 1866).

 1591 Shakes. 1 Hen. VI, iv. vii. 48 Hack their bones assunder,
 Whose life was Englands glory, Gallia's wonder.

ここに「usually implying profound admiration」という positive な
語義が明示されています。初出例は、1591年のシェークスピア『ヘンリ
ー6世』となっています。かなり古くからのニュアンスだということが
わかりますね。


一方、『広辞苑 第五版』で調べたところ、「不思議」の項の説明は、
次の通りでした。ここでは「wonder」にあるような positive な語感は
見られず、どちらかというと negative な語感が目立ちます。

【不思議】
 (不可思議の略)
 (1)よく考えても原因・理由がわからない、また、解釈がつかない
   こと。いぶかしいこと。あやしいこと。奇怪。方丈記「世の―
   をみること、ややたびたびになりぬ。」「―な話」「自然界の
   ―をさぐる」
 (2)(「―を立つ」「―を打つ」の形で)あやしく思う。不審の念を
   持つ。西鶴諸国ばなし「―を立るもことわりなり」

【不可思議】
 (1)思いはかることもできず、言語でも表現できないこと。考えて
  も奥底を知り得ないこと。「―な現象」
 (2)怪しいこと。異様なこと。ふしぎ。


ところで、「不思議」という言葉ですぐに思い浮かぶのが、『不思議の
国のアリス(Alice's Adventures in Wonderland)』(1866)です。ご存じ
の通り、妙ちきりんでシュールな内容の物語ですので、この場合の「不
思議」の使い方は(本来の意味合いにおいて)正当だと思われます。

ちなみに『・・・アリス』の本邦初の全訳タイトルは『愛ちゃんの夢
物語』(1910年 丸山英観訳)だったとか。大胆不敵な意訳ですね。

その後、「wonderland」という言葉は一人歩きして、段々と柔らかい
positive なニュアンスへと転化していったのでしょうか。Merriam
Webster's Unabridged Dictionary には次のように記されています。

wonderland
 1 : a fairylike imaginary realm
 2 : a place (as one containing extraordinary natural features)
 that excites admiration or wonder 


そして、いま「不思議」という日本語にも positive な語感が存在する
ような気がするのです。それは明治期、「wonder」という英語に「不思
議」という訳語を当てはめた時から、「wonder」の持つ positive なニ
ュアンスがそのまま移入してきたのではないでしょうか。

う〜む。「不思議」と「wonder」の歴史的な関係・・・気になります。
脚本家の三谷幸喜さんに尋ねたら「じゃあ、ずっと気にしててください」
と言われるのでしょうか…やっぱり。〈from ネスカフェGブレンドCM〉


                             (竹)


----------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料−別途会員登録が必要です
  → http://dictionary.oed.com/index.html

【Webster's Third New International Unabridged Dictionary on
 CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/webster.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.38 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2003 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る