┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 「建築・土木」「化学・農学」新発売特価セール開始  ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃ こだわりの品揃え、親切な対応をモットーにしています ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

配信登録・停止の手続きは、下記↓のフォームでお願いします。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

または tran@nichigai.co.jp 宛に「配信希望」「配信希望せず」と
ご連絡くださっても結構です。


★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらです。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html


━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 翻訳読書ノート 5                北田 敬子
■ 「英和翻訳の原理・技法」レビュー(その5)
■ 電子辞書マスターへの道(第1話)
■ O.E.D.を引こう! 〈OEDの検索 その1 引用文検索〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 翻訳読書ノート 5                北田 敬子

「ダロウェイ夫人再び」

映画『めぐりあう時間たち』は満席だった。最前列右端の席からは、女優
たちの顔がどれも歪んで見えた。それでも全編に漲る清新な緊張感とアン
ニュイを湛えた悲愴感は十分に伝わり、劇場を出る時私はオリジナルサウ
ンドトラックCDと、マイケル・カニンガム著”The Hours”の翻訳版『めぐ
りあう時間たち/三人のダロウェイ夫人』(高橋和久訳 集英社)を買い
求めていた。カニンガムはバージニア・ウルフの原作を、異なる時代を生
きる三人の女たちの「時間」へと解体・統合して見せ、1960年生まれのス
ティーヴン・ダルドリー監督がそれを映像化した。1998年夏に岩波ホール
でヴァネッサ・レドグレーヴ主演の映画『ダロウェイ夫人』が上演された
時にも連日の満員御礼だったのを思い出す。この二つの映画の盛況ぶりは
示唆的だ。

ウルフの意識の流れを追うのはたやすいことではない。錯綜するイメージ
の連鎖と入れ変わり続ける時間軸、ある人物の意識が突然別の人物の意識
へと飛ぶ際の不連続。きわめて重層的なテクスト。「瞬間の意味」が問わ
れ続ける。ところが映画に描かれる心象風景は、現代の女性たちが抱える
焦燥・孤独・矜持などと見事なまでに直接クロスする。映画は言語テクス
トの一つの「解釈」であり、「翻訳」でもあると思わずにいられない。そ
れは多分に「単純化」でもあるのだが、さらなる凝縮も加わると観客の
「原作」への興味を掻き立てる。もう若くはない女性たちの極めて今日的
な心理状態と、1920年代にウルフが描いたダロウェイ夫人の近しさはどう
だろう。あらためて『ダロウェイ夫人』(丹治愛訳 集英社)を読むとそ
れが実感できる。直ぐに原典へと誘う端正な日本語版を持つわれわれは幸
運だ。ただ劇場で求めたパンフレットの「日本語版字幕 松浦美奈」という
文字があまりに小さいのは残念だった。ことばの仲立ちをする人の存在意
義は計り知れないというのに。


【著者略歴】
北田敬子(きただ・けいこ)
 東洋学園大学・現代経営学部教授
 東京女子大学英文科卒業後、東京都立大学修士課程英文学専攻修了。
 バージニア大学教育学部にて在外研究。
 専門は英語文学、言語とコミュニケーション
 ホームページURL http://www.kitada.com/keiko/

=============================================================
★英文テクニカルライティングにも最適
「CD-ビジネス技術 実用英語大辞典 英和・和英 第4版」
  価格 \11,000(税別)→ 特価 \9,900(税別)
  http://www.nichigai.co.jp/translator/unno4_2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ TranRadar電子辞書SHOP からのお知らせ

営業マンの青木です。

しょっちゅう「発売記念セール」をやっています。
といいますのは昨年から今年にかけ、「CD-ビジネス技術 実用英語大辞典」
をはじめ「専門用語対訳集シリーズ」「180万語対訳大辞典」など新商品
の刊行ラッシュが続いているからであります。

で、今回も新発売記念の特価セール【15%Off】でございます。2003年9月
末日までの期間限定セールですので、お早めに。

☆「CD-専門用語対訳集 建築・土木10万語 英和・和英」8月末発売
  価格 \12,800(税別)→ 発売記念特価 \10,880(税別)
 http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-kenchiku10_2.html
 
☆「CD-専門用語対訳集 化学・農学11万語 英和・和英」9月末発売
  価格 \12,800(税別)→ 発売記念特価 \10,880(税別)
 http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-kagaku11_2.html

