┏┌┌┌
   ┏┏┌┌  読んで得する翻訳情報マガジン
   ┏┏┏┌〜トランレーダー・ドット・ネット〜
   ┏┏┏┏

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃  CD-180万語対訳大辞典 発売記念15%Off⇒6月末迄  ┃
 ┃―――――――――――――――――――――――――――┃
 ┃ * 翻訳・語学のためのオンラインCD-ROM辞書専門店 *  ┃
 ┃   ★ http://www.nichigai.co.jp/translator/ ★   ┃
 ┃ こだわりの品揃え、親切な対応をモットーにしています ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

〈お知らせ〉
毎度アクセス、有り難うございます。ネットSHOPなのにまだ Shopping
Cart System も整わず、不便極まりない「電子辞書SHOP」ですが、一歩
前進です。当メールマガジンの配信登録フォームの準備ができました。
配信停止やアドレス変更の手続きも、同フォームから可能です。

【読んで得する翻訳情報マガジン配信登録/退会フォーム】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html

モチロン従来通り、tran@nichigai.co.jp 宛に配信希望せず、とご連絡
いただいても結構です(一言、添えていただけると嬉しいです)。

★友人・知人、親戚・縁者に配信希望の方がいらっしゃる場合、
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/request_form2.html
を教えてあげてください。

なお、バックナンバーはこちらです。
 →http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html

━━━━━━━   コンテンツ・メニュー   ━━━━━━━━━
■ 「英和翻訳の原理・技法」 レビュー(その2)
■ 翻訳読書ノート4    「翻訳畑の大収穫」
                           北田 敬子
■ 電子辞書SHOPからのお知らせ 【新刊発売記念セールなどなど】
■「やっぱりECでしょう! ― 素人店長のモール出店記」(その1)
                           高田 祐樹
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「英和翻訳の原理・技法」 レビュー(その2)

◆翻訳に向かう姿勢を見直すきっかけに
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           落合 俊之

中村保男氏が書いた本では、以前から「英和翻訳表現辞典」「続・英和
翻訳表現辞典」を使用しており、今でも時々お世話になっている。本書
でも品詞や態の転換などについて具体的な解説があるが、本書の眼目は
そういった具体的な指摘よりも、「全体感覚」や「不即不離」などと
いった言葉にあると思う。

しかし実を言うと、私が最も印象に残った部分は、「基本は単語力」と
いう下りだった。著者は、翻訳の第一歩である原文解読の中でも、構文
解析よりまずは単語力、と説く。翻って自分はどうか。今や常用する
辞書のほとんどはパソコンに格納し、わからない単語があれば複数の
辞書を同時に簡単に検索できる。勢い、単語力を軽視しがちで、調べた
単語の意味や綴りも記憶に残らないようになっていることに気が付いた。
もう、基本中の基本がおろそかになっていたのである。

「英和翻訳の原理・技法」という題がついた本で一番印象に残ったのが
結局は単語力の強化とは我ながら情けなく、また著者や本書をプレゼン
トしてくれた出版社にもさぞがっかりされそう(怒られそう?)だが、
最近、仕事の忙しさを言い訳に怠りがちであった勉強への意欲を掻き
立ててくれ、さらには翻訳に向かう姿勢をも見直すきっかけを与えて
くれたことに感謝したい。


◆どこをとっても思い当たる節だらけ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          占部 やよい

まず、何よりも読んで面白いというのが感想です。本書の例文に適切な
訳をつける過程が、どのように考えていけばよいのか具体的に示されて
いてとてもわかりやすく、特に補充訳のところが参考になりました。

どこをとっても思い当たる節だらけで自らの試行錯誤と重なります。
中村先生の洗練された文書に追いつくのは無理でも、素直に丁寧に訳
していきさえすれば、誤訳は避けられるのだと、勇気付けられた気が
します。


◆何年かしてあらためて手にしてみたい本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           廣江 昭彦

翻訳に興味を持ち始めたばかりの私が、翻訳の技法について書かれた本
を手にするのはこれが初めてだった。従って、他の類似の本との比較の
上で本書の感想を書くことが出来ないことを先ずはお許し願いたい。

翻訳の技法などと書かれた本は、どうせ英文法の本に毛が生えた程度の
物だろうという先入観しか無かった私は、帰りの通勤電車の中でこの本
を開いた。

序文に福田恒存氏の名前を見つける。懐かしい名前だ。昔日本語の乱れ
を大変嘆かれていた人の一人だ。和語と言う言葉を見つける。福田氏も
大和言葉の好きな人であった。

"翻訳とは何か"に始まって、第一部英和翻訳技法。"総論"、"省略の秘訣"、
"補充訳"と読み進んだ私は次の章を見て驚いた。"頭から訳す技法"とある。
曰く"英米の読者でも、この英文を頭から読み下していくのだから、結局
は尻上がり式の順序で読むことになる"、曰く"、、、この場合も文脈で
あり、平衡感覚である"と。なるほど。