専門用語対訳集シリーズもこの2点で完結です。その他のラインナップ
はこちらをご覧ください。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/taiyaku-series.html


【DMを受け取られていたお客様へ】
これまでDMで新刊発売記念セールのご案内をしてきましたが、今回は
専用申込書(PDF23KB)をWEB上にご用意しました。お手数ですが、適宜
ダウンロードして必要事項をご記入の上、お申込みください。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/pdf/dm_order_form.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「英和翻訳の原理・技法」 レビュー(その4)

◆興味が尽きぬ―著者の翻訳への熱い信念
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             宮田 裕様

著者の中村保男氏には、これまで数多くの翻訳指南書、文芸翻訳等幅広い
著作がありますが、なんといっても『英和翻訳表現辞典』で広くその名が
知られているのではないでしょうか。同書は、辞書形式をとりつつ、一般
の英和辞書にはない訳語を豊富な文例をもとに懇切かつ具体的に訳し方を
伝授したものでした。これに対して、本書『英和翻訳の原理・技法』は、
著者本人が言うように翻訳指南書の集大成として、様々な視点から系統的
な解説がなされているのが特徴であろうと思います。さらに本書には豊富
な英語翻訳の経験に裏打ちされた、翻訳という作業に対する著者の熱い信
念、持論が随所に展開され、興味が尽きませんでした。一学習者にすぎぬ
私の口から言うのはおこがましいのですが、これからプロの翻訳家を目指
す人ばかりでなく、英語に携わる人、あるいは英語に興味のある人に広く
お勧めできる一冊です。


◆基本に立ち返らせてくれるような指摘の数々
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            小畑 史哉様

実際の翻訳作業に役立つと思われる技法がコンパクトにまとめられており、
また英和翻訳に対する基本的な心がけについても触れられています。特に
翻訳作業における「いわゆる直訳→中間訳→こなれた決定訳」という著者
の主張は、将来翻訳を仕事としたい初学者にも受け入れやすい考えではな
いでしょうか。翻訳という仕事についてはセンスの有無が言及されること
がままありますが、その前にやるべきことは多くあるということを行間か
ら読みとることができます。細かなテクニカルな部分は別として、翻訳学
習においては『一定期間の集中学習を実行することが何よりも確実な道で
ある』という著者の主張は大いにうなずけます。

取りあげられている例文は文芸分野のものですが、産業翻訳者にとっても
得るところはあると思います。本書は通読するというよりは、手元におい
て折りをみてつまみ読むという使い方が適しているかもしれません。特に
日々の仕事に追われているような翻訳者にとっては、ときに基本に立ち返
らせてくれるような指摘の数々は有用だと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
皆様から頂きましたレビューは、以下↓のサイトで紹介させて頂いて
おります。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/book/sun-flare2.html

次回も続けて読者レビューをご紹介いたします。どうぞお楽しみに。
================================================================
★好評発売中
「英和翻訳の原理・技法」 中村保男〔著〕
 本体価 \3,800+税 2003.3刊/A5・280p ISBN4-8169-1767-5
 http://www.nichigai.co.jp/translator/book/sun-flare.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■電子辞書マスターへの道 (第1話)

弊社では多数のEPWING版CD-ROM辞書を出版しております。おかげさまで
「辞書ファン」をはじめとする多くの皆様にご愛用いただき、辞書制作
に携わるスタッフ一同、うほっほうほっほと小躍りしながら喜んでおり
ます。

各商品には取扱説明書を添付しており、その中で基本的な使用方法につ
いて解説してはおりますが、紙数の問題もあり、言いたいことの半分も
説明できていないのが現状です。この事態、制作スタッフとしては非常
に歯がゆいのでございます。涙で枕をぬらす毎日でございます。

残念ながら取扱説明書を読んでも「EPWINGとは何ぞや?」という基本的
なことすら知ることができません。また、商品に同梱しているEPWING
対応検索ソフト「ViewIng」以外にも便利な検索ソフトがあるのですが、
そのご紹介も掲載していません。

「EPWINGについてもっと知ってほしい」「便利な検索ソフトを紹介した
い」「CD-ROM辞書を使いこなしてほしい」....そんな願いを込めて、制
作スタッフがこんなWEBページを作成しました。

「DDwinで辞書検索」
  http://www.nichigai.co.jp/translator/ddwin/index.html

このページには「EPWINGって何よ」という基本的な話から、EPWING対応
検索ソフト(フリーウェア)「DDwin」の詳しい使い方まで、電子辞書検
索を極めるためのお得な情報がきゅっとぎゅっと凝縮されています。


*「DDwin」はフリーソフトであり、弊社のEPWINGタイトルすべてが問題
 なく動作するとは限りません。残念ながら、弊社では「DDwin」の動作
 保証はいたしかねますので、予めご了承ください。

*また、「DDwin」の使用方法などについても、弊社ではサポートいたし
 かねます。恐れ入りますが、ご不明の点は「DDwin」に付属のヘルプ
 ファイルを参照していただくか、作者のホームページをご覧ください。


                            (☆野)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ O.E.D.を引こう!   〈OEDの検索 その1 引用文検索〉

英語学史上、燦然と輝くOEDは、完璧な歴史主義に貫かれています。
すなわち、言葉の用法を初出例から洗い出して、その変遷を時系列で
記述しているのです。通常の学習辞典とは成り立ちが異なり、やや
とっつきにくい印象がありますが、英語に興味のある方にとっては堪
えられない情報源です。

かつては20万円以上し、高嶺の花だった大著も、CD-ROM版で6万円を
切っています。しかも紙媒体では到底望めない検索の利便性を備えて
おり、これを使わない手はありません。

OED on CD-ROM (2nd edition, version 3.0) は2枚組です。1枚
目はインストールディスク、2枚目がデータディスクです。膨大な
データのため、フルインストールにはハードディスクに1.7GBの空き
が必要です。一旦インストールすると CD-ROM は不要になりますが、
3ヶ月に一度の割合で、正規ユーザー認証のためにデータディスクの
挿入を要求されます。今回は、このOEDの検索にスポットを当てて
みましょう。


OED on CD-ROM V3.0 には、大きく2つの引き方―単語検索「FIND
WORD」とテキスト検索「SIMPLE SEARCH / ADVANCED SEARCH」があり
ます。

単語検索は、見出し語を入力してその単語の説明を呼び出す一般的な
ものです。一方、テキスト検索では、検索語を入れると、OED の全文、
つまり語源、語義、用例の全文(20巻分+補遺)からその語句が出て
いる箇所をくまなく拾い上げることができます。このテキスト検索は
強力で、たとえば「a」や「the」などの冠詞までも検索の対象となり
ます(尤も、検索結果の表示は10万件までに制限されますが・・・)。

テキスト検索「SIMPLE SEARCH」は、デフォルトでは「full text」検索
になっていますが、以下の通り、リストボックスから検索フィールドを
指定することができます。

0)full text     全文検索
1)earliest date   初出の年代から検索
2)definitions    語義から検索
3)etymologies    語源から検索
4)languages names  言語名から検索(語源フィールド内)
5)quotations     用例全体から検索
6)quotation date   用例の年代から検索
7)quotation author  用例の著者名から検索
8)quotation work   用例の作品名から検索
9)quotation text   用例文から検索


さらに「ADVANCED SEARCH」では、ブール演算子(AND、OR、NEAR、NOT)
を使った複合検索ができます。ブール演算子とは、検索する複数の語句
間の論理関係を指定するコードで、以下のものがあります。

・AND  両方の検索語を含むものを検索
・OR   いずれか一方の検索語または両方の検索語を含むものを検索
・NEAR  エントリー内の同一フィールド中に出現する両方の検索語を
     含むものを検索
・NOT  一方の検索語を含むが、他方の検索語は含まないものを検索


OEDは文学作品からの引用が多いため、ブール演算子を用いれば、
ある特定の作家や作品の引用文のみまとめて探し出すことができます。
シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』からの引用文で rose を
含むものを抜き出してみましょう。

1)まず「ADVANCED SEARCH」ボタンをクリックして検索語入力画面を
  呼び出します。

2)次に「QUOTATIONS」ボタンをクリックして選択(赤色状態)します。

3)以下のように検索語を入力、AND 条件を指定して「START SEARCH」
  ボタンをクリックします。

  [rose]IN[quotation text]
  [AND]
  [Rom.&Jul.]IN[quotation work]

【rose の検索画面例】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/oed/search_oed1.html

検索結果として「rosemary」「sweet」「will」の3つのエントリーが
ヒットしました。その中の「sweet」をクリックすると、以下の引用文
が現れます。

 1592 Shakes. Rom. & Jul. ii. ii. 44 (Qo. 1) 
 Whats in a name? That which we call a Rose, By any other name
 would smell as sweet.