これに続くのが"構文を変える"、"態の転換"、"品詞転換"である。文法
書に毛が生えた本という私の先入観は完全に何処かへ消えていた。

ひどく感心している私を尻目に洒落や比喩の翻訳迄出てくる。

私にとって耳が痛かったのは、"国語力と英語力"と題された一章だった。
この章はほんの数頁とはいえ、殆ど英語が出てこない。翻訳を志す人間
は日本語を大事にしなくてはいけないこと、そしてそれが今如何に軽視
されているかについて書かれている。私は、文芸翻訳などと言う柄では
ないが、分野を問わず翻訳と言う仕事は言葉を相手にした商売なのだと
言うことを改めて思い出させてくれた。

この本を通じて私が感じたのは、書評にも有るが、筆者の言葉特に日本
語に対するこだわりであり愛情だった。

もし、私が無事翻訳の道に足を踏み出すことが出来たなら、何年かして
あらためてこの本を手にしてみたい、そう思った。その時にはきっと又
違った顔を見せてくれる、そんな本だと思った。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
皆様から頂きましたレビューは、以下↓のサイトで紹介させて頂いて
おります。
 http://www.nichigai.co.jp/translator/book/sun-flare2.html

次回も続けて読者レビューをご紹介いたします。どうぞお楽しみに。
================================================================
★好評発売中
「英和翻訳の原理・技法」 中村保男〔著〕
 本体価 3,800円+税 2003.3刊/A5・280p 4-8169-1767-5
 http://www.nichigai.co.jp/translator/book/sun-flare.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■翻訳読書ノート4

                          北田 敬子

「翻訳畑の大収穫」

J.D.サリンジャー著、村上春樹訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
(白水社)出版から一月あまりたった。野崎孝訳『ライ麦畑でつかま
えて』を読んだ世代は、新訳に手を伸ばさずにいられない。ところで
若い読者はサリンジャーが読みたくて新訳を開くのだろうか、それと
も翻訳者に惹かれて本を手にするのだろうか。インターネット検索し
てみると、ズバリ、旧訳と新訳の違いを比較しながら作品解読をして
いる大学の授業がある。書評も花盛りだ。村上春樹の長い作品リスト
に加わったこの訳業について、世代を縦断した話題沸騰中と言っても
過言ではあるまい。

村上春樹は現在、世界で最もよく読まれている日本人作家だろう。彼
は広く世界を旅し、文学と音楽を自在に行き来し、インターネットを
通じて読者と直接語り合い、おまけに翻訳作品が多い--自ら訳し、他
者が彼を訳す--という点でも際だっている。他のどの日本人現役作家
より、一貫して翻訳にエネルギーを注いでいることは見逃せない。
「曖昧な日本語」から遠いスタイルには賛否両論あるけれど、この度
の新訳が多くの新しい読者を獲得しているのは事実だ。作品には作り
物でない日本語が溢れている。

おそらく読者の多くは再び村上自身の作品へ向かうだろう。彼の物語
世界の場面展開にも似て、いつしか「ホールデン・コールドフィール
ド」は(たとえば)「田村カフカ」へと姿を変え、アメリカの街は日
本の都市にすり替わる。レコードがCD/MDに置き換わり、公衆電話が
携帯に道を譲ったとしても、自分をもてあます若者自体は変わらない。
村上のソフトな語り口は時と所を軽々と越える。アメリカ英語の世界
から日本語の世界への転換は、野崎の時代にはこんなにもあっさりと
してはいなかった。差違が魅力だったかもしれない。しかし、言語・
文化の違いを大仰に意識させない書き手、村上春樹を育てたのは『ラ
イ麦畑でつかまえて』だったのではないだろうか。


【著者略歴】
北田敬子(きただ・けいこ)
東洋学園大学・現代経営学部教授
東京女子大学英文科卒業後、東京都立大学修士課程英文学専攻修了。
バージニア大学教育学部にて在外研究。
専門は英語文学、言語とコミュニケーション
ホームページURL http://www.kitada.com/keiko/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ TranRadar電子辞書SHOP からのお知らせ

◆《日外》新刊発売記念セールのご案内
 2003年6月24日頃デリバリー開始予定
 「CD-専門用語対訳集 バイオ・メディカル 22万語 英和・和英」
  特価 \16,320【15%Off】6月末日までです!