シェイクスピア戯曲の代表作の1つである『ロミオとジュリエット』
第二幕第二場のバルコニーにおけるジュリエットのセリフです。

「おお、ロミオ、ロミオ!どうしてあなたはロミオなの?」に始まり、
「名前ってなに?バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても美しい
 香りはそのまま。」という有名な下りですね。


また、OEDでは同じフィールドにおいて3単語までの複合検索が
できます。この時、単語間の距離と前後関係を指定することもでき
ます。

やはりシェイクスピアの『ハムレット』からの引用文で to と be を
含むものを抜き出してみましょう。先程と同じ様に検索語を入力し、
今度はNEAR条件を指定して「START SEARCH」ボタンをクリックします。

  [to]IN[quotation text]
  [NEAR]
  [be]IN[quotation text]
  [AND]
  [Ham.]IN[quotation work]

検索結果として25件のエントリーがヒット。その中の「be」をクリック
すると以下の有名な一文が現れます。「生きるべきか死ぬべきか・・・」
というお馴染みのアレですね。

 1602 Shakes. Ham. iii. i. 55
 To be, or not to be, that is the Question. 

本文の記述が長いと、検索語がどこにあるのか探すのが大変そうに
思われますが、ご心配なく。ヒットした部分については、本文中に
赤色で強調表示されるのですぐに見つけられます。この辺りの細や
かな配慮の行き届いた仕様が、OEDの使い勝手をよくしています。
数あるCD-ROM辞書の中でも大変完成度の高いものと言えるでしょう。


OEDでは、辞書の規模や歴史的経緯から、同じものを示すのに様々
な表現や省略形が存在します。引用作品名も例外ではなく、ユニーク
な省略形を用いています。あらかじめそれらを把握していないと満足
できる検索結果を得ることは困難でしょう。この辺りは、CD-ROM の
オンラインヘルプに詳しいのですが、ひとまずシェイクスピア作品に
ついて、abbreviation をご紹介しておきます。検索の際のご参考に。

 All's Well	All's Well that Ends Well
 Ant.&Cl.	Antony and Cleopatra
 A.Y.L.	As You Like It
 Com.Err.	Comedy of Errors
 Cor.		Coriolanus
 Coriol.	Coriolanus
 Cymb.		Cymbeline
 Ham.		Hamlet
 Haml.		Hamlet
 1Hen.IV	1 Henry IV
 2Hen.IV	2 Henry IV
 Hen.V		Henry V
 1Hen.VI	1 Henry VI
 2Hen.VI	2 Henry VI
 3Hen.VI	3 Henry VI
 Hen.VIII	Henry VIII
 John		King John
 Jul.C.	Julius Caesar
 Lear		King Lear
 L.L.L.	Love's Labour's Lost
 Macb.		Macbeth
 Meas.for M.	Measure for Measure
 Merch.V.	Merchant of Venice
 Mids.N.	A Midsummer Night's Dream
 Mids.N.D.	A Midsummer Night's Dream
 Much Ado	Much Ado about Nothing
 Oth.		Othelo
 Per.		Pericles
 Rich.II	Richard II
 Rich.III	Richard III
 Rom.&Jul.	Romeo and Juliet
 Tam.Shr.	Taming of the Shrew
 Temp.		Tempest
 Timon		Timon of Athens
 Tit.A.	Titus Andronicus
 Tr.&Cr.	Troilus and Cressida
 Twel.N.	Twelfth Night
 Two Gent.	Two Gentlemen of Verona
 Wint.T.	Winter's Tale


                            (竹)

--------------------------------------------------------------
【Oxford English Dictionary 2/e on CD-ROM Ver. 3.0 のガイド】
  → http://www.nichigai.co.jp/translator/oed_v3.html

【Oxford English Dictionary Online】※有料です
  → http://dictionary.oed.com/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.32 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2003 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る