 2003年5月21発売
 「180万語対訳大辞典―科学・医学・工学・農学・化学・ビジネス」
  特価 \83,300【15%Off】6月末日までです!
  自然科学系専門用語を集大成したマルチユース辞書の決定版!
  http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-180man_2.html

 2003年4月発売
 「CD-専門用語対訳集 ビジネス・法律16万語」
  特価 \10,200【15%Off】6月末日までです!
  膨大な専門用語を収録した英和・和英対訳用語集シリーズ第3弾
  http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-bzlaw16_2.html

 *上記2タイトル(15%Off)はすでにデリバリーを開始しております。

 2003年3月発売
 「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語」
  特価 \8,820【10%Off】
  膨大な専門用語を収録した英和・和英対訳用語集シリーズ第2弾
  http://www.nichigai.co.jp/translator/cd-kikai17_2.html

〈番頭よりお知らせ〉

今年もまた私どものお店に新しい奉公人がやってきました。
若い割に気苦労の多そうな容姿なので、早速、番頭より「苦労人・小森」
と命名されました。

さて、この度その苦労人・小森によって日外 CD-ROM 紹介ページが
リニューアルとあいなりました。

従来より商品の機能説明が充実しています。どうぞご覧ください。

また「まだまだ不十分ぢゃ」などお気付きの点がございましたら、
苦労人・小森宛にご連絡ください。
メールアドレスは tran@nichigai.co.jp です。

【専門用語対訳集シリーズ総合TOP】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/taiyaku-series.html

【CD-科学技術略語大辞典】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/ryakugo2.html

【CD-ビジネス技術 実用英語大辞典 第4版】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/unno4_2.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「やっぱりECでしょう! ― 素人店長のモール出店記」(その1)

                            高田祐樹

タイトル「1億総EC時代? ― 素人店長のモール出店記」

知人に頼まれて、ネット通販ショップの店舗運営に協力することになった。
物品販売とは無縁の一生を送るはずだった筆者が、にわか店長として客
商売をすることになったのだから、無謀このうえない。

◆ノウハウなしで独自サイトを立ち上げても

最初は、独自に通販サイトを立ち上げてみた。だが、YAHOO をはじめと
する有名検索エンジンに登録されたにもかかわらず、来店者数は連日一
桁台と肝心の集客がさっばり。当たり前のことだが、いまどきサイトを
作れば客が殺到するなんてことは、ありはしない。そこで、集客力と運営
ノウハウを期待して、ショッピングモールに出店することにした。

モールへの出店には、月々のテナント料(2千円〜8万円)と売り上げに
応じた成約手数料(2〜8%)が必要になる。実店舗を実在のシッピング
モールに出す費用を思えば、安いもの。仮に採算が合わないと結論が
でた場合でも、撤退は容易である。

大手のモールに契約すると、有料のセミナーや講習会で、店舗運営の
ノウハウを習得できる。また、コンサルタントとかアドバイザーなる
肩書きの担当者がついて、様々な助言をしてもらえる。このあたりが、
モール出店の大きなメリットだろう。

▽有名ショッピングモール
 楽天市場
   http://www.rakuten.co.jp/
 クラブ・ビッダース
   http://www.bidders.co.jp/
 キュリオ・シティ
   http://www.curio-city.com/

◆ページよりもメールです!

大手のモールに出店したとしても、商品を並べたページをただ公開して
いるだけでは、自店舗への集客はほとんど期待できない。オープン直後
から、懸賞などのイベントをしかけて、見込み客のメールアドレスを
収集してゆく。マニュアルどおりに懸賞企画を運営すると、わずか3週間
で1000件を超えるアドレスが難なく集められる。3ヶ月ほど懸賞企画を
続ければ、あっという間に3000件くらいにはなる。

懸賞マニアや懸賞生活者(?)のような人もいるというし、懸賞で集めた
アドレスは、見込み客のリストとしては質が低いと一般に思われがちで
ある。だが、商材に関心がなくてメルマガが不要な人はさっさと配信解除
の手続きをするし、不達のアドレスは自動的に削除されるので、運用を
続けるほど見込み客リストとしての質が高くなっていく。現在のネット
通販では、リストとして意味を持つのは5000件以上からだというが、
成功している店舗は例外なく数万件単位のリストを保有している。

もちろん、リストのメルアドはすべて持ち主から配信の承諾を得たもの
である。怪しげな業者からリストを入手して未承認広告を送りつけよう
ものなら、たちまちクレームが店舗ばかりでなく、モール側にまで殺到
する。きびしいところでは、モール全体のイメージを傷つけたとして、
処分を受けることすらあるらしい。

店舗運営にあたっては、メールに8、ページに2くらいの力配分が理想だ
といわれている。

◆月1回よりも月4回です!

メルマガのコンテンツにもよるが、配信回数は月に1、2回よりも4、5回
の方が売り上げが伸びるというデータがある。もちろん、回数が増える
と客に嫌がられるリスクも高くなるので、店舗側は配信解除をされない
ように、メルマガコンテンツの研究に余念がない。今のところ、ちょっと
馴れ馴れしさのあるタメ口調の文体が好ましいとされているようだ。筆者
などは抵抗があるのだが、通販の主力でである若い女性ユーザーには友達
感覚がうけるのだという。

◆娯楽性で勝負です!

懸賞で見込み客を集めたら、今度は、オークションや共同購入などの
イベントに誘導していく。オークションや共同購入に対しては、在庫処分
あるいは安売りセールというイメージを持つ人も多いが、見込み客に顧客
になってもらうための、きわめて有効な手段である。オークションで
ターゲットの商品を落札できなかった
入札者には、割引券を配布するなどすれば、固定価格の通常販売にも手を
出してもらえる可能性が高い。共同購入も同じ。共同購入には、購入者の
数が増えれば増えるほど購入価格が下がっていくというおもしろさがある
上に、オークションと違って、ターゲットの商品を確実に入手できると
いう安心感がある。

こうやって、あの手この手で、客の購買意欲をあおっていき、最終的に
固定価格の通常販売に導く。

◆ハードじゃなくてハートです!

来店者の行動パターンを分析していくと色々なことがわかる。オープン
当初は、店舗サイトを訪れる来店者には、懸賞応募が縁となったメルマガ
購読者が一番多いが、モールの商品検索機能を使っていきなり特定の商品
ページにやってくる客もいる。だが、いずれの場合も購入を即決すること
はまれ。たいていは、店舗の会社概要ページや掲示板をチェックし、情報
を総合的に判断して、購入するかどうかを決める。

実店舗では客の動線を考慮した商品陳列が重視され研究されているが、
ネットショップも同じで、ページ間のリンクを工夫して回遊性をよくする
と、PV(ページビュー)が増えて、客単価が上がり、売り上げも伸びる。

店舗のサイトにやって来て目的の商品に一直線にたどり着き、直ちに買い
物かごに放り込むような即決型の客はあまりいない。たいていは、店舗の
サイト全体をなめ回すように見たあげく、迷って決められず、その日は
購入しないことが多い。後日、またやってきて、再度、目的の商品の関連
情報をすべて確認して納得してから、ようやく買い物かごに商品を入れる。
買い物かごに入れた後で考え直してやめる人もいるから、決済までの
ハードルは相当高い。実際に商品を手に取ってみられないネット通販には、
相当の不安がつきまとうようだ。

ネット通販に慣れたユーザーは、まず掲示板に適当な質問を投稿して、
店舗の対応(接客態度)の様子をみる。ていねいな接客が迅速に受けられ、
気持ちよく買い物ができることが重要なのだ。顧客は「ネットで楽しく
買い物をするというハッピーな体験」を買っている。

商品到着後に、感想を掲示板に投稿してくれる律儀な顧客も珍しくない。
実際に商品を買った客が好意的な評価を投稿してくれるのが、一番の販促
になる。

初期のECでは、商品を360回転させてみられるような、凝ったしかけの
ショッピングサイトが話題になり、とにかく目立っていた。だが、結局
そのようなハード志向のサイトはほとんど消えてしまったようだ。無機質
なしかけには購入意欲が湧かないらしい。よく店長の人柄を売れというが、
客に訴えかけるハートが大切なのだ。人気(ひとけ)の感じられない店舗
には客が集まってこない。


                          (次号につづく)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
読んで得する翻訳情報マガジン トランレーダー・ドット・ネット
No.30 に対するご意見ご要望はこちらまでお寄せください。
 tran@nichigai.co.jp ※ 提供 日外アソシエーツ株式会社
 http://www.nichigai.co.jp/
※ 発行人 森本浩介  ※ 編集スタッフ 青木竜馬/竹村雅彦
※ 編集協力・取材 加藤隆太郎 http://trans.kato.gr.jp/
【バックナンバー】
 http://www.nichigai.co.jp/translator/mail_mag/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読んで得する翻訳情報マガジン」に記事として掲載されたサイト
を利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、編集発行人は一
切の賠償責任を免れます。「読んで得する翻訳情報マガジン」に
掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報ください。
許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights (c) 2003 Nichigai Associates. All Rights Reserved.


「読んで得する翻訳情報マガジン」案内へ戻